詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

時の方位をめぐる旅

2016-10-11 | フリー Poem
僕が生まれてから
はたして、何時間、何分、何秒
経ったというのだろう

あれから 僕は生きている
この世界も生きている
考えてみれば
僕はずっと1人ではなかった

孤独というけれど
太陽は昇り、
月はめぐる
真夜中に、猫がやってくるのも
猫の心に光る孤独な太陽のせい

僕はたくさんの孤独を
知っていようと思う
すると
たくさんの時が流れてくる
魚の群れが回流するように
みんなの光を集めて
時間はどこへ流れていくのか

僕たちが立ち止まり
また歩きだす街の交差点へ
貴方に声をかけたくなる
その時へ
孤独という光は
時間の衣装を変えて
たどり着く


ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風は、無色。… | トップ | 「ストリート ストーリー (s... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フリー Poem」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。