鈍想愚感

何にでも興味を持つ一介の市井人。40年間をサラリーマンとして過ごしてきた経験を元に身の回りの出来事を勝手気ままに切る

1940年代の米国の酒場に出入りするお客の様々な人生模様を描いた演劇「君が人生の時」

2017-06-17 | Weblog
 17日は東京・初台の新国立劇場中劇場で、ウイリアム・サローヤン原作の演劇「君が人生の時」を観賞した。Ⅴ6の坂本昌行が主演しているせいか、若い女性が大勢つめかけていてほぼ満席だった。1929年の大恐慌から1941年の第二次世界大戦にかけてての米国が舞台となっているとの触れ込みだったので、戦争を描いた理屈っぽいのを想像していたが、なかなかどうして米国サンフランシスコの下町で明るく逞しく生きる人々の生活を描いて、最後には思わぬどんでん返しがあって、楽しめる演劇となっていて思わず惹き付けられた。

 「君が人生の時」は米国サンフランシスコの波止場の外れにある安っぽいショーを見せるニックの経営する酒場が舞台となっている。そこには正体のつかめぬジョーと名乗る男が一角に陣取って、朝から晩までシャンペンを飲みまくっている。そこへいつものように新聞を売りに来る少年がやってきて、お客に新聞を売ろうとするがだれも買ってくれず、最後にはジョーが残った新聞をまとめて買い取ってくれる。また、浮浪者が入り込もうとするが、ニックに断られてスゴスゴと出ていったり、お腹を空かしたピアノ弾きがやってきたり、ダンスを踊る自称芸人が舞い込んできたりする。さらには娼婦が来たり、それを取り締まる刑事がやってきたりして、人生模様を様々に彩ってくれる。そんななか女優という女、キティがやってきてなぜかジョーと仲良くなり、ジョーの子分のトムと親しい仲となる。それを知ったジョーはトムと一緒にキティが住んでいるアパートに押しかけ、2人を盛り立てようとして、一緒に海に出かけたりする。

 酒場には相変わらずいろいろな人々が出入りし、ショーに彩りを添えたりして、人生模様を描いてくれる。常連のなかには飲んだくれて、時々議論しているお客に割り込んで「根拠なーい」と哲学めいた感想を述べて場を和ませてくれる哲学者のような男がいたり、ゲーム機にのめり込んでいる男がいたり、西部の荒くれ男のキット・カーソンが現れたりして、場を盛り上げてくれる。今日もそうした一員として、一見貴族と思える中年の夫婦がやってくる。そしてジョーとキティとともにシャンペンを飲んだり、葉巻を吸って興じている。

 そこへやってきたのが嫌われ者の刑事、ブリックで、ジョーが席を外した隙にキティの素性を暴きたて、遂にはキティにダンスをさせて、ストリップまがいの行為をさせようとしだした。それを止めに入った店員をブリック刑事は殴りかかって、殺す寸前ににまでいく。それを見ていたジョーはトムに買わせて手元にあったピストルを取り出し、刑事めがけて打つがどういうわけか玉が出てこない。

 そのまま出て行った刑事がどういうわけか道路に出たところで何者かに討たれて死んでしまう。その後に酒場に入ってきたカーソンが刑事に殴られて、その腹いせに部屋に戻って拳銃を持って返り、出くわせた刑事を撃って、拳銃は海に捨てた、と打ち明けた。それを聞いたジョーは持っていたピストルをカーソンに手渡したところで、幕となった。

 見ていて、最後にはジョーがだれかを打ち殺したところで幕となるのかな、と思っていたが、頼みのピストルの玉が出ない、というハプニングがあり、荒くれ男がその代わりを果たす、という思いもしない結末で、なるほど最後の落としどころはこういうものか、と思わせた。酒場に出入りするお客の様々な人生模様を描き切った見ていて面白い、と思わせるもので、存分に楽しめた演劇であった。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 確定申告で取り戻した所得税... | トップ | 今回の都議選は詐欺だと見ら... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL