うめと愉快な仲間達

うめときくが、極楽でほくそ笑む中、
残された、我らは、いかに生きるかの記録

タイムマシーンに、乗ってきた

2017年05月14日 | 真面目な日記

今日は、母の日だ。

私は、結局、母さんに酒を贈る事にしたのだが、

母さんには、もっと素敵なモノが届いたのだ。

ポンちゃんままから、名入りの「うちの子メモ帳」だーーー!

詳しくは、ぜひ「ねこなんて大っ嫌い」←ここをクリックして下さい。

 

かずこ、満面の笑みでありました。

 

これね、ノート型だけど、1枚ずつちぎって使えるんだよと

1枚ちぎって見せようとする私の手を、

パシャンと叩く、母さん。

「これはよ、大事な事を書くんや。」と言うので、

パチンコの勝敗とか書くのか?と聞いたら、

「おまっばか!そんな程度の事はここには書かん。

ちょっとやそっとの事は、書かんぞ。

本当に、大事な事を書くためのノートにするんや!」

だそうです。

ままん、本当にありがとうございました。

 

おはようございます。

そんな母さんは、読書家でもある。

そして、書くという事も、どうも嫌いでは無いようだ。

私が、パソコンを使って日記を書いていると言った日、

母さんは、

「ほんならよ、わしの日記も見せたろか?」と、

古い日記帳を3冊、私に持たせてくれた。

聞けば、今から50年以上前に書いたモノだそうだ。

そんなモノ、読んでいいのか?と聞くと、

母さんは、

「おお、読んでみろ。出版してもええぞ。」と言う。

出版って・・・そんな力は私には無い。

という事で、せめて、皆さまにお付き合い願えればと存じます。

ながーいと思いますが、お手数かけます。

 

~日記冒頭~

「私は、この日記を自分の心の支えにして、

また、自分の心からの友達として、

淋しい時には慰めてもらい、

楽しい時には喜んでもらい、

明るい生活が出来るよう導いてもらおうと思う。

そして、どんな風にも倒されない人間になれるよう、

努力しようと思う。」

 

カズコ、23歳の5月10日、この日記が始まる。

当時、カズコは、独りの男との愛憎劇の只中で、苦しみもがいていた。

若く、そして真っすぐなカズコの愛、

それを受け止めきれない男の弱さによって、

若い2人は心を寄せあったり、離れたりを繰り返す。

 

~ある日~

「今朝夫が、もう女の所へは行かない。と言った。

私は嘘でもこの言葉が嬉しかった。

私は、その時ふっと思った。

私がもっと努めたら、

夫は外で気を晴らそうなんて事はなくなるのではないかと。

私は、今まで自分が、いかに未熟であった事に気づいた。

もっと学び、もっと色々な事を身に付けて、

この人の妻として恥ずかしくない人間になろうと思う。」

 

カズコさん、違う。

この男は、ただの女好きだ、カズコさん!

夫は、愛人が常に2人も居るような男のようだ。

時には、帰っても来ない日が続く。

 

~ある日~

「私は今、どう思っても、幸せとは思えない。

どうして皆のような楽しい家庭が持てないのだろう。

夫は、いつ帰るのか、またどこに居るのか。

私の心は、いつも淋しい。

夫の真実の愛が欲しい。」

 

カズコは、この頃、夫との別居を試みる。

夫の真意を確かめるために。

 

~ある日~

「私は、母からアパートの資金を3万円、借りた。

母は、黙って貸してくれた。

私は、つくづく親に面目ないと思った。

でも今の私には、これしか道はないと思った。

夫には1年の別居と話しているが、

3年でも5年でも、待つ心構えを持っている。

彼が別れて行っても、私は一生待ち続ける。」

 

そう覚悟したカズコだが、

夫のスタンスは、変わらない。

会いに来る日もあれば、来ない日もある。

 

~ある日~

「風邪をひいたようで、薬を買った。

でもお金が足りなくなったので、実家へ行って、2千円借りた。

母が、私の顔を見ながら、色々話してくれた。

私は、もう死にたいと思っていたが、

老けた母が一生懸命元気づけてくれた。

これでは、いくら私でも、死ぬ訳にはいかないと思った。」

 

そんなカズコの様子を知った夫は、

手作りのおにぎりを持って見舞いに来る。

カズコは、そのおにぎりが今までで一番美味しいおにぎりだと

喜んで見せた。

なんという男だ。

そろそろ、ぶっ飛ばしてやりたい!

