ばあばの玉手箱

おばあちゃん達の貴重な知恵。超簡単料理。

中学時代ぶり、友人のお土産「なつかしい広島の松茸」

2016年10月18日 | 阿蘇(熊本県)

広島の中学時代の友人の、阿蘇訪問。
地震、噴火後、どうしているか?
お見舞いに来てくれた。

福岡県久留米市に住んでいる。
とても懐かしく、嬉しい。
道の駅で待ち合わせ。
長い事会ってないから、わかるかな・・・

案の定、お互いわからず、
「あ〜〜」「お〜〜」
「お互い、変わったね〜〜」と、
再会を、喜ぶ。

嬉しい事に、故郷 広島の松茸を、
おすそ分け、と、持って来てくれた。
あ〜 なつかしい。



さっそく、娘と半分ずつ分けて、
松茸ご飯を 作った。

材料・・・松茸・昆布・昆布だしの素・酒・醤油少々、お米 2合

作り方
・お米を洗って、昆布を入れて、30分くらい置く。
・昆布を取り出して、普通の水加減にして、昆布だしの素を入れる。
・松茸を薄く切る
・松茸・お酒・少々の醤油を入れて、炊飯器で、普通に炊く。
・ごろっと混ぜて、できあがり。🍚

いい香りだな〜〜。
なつかしい味を、ごちそうさま。😋😍
ありがとう!!!




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阿蘇一の宮門前街、向栄堂の... | トップ | ばんざ〜い!!半年ぶり「あ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む