鈍想愚感

何にでも興味を持つ一介の市井人。40年間をサラリーマンとして過ごしてきた経験を元に身の回りの出来事を勝手気ままに切る

通り一遍に帰宅を促すのではなく、いまこそ被災者の心に寄り沿った施策が求められる

2017-04-12 | Weblog
 12日は東京・霞が関の東京地裁へ裁判の傍聴に出かけた。午前10時15分から626号法廷での福島県小高町(現南相馬市)の住民が東京電力に対して福島原発で蒙った損害賠償を請求する民事訴訟を傍聴した。先月17日に同じく福島県から群馬県に避難した45世帯が国と東京電力に対して損害賠償請求する裁判で前橋地裁の原道子裁判長が国と東電に対し、国がこの津波を予見できたのに東電に対策を求めなかったとして3853万円の賠償を命じた判決を下した以来のもので、さらに原告側の代理人に長島一茂の名誉棄損裁判を勝利に導いた弘中惇一郎弁護士が加わっているとあって注目の証人尋問であった。

 まず証人に立った南相馬市の仮設住宅に住む老人は弘中弁護士の尋問に答える形で母を原発被害で亡くした経緯を語り、奥さんの母親も新潟で亡くなったし、自身も持病の糖尿病に加えストレス、運動不足、栄養障害で身体が思うように動かない状態である、と訴えた。30年来、地元の少年野球の指導者を務めてきたふが、いまは肝心の子供たちがいなくなり、休部状態だ、という。長男家族は成田に2世帯が住める住宅をみんなで資金を持ち寄り、ローンを組んで立て、もはや小高に帰ってくる気持ちはない、と断言した。「子供たちの将来を考えれば、もうこの地区には住めない」という。

 続いて商人に立った福島原発の下請け作業をしていた男性は事故で仕事もなくなってしまった、という。父親は双葉町の特別養護老人ホームにいたが、消息不明となり、3週間経って消息がわかった。母親は3年前に悪性リンパ腫で亡くなったが、はんの1週間前に悪性リンパ腫であることが判明した、という。父親も半年前に肺炎をこじらせて亡くなってしまった。いずれも原発被害がなければ死ぬようなことはなかった、と思える、と強調していたのが印象的だった。

 さらに証人に立った60代の女性は日立化成の関連会社に勤めていたが、従業員がほとんど帰宅困難者となり、会社も自然消滅で失職した。いずれは夫とともに全国に販売できる米と野菜を作ることを夢としてきたが、いまでは風評被害で全くその夢を絶たれた、と述懐した。母親は震災後亡くなったが、以前に病んでいた十二指腸狭窄は快癒していたのに突如胆管癌になった、という。長男夫婦は茨城県に引っ越したが、2人の孫ともいじめにあってか、不登校状態となった。このこともあって、長男夫婦はもう小高に戻ってくることは決して考えようとしない、という。小高の家は地震、津波だけだったら修復できただろうが、放射能汚染で東電が屋根にかけてあった土嚢を外してブルーシートをかけたせいで、天井は崩れるわ、畳からキノコが生えてくるわ、柱はネズミが食うわでがたがたになってしまい、もう住めるような状態であんくなってしまった、と嘆いた。

 これで午前中の尋問は終わったが、今回の証人尋問で明らかとなったのは被災者のお孫さんが暮らしている各地でいじめにあっていて、それが2度と被災地には戻らないという気持ちにさせていることだ。いくら政府が被災者に帰宅を促しても被災者は孫や子供の将来を考えるととてもそんな気持ちになれない、という現実が改めて実感された。政府も通り一遍の帰宅を促す政策を取るのではなく、真に被災者の心に寄り添った施策を講じることが求められよう。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実力派弁護士のもとではマスコミは当分名誉棄損裁判では勝てないことがよくわかった

