うめと愉快な仲間達

うめときくが、極楽でほくそ笑む中、
残された、我らは、いかに生きるかの記録

何年ぶりかに、抱いたネコ

2016年10月01日 | きくの事

人の子供は産まれてくると、

大人の腕に抱かれて育つ。

歩けるようになると、

大きくなったねと言われるようになり、

気付けば抱かれなくなっていて、

その大人の腕が、か細く、力を失った頃、

子供は大人に成っていて、

今度は、小さくなった大人を抱いて見送る事となる。

ネコの場合は、少し違う。

 

小さなネコは、ヨチヨチと好き勝手に歩くものだから、

危なっかしくて見ていられない。

抱いては戻し、抱いては戻しで疲れてきたら、

抱きっぱなして寝かしつける。

我が家のきくも、そうだった。

 

子ネコの頃から、しっかり者のおきくちゃんだったが、

抱いてやるとゴロゴロ喉を鳴らして、甘えたものだ。

それが成ネコになってみれば、生意気で、はねっ返り。

抱っこなんて、とんでもない。

気に食わないと、すぐ怒ってわめき散らす。

そうきたかと、無視していると、

おい撫ぜろ、こっちへ来いと更に鳴きわめき、

こっちも負けるもんかと離れて座ると、

目の前に来て、私に口喧嘩を売ってくる。

買ってやろうじゃねえかとなって、

人とネコの大人げない口喧嘩が、見事なまでに成立するのだ。

 

そうして、きくが10歳を超えた頃、

老化のせいで巻き爪になり、

こればっかりは切らない訳にはいかなくて、

泣いて、本気で土下座して、それでも抱っこは許されず、

片手を持って、光のごとく速さでならば、1日1本切らせてくれた。

お礼のつもりで撫ぜてようものなら、ガブーっと本気で咬んできた。

 

お互い、元気に相変わらず喧嘩ばかりをしていたら、

きくは14歳になっていて、

何でも独りで達者にできるわいと豪語していた、あのきくが、

最近、食卓にぴょんっと軽く飛び乗れなくなってきた。

食卓を見上げて、イライラしているきくを見て、

喧嘩ばかりしているくせに、知らん顔ができなくて、

激怒を覚悟で、きくの体に手を伸ばす。

咬むか?くるか?

なんて言いながら、抱き上げてみると、

きくは、ゴロゴロ喉を鳴らした。

だから、私はすぐに食卓の上へ置いてやらずに、

しばらく、きくを抱きしめていた。

 

きくが、この腕に帰ってきた。

子ネコみたいに軽くなっていて、

この腕は、いずれ、きくを抱いて見送る事になるのだろう。

そんな時が、少しずつ、少しずつ、近付いてきたのだと感じた。

 

きく、怒らんのか?

 

もっと、怒ってて、いいんだぞ。

 

きく?

 

おきくちゃん、

おかえり。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンツのうた | トップ | 冬の準備 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小豆ママ)
2016-10-01 09:05:07
きくちゃん
おかっぱさんの腕の中に帰ってきたのね
おかえりなさい
何年振り?なのかしら?
おかっぱさんの腕の中は温かくて
安心できるでしょ
心地よいでしょ
いっぱいいっぱい甘えていいんだよ・・
いつまでもいつまでもずっとみんなと
いっしょに過ごしてね
いつまでも穏やかな時間が流れますように・・
Unknown (solo_pin)
2016-10-01 09:11:37
おはようございます。

そうかー。
子猫の頃から育てていると
思い出、色々ありますね。
うちはもう、来た時からシニア(笑)でしたので
今は「更に飛べなくなった」程度です。
気持ちはまだまだナウでヤングみたいです。

おきくさん。
もっとゆっくりしてていいんだよ。
おかぱ母さんの腕で
ゆっくり時を重ねて行くんだよ(*^o^*)
Unknown (とろぽん)
2016-10-01 09:18:17
着々と進む順番でありましょうか。

ごほん、おはようございますおかっぱさん。

きくさんに回ってきている順番。
すごく短い付き合いでまだおかっぱ家のこと おかぱ知識(変な略)に浅い私ですが、きくさんはそんなに歳だったんだなあと感じます。

猫と言うのは何も考えていない様でしっかりニャン生のピンからキリまですることを考えて決めている様な気がするのは私だけでしょうか。
見送った後、彼らは遺していく私たちのことを計り知れないほど考えていたんだなあと気がつかされる出来事もよくあって、
同時に私たちも気がついているよりさらに彼を大切に思っていたのだとびっくりすることがあります。

私は上兄弟と歳の離れた末っ子なので、周りに私が全員見送るから順番間違えないでよと念を押しています。猫たちもその時だけはそれをじっと聞いてるみたい。
彼らを見送るまでに、私と彼らのお互いに最も良い見送り方、見送られ方を視線で相談しあって、その時はそれが叶えばいいなあと今目指しているところなのですが。

やっぱり何度経験しても別れは悲しいし、死を最も良いや目指すなんておかしいですが、私たちはそう願っています。
おかっぱさんとおかっぱ家、きくさんにとってもいい別れがあります様に。

その時までに生きくさんに会えればいいな〜^^
きくさんは、マボロシ派?あ…来客徹底粉砕派だっけ?(泣)


余談。(が、いつも私は長い)

我が家ではせわしない子猫を抱っこで静止させるなど考えたこともありませんでした!まさかおかぱさま、天才でいらっしゃる!?
それは前からわかりきっていた事でしたね。何しろ、あんな傘の使用法を編み出すなんて!コメント出来なかったのが口惜しいですが、兄と悶絶していました。

そして実は、おかぱさまの如し雨との戦い方をしていた勇敢な彼女を、私たちも目撃しているのです!
先日福岡に大雨がすたこらとやって来た時、彼女は颯爽と駆け抜けて私たちに笑いを遺していきました。
そう、手と頭だけにビニール袋を被りサンダルを履いた彼女は、ママチャリで駆け抜けて行ってしまいました。私たちに笑いを遺して。
あれも何かの順番でしょうか。

兄は、今日も「うんちゃん、元気かな〜」とつぶやいております。
うんこファン2号、ここにあり。
Unknown (とろぽん)
2016-10-01 09:20:04
余談2

↑みなさんきくさんはゆっくりしていいんだよって言ってるのに私だけざっくり言うと「死ねばいい」って言ってる〜!(泣)

違うのよ違うのよ(おろおろ
猫も人も (しゃちくん)
2016-10-01 09:26:13
高齢になるとそうなるみたいですね。

自尊心が高くて一家を統率していた実家の外猫キジ婆ちゃんも「この冬は家の中で過ごさないとダメかね?」って母も心配するほどの変化を見せてますからね。
Unknown (しをん)
2016-10-01 10:34:35
せつないですね~
きくさんは年をとって丸くなったんですね

うちのも12才(先日元の飼い主がうちの子供達を飼っているのですが、その子達が12才だと言っていて、??なのですが…)

時々老いたなぁ~、と感じてせつないです
飼い主本人も老いてきました
小豆ちゃんママさんへ (おかっぱ)
2016-10-01 14:14:23
そうだなぁ、10年以上は、抱っこしていなかったと
思うんです。
お婆ちゃんになって、少し気弱になって、
戻って来たんです。
嬉しいような、ちょっと寂しいような。
と油断して調子に乗ると、怒られるたり
するんですがね(笑)。
でも喧嘩を売られても、買う気には
もうならなくなりました。
solo_pinさんへ (おかっぱ)
2016-10-01 14:25:26
そうですよね。
カムイ師匠は、大人になってからですものね。
でも、時の長さだけではないですものね。
私なんて、何匹も居るもんだから、
どの子の思い出がどれだかごっちゃでねって、
オイコラ私め(笑)。
長さだけでなく、濃くて深い時間、
これもまた、とても大切な事ですよね。
もう少し、きくとの深い時間を持たないとなっと
思わされた次第です。
とろぽんさんへ (おかっぱ)
2016-10-01 14:45:41
私も、そういう視点で、見送りたいと
いつも思っているんです。
順番は、ときに違ってしまう事もあるでしょう?
だからね、おかしな話ですが、
見送る時は哀しい思いより、これでいいんだと
思うんです。
そして、ネコって、本当によくできてるよね。
それも同感です。
きくが病気になったら、どう手を貸すか、
この問題はずっと悩んでいたの。
だって、すぐ怒るんだもの(笑)。
でも抱かせてくれた時、
きくは全部分かってんだなって思いました。
見送る時の想定も違った感じに
塗り替える事が出来る気がしています。
来客時、きくは基本マボロシ系ですが、
そういうのも変わってくるかも~(笑)?
まだまだあなどれんネコです。

頭と手にのみ、ビニールを被せた女性が?
しかもチャリで?
かっくいい~かっくいいよ~!!
そう、どんな時でもほんの一部分でも、
諦めないという気持ち、いたく分かる。
そして帰宅して、頭と手以外がびしょ濡れと
気付いた時の切なさも、分かるわ~(爆)。
お兄ちゃんも見て下さっているんですね。
ありがとうございます。
うんこ、元気ですよ~絶好調ですよ~。
とろぽんさんへ (おかっぱ)
2016-10-01 14:48:44
全然、そんな風に伝わってないよ、
大丈夫ですよ~。
死ねばいいって(爆)!!
素敵で共感できるコメントです。
ありがとうございます。

コメントを投稿

きくの事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL