詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

Poem-) 悲しみを載せる舟は…

2017-06-18 | フリー Poem
悲しみを載せて
舟は一双、また一双と
人々が寝静まった時間
月夜の晩に
海の彼方に
流れて行きます
夜の闇は
水平線を隠してしまうので
その舟が
海の向こうにくだって行ったのか
空へのぼって行ったのか
確かめようがないのですが
月の光が
海の上に踊りだすのです
舟の航路を示すように
その場所だけが
明るく輝きだし
一双、一双
流れ出す舟は、どんどん増えて行くのです
悲しみを載せる舟は一双では足りない
そんなことにようやく気づきながら、
数を数えるのを止めて
見守っていようと思うのです
船頭が戻ってくる明け方、
夜はようやく眠りにつくのです
この世界をしばらくの間
光色に 輝かせるために



ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Poem-) 風の輪 | トップ | Poem-) 青い月を見た »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。