2015-01-28 | Weblog
 28日は東京・霞が関の東京地裁へ裁判の傍聴に出かけた。午前10時半から415号法廷で長嶋一茂氏が新潮社に対し、2年前に週刊新潮誌が掲載した記事「長嶋茂雄の国民栄誉賞受賞の光と影」で名誉棄損を受けたとして損害賠償請求している民事裁判の証人尋問を傍聴した。記事は長嶋茂雄氏が国民栄誉賞を受賞してもそれで家族がお祝いをすることもなく、家族はバラバラだ、というもので、こうした週刊誌報道に対する裁判と同じく被告の新潮社側は記事を執筆したデスクと取材記者を証人に立てた。

 まず証人台に立った週刊新潮の担当デスクは代理人の質問に答え、取材の一部始終を語った。過去に同じ週刊誌である週刊文春や週刊ポストも取り上げていることを言い、20年来長嶋茂雄氏と親しい人から「『国民栄誉賞を受賞しても家族そろってお祝いをすることもなく、一茂氏が茂雄氏保有の数々の記念品を無断で売ってしまっていることなどから家族間が対立している』と聞いたことから記事を作成した」と証言した。記念品を買った福井県の資産家、山田氏や記念品を保管・運送した運送会社、それに茂雄氏や娘の三奈さんや一茂氏に取材した経過やその内容も証言した。

 これに対し、反対尋問に立った弘中惇一郎弁護士はまず「他の週刊誌に書いてあることに依拠したのか」と切り込み、「そうした週刊誌がどのように取材して記事を書いたのか調べたのか」と証人に迫った。そして週刊文春はその該当記事で名誉棄損で訴えられ、最高裁までいって500万円の支払いを命じられ、敗訴しているうえ、週刊ポストも現在係争中であると言い切った。そして、「一茂氏への取材はどうようにしたのか」と問い、携帯電話であることを聞いて、「その録音は録っているのか」と聞いたら、デスクは「回答を控えたい」と答えたのみだった。さらに弘中弁護士は「長嶋家では昔から家族そろってお祝いごとをするような習慣は一切ないと聞いているが、他の国民栄誉賞受賞者で家族そろってお祝いするような人がいるのを聞いているのか」と畳みこんだ。これには証人のデスクは調べていない」よいうしかなく、これらを聞く限り、すでに勝負あったという感じだった。

 弘中弁護士は小沢一郎代議士の政治資金問題でも小沢代議士の弁護をし、見事無罪を勝ち取るなど他にも数々の有名な裁判で名をあげている名うての弁護士で、その実力ぶりを如実に目にした。最近の週刊誌相手の名誉棄損裁判ではほとんどマスコミ側が敗訴している。実際に取材の際に裁判になることを想定して録音を残したり、きちんと取材メモを取ったり、掲載について取材相手から掲載の了解を得るなどのようなことはまずしていないし、それを文書に残るような形で保存は十中八、九していない。だから裁判になったら、まず負けてしまう。まして弘中弁護士のような実力派が出てきてはますます勝ち目はないだろう。

 この裁判については続いて証言に立った週刊新潮の記者もそれほど重要な証言をしなかったうえ、最後に原告の長嶋一茂氏が証言台に立ち、「茂雄氏の記念品処分については茂雄氏が脳梗塞で倒れた際に某風水師から『地下にある物品が悪いものをもたらしていて、早く処分しないと茂雄氏の命に係わる』と宣告を受けて、茂雄氏了解のもとに処分に踏み切った」との爆弾発言をして、傍聴席をアッといわせた。そのあと長嶋家のありのままの現状を約1時間にわたって延々と語った。これには傍聴席はしんとい静まり返った。さらに新潮社側の弁護士も唖然とした感じで、反対尋問も精彩を欠くもので、ここでも勝負あった感はさらに深まった。

 尋問を終えて裁判長は次回の法廷に日時を決めたうえで、双方に和解を打診したが、弘中弁護士はきっぱりと否定したあたり、実力派の片鱗を見せつけた。ちなみに敏腕の弘中弁護士の隣に座って、原告一茂氏への主尋問を担当した多分弘中弁護士の娘であろう弘中絵里弁護士のサポートも素晴らしく、2人の息がピッタリ合っていたことも付記しておきたい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加