詩の現場

小林万利子 「詩のブログ」 詩をいつも目の前に

Poem-)猫のしょぼり

2017-06-18 | フリー Poem
猫のしょぼりが 歩いてきた
いつもの路地から 歩いてきた
しょぼり しょぼり
淋しそうなしょぼり
何で、そんなに悲しそうに歩いているの?
今日は聞いてみることにした
別に、淋しくなんてないよ、
悲しくなんてないよ、
しょぼりにとっては
これがふつうだった
では、こうしよう
足音が淋しいのだから
変えてみようよ

前足をちょっとだけ高くあげて
ショッぼり、はどうだろう
ショッぼり ショッぼり…
何か、いまいちだな、
人ごとのように言うしょぼり
ウを入れたらどうだろう
ショウぼり ショウぼり…
大したことはないな、
ショ ショ、ぼーり…
ショーぼーり…
全然だめだな、
しょぼりは ますますしょんぼり歩く
ションぼり ションぼり…
ションぼり ションぼり…

そうだ、これはどうだろう
わっ、ショ、ぼり、ぼり…
わっ、ショ、ぼり、ぼり…
この変てこなリズムは、
いいかもしれない、
しょぼりは顔を上げて笑ってみせた
幸せは、変則的なリズムの隙間から
生まれるもんだな、
何だか可笑しくなってきて、
今日から しょぼりは
わっ、ショ、ぼり、ぼりの猫になる



ありがとうございます。応援してネ♪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Poem-) 水色の川 | トップ | Poem-) 紫煙(しえん)の街 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。