 

~ある日~

「今日は、夫が来てくれた。

そして二人で美容院へ行って、一緒にパーマをかけた。

帰りに買い物によって、

私のネックレスを買ってくれた。

とても高価なネックレスで、嬉しかった。

やっぱりカズコは、夫を愛しているし、

きっと夫も、私を愛してくれているのだと思った。」

 

この男、もう勘弁ならねー!

カズコさん、こいつ、まだ愛人と別れてない事、思い出せ!

そして、カズコさん?

ネックレス買う金で、親の借金、返さんとかんに。

 

~ある日~

「カズコのバカ カズコのバカ カズコのバカ・・・・

お父さんお母さん、こんなカズコをお許しください。

カズコの心は、例えようのない程、寂しいのです。

父と母なら、きっとわかってくれるだろうに。」

 

カズコが別れようと言えば、引き留めようと必死になり、

やり直そうと言えば、するりと逃げる男。

その態度に、カズコは、そろそろ気持ちの限界に達してきた。

もう死んでも構わないという文字が、日々増える中、

なぜか、カズコは、日記の最後に必ず食べ物を記すようになる。

 

~ある日~

「今日の食べ物 トースト、から揚げ、串カツ、ウィンナー、カレーライス」

~ある日~

「今日の食べ物 オムライス、ハヤシライス、おにぎり、あられ、もち」

~ある日~

「今日の食べ物 カレーライス、かつ丼、お寿司、あんみつ、ライス」

 

カズコさん?もっと野菜を食べなさい!

そして、死にたがる乙女の食べる量ではない!

 

~ある日~

「私は、今日になって、初めて歩いてきた道を振り返った。

心から苦しみを覚えたのは、小学校の5年生の時である。

子供ながらも、初めて人に言えない苦しい思いをした。

その頃から、自分の家庭を持ちたいと強く思うようになった。

私が中学を出た当時は、家が一番苦しい時で、

何ひとつ、思う物は買ってもらえなかった。

父と母は、いさかいの毎日。

その時、私は一日でも早く家を出て、自分の家庭を持ちたいと

何度思ったか知れない。

私は、それがとても悲しくて、苦しかった。

その苦しみに負けて、道を踏み外した。

16の歳に、家を出たのである。

私は、苦しみをなにもかも忘れたくて、遊びに遊んだ。

遊んでばかりはできず、酒場で働いた。

私は、そこに来る男の人達が、とても怖かった。

誰も、私に温かな気持ちで接してくれる人はいなかった。

私は、とても淋しかった。

その時、私は夫と出会ったのだった。

この4年間、私は何もかも夫に捧げてきた。

父と母は、いつも私を励ましてくれた。

いつでも、私の事に反対せず、

黙って見守ってくれていた。

今、振り返ってみれば、長い旅をしたように、思える。

 

雪の山へ登ってみたい。

真っ白で美しい何のけがれもない、雪の山へ登ってみたい。

なにもかも、わすれるであろう、

幼き、雪国を思い出す。」

 

カズコは、その後、男との別れを遂げた。

そして、3冊目の最後。

 

「私も、女である以上、いつか子供を産みたい。

何のけがれもない、綺麗な子供を産みたい。」

 

カズコさん、大丈夫ですよ。

その数年後、あなたは、働き者で真面目な男と出会います。

そして、綺麗な子供を2人、生む事になりますからね。

 

2人目

綺麗な・・・・こ・・・ども・・・

まず口を閉じろ、私め!

