詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

Poem-) 風の輪

2017-06-18 | フリー Poem
名前を聴かせてほしいのですが。
街の古びた店の角を曲がろうとすると
背ろから、呼び止められた
私ですか。
振り向きながら声の主を
探すのだが
誰が発した言葉なのかわからない
声は流れている時間の秒針のように
どこかで同じ時間をめぐり続ける
風は螺旋を描き
葉っぱをぐるぐる回転させている
追いついてきた風に吹かれながら
この街にしばらく留まろうか
どうしようかと
鳥が、横を通りすぎる



ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Poem-) 雨のなかを | トップ | Poem-) 悲しみを載せる舟は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フリー Poem」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。