 

私は、この日記の中に生きる、独りの女性を、

まるで親のような気持ちで読み続けた。

まるで、我が子のように。

 

ながーい記事に、お付き合いいただき、申し訳ありませんでした。

さらに、猫ブログにあるのに、猫が出てないという。

重ねて、大変、申し訳ありませんです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心を亡くした我らの朝 | トップ | やってきた、一眼と私 »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チコ)
2017-05-14 09:52:33
素敵な母の日になりましたね(=^ェ^=)
お母様の満面の笑顔!その横で一緒に笑顔の お父様! 色々な苦労があって今があるんですね。
おかっぱさんの文章力は、お母様からのプレゼントですね♪
ぽんママさんからのプレゼントから、微笑ましい母の日になって…私も温かい気持ちを頂きました♪
母の日スペシャル (ぴのこ)
2017-05-14 10:02:14
いやー、読みごたえありましたねぇ~。
まずはぽんちゃんママさんからのメモ帳!!
いつも素敵な作品作りますねぇー。
すごいなぁ、売り物ですねぇ。
しかも母上、パチンコの勝敗もけっこう大事だと思うけど…それ以上大事なことを書きたいとは!
朝から感動です(T0T)

そして衝撃!カズコの古い日記。
イヤー母上、夫の帰りを待つカワイイ嫁だったのですね~。
肝っ玉は一日してならず。
日記を親子で見せ会える仲って素敵だなぁ…
あ、親子どころじゃなかった(--;)ワタシらも…
若い頃は御苦労されたようですが、それを乗り越えての今なのかな…と思いました(^^)
今日は仕事なのですが、一日頑張れそうです!
人に歴史ありだよね~ (鳶助)
2017-05-14 10:44:53
豪快に感じてたけど、カズコさんの繊細な乙女心、素敵だねー♪
だけど、つらつら食べ物が出て来たら、大爆笑だよ~~~ (*;゚;艸;゚;)  食べ物で、精神のバランスとってたんだろうね ( ω-、)  そうそう、野菜もだよね!
色々あったけど、いい旦那さんとしっかりしてる可愛い子に優しいけどべらぼーに面白くて可愛い子、おたま坊や達に巡り会えて、カズコさん幸せだね♪

優しくてべらぼーに面白いおかっぱさんのイラスト付きで、出版すればいいのにー
マジ、買うよ♪
来年の母の日プレゼントに、いいじゃん?
 おかっぱ樣と母上ニッ(^^ゞ感謝‥* ( 案山子)
2017-05-14 11:11:35
 感想文‥☆☆☆☆☆


 読み応え 有 苦難乗り 越え若き母

 苦あれば楽ニッ=^▼^= 

 ニッ ^ ^ 記ニッ(^^ゞ感謝‥*

 
 Ps. おかっぱ樣の才能ニッ(^^)v感謝‥☆



 
Unknown (rin)
2017-05-14 12:55:21
カズコさん(*´ω`*)日記をちゃんと取ってあるんですねー。
文章も、さすがおかっぱさんのお母様♪って感じです。
読み応えありましたよ(⌒∇⌒)
ポンままさんのメモ帳も素敵✨良い母の日プレゼントになりましたねー☆
今日は母の日 (小豆 ママ)
2017-05-14 13:03:11
お母さまが死を選ばなかったので
おかっぱさんが この世に生を受けたのですね
お母さまが乗り越えてきた苦難の数々
ステキな男性とめぐり逢い
可愛い女の子をふたりも授かり
しあわせな人生です
お父さまとお母さまがふたりで
ポンちゃんままさんのメモ帳を見つめる写真
ご夫婦の年輪を感じます
とても良い写真ですね
しあわせが滲みでています
今日は母の日
私のふたりの母は すでに他界していますので
お仏壇に手を合わせました
おかっぱさんはいっぱい母親孝行してくださいね
ステキなお話をありがとうございます
Unknown (ポンまま)
2017-05-14 15:06:57
わぁ~!
カズコさん、こんなに満面笑みでメモ帳を・・・。
もう感激です(iдi)
こんなに喜んでくださったなんて~(j o j)
すっごく嬉しいです!!!
なんだこら父さんまで!
うんちゃんのメモ帳を笑顔で・・・(*´艸`*)
ありがとうございますm(_ _)m
母の日に相応しいお話を
朝から何度も読ませて頂きました。
最初「夫」というのがなんだこら父さんなのだと思い
「ちっ、ウチのオヤジと同じタイプかー」と
舌打ちしつつ読み進めている内に
そうでは無いと分かって、嬉しかった~(T_T)
若かりし頃の母の日記を読ませて貰えるなんて
ホント、素敵なことだなぁ・・・と
感動しちゃったよ。
カズコさんが苦しかった頃のご両親の愛も、素晴らしいよねぇ。
一生懸命生きようとするカズコさん。
そして今度こそ、なんだこら父さんと出会って
キレイな子供を2人?
2人目?
ぶっはぁーーーーε=(>ε<)ってなっちゃった。
そうそう、まずは口を閉じてみようか、って。爆
おかっぱさんのスタイルの良さは
カズコさんからの遺伝だったんだねぇ。
すっごくキレイでスタイル抜群のカズコさん。
何より、娘にこんな風に思って貰えるカズコさんが
同じ母としてとても羨ましいと思ったよ。
母の日の、何よりのプレゼントだったね。
Unknown (ぴんぽんくま)
2017-05-14 15:57:26
なんとなく類似点の多い同じタイプって感じがしちゃうウチの母とおかっぱ母さんなのですが
大きな違いがありました。
うちの母、日記どころか家計簿が3日と続いた年が無い。
365日の内362日分を白紙で残すなど、これ以上の無駄遣いがあるでしょうか?
そういえば母子手帳も兄のはぼちぼち書き込んではありましたが
わたしのは新生児からいきなり幼稚園卒園まで
まさにタイムスリップしておりました。
(検診や予防接種はちゃんとクリアしておりますのでご心配なく~)
息子のホームステイの餞別の封筒には
「オーストラリヤで迷子にならないように」との注意書き。
どこどこ?オーストラリヤってどこ?
で、迷子って、迷子ってなんだ?
心配なのは迷子かい?

そしておかっぱ母さんとは決定的にちがうのは
わたしが物心つく頃にはマツコ・デラックス状態であった母、
「若い頃は細かった」と事あるごとに自慢していたのでありますが
若い頃のおかっぱ頭‼の写真を見れば…
もうお判りでしょう。
そう、アレです。
全体はブルゾンちえみ、顔面だけは北斗昌
そっくりの母。

おかっぱ母さんはホントに美しくて可憐な乙女だったのですね。
お辛いこともご心配な事も沢山あったことでしょうが
今こうして幸せに過ごされていることに
感無量のわたしです。


チコさんへ (おかっぱ)
2017-05-14 16:37:40
母さんの日記に、お付き合いいただき、
ありがとうございます。
親が親になる前の事なんて、分からないですもんね。
自分の知らない親が垣間見られて、
私もよかったなぁと思いました。
今度は、ポンままさんの作ってくれたメモに、
カズコは何を記していくんでしょうね?
楽しみ~(笑)。
ぴのこさんへ (おかっぱ)
2017-05-14 16:46:45
長い日記に、お付き合いいただき、
ありがとうございます。
ポンままさんのメモ帳、いずれは販売するように
なると思います。
あの腕は、十二分に活かさないと、
もったいないですもんね。
母さん、実際パチメモ付けてるのに、
このメモ帳には、もっと重要な事って、
何を書くのでしょうね~(笑)。
昔の日記、きっと、私にも見せられるほど、
母さんにとって、もう完全に吹っ切れた
昔の思い出なのでしょうね。
読むたび、瑞々しい乙女の姿が浮かびました。
母さんにも、こんな乙女時代があったんですね。
意外~(笑)!
今日は、お仕事なのですね。
ぴのこさん、頑張ってくださいね~。
お帰りの際は、気を付けてね。

コメントを投稿

真面目な日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL