うめと愉快な仲間達

うめときくが、極楽でほくそ笑む中、
残された、我らは、いかに生きるかの記録

便利と不便

2017年05月20日 | 日記

この季節になると、

鳥たちも、ひときわ忙しそうだ。

 

水を張った田んぼには、

サギ達が、どこからか、やってくる。

 

燕は、私が歩くすぐ前を、颯爽と横切り、

民家の軒下に目をやれば、

スズメが枯草を咥えて、巣作りの算段をしている。

 

ゴミの日のゴミ置き場はというと、

やっぱりゴミが漁られているのだ。

辺りを見回すと、少し離れた所で、1羽のカラスが様子を伺っている。

クロちゃんや、そろそろ片付けるからな。

そう呟きながら、持ってきたホウキで、

散らかったゴミを片付けるのも、この季節のお決まりだ。

 

私は、カラスのクロちゃんが好きだ。

カラスのクロちゃんは、きっと私の事が大っ嫌いだろう。

だけど、私は、ゴミ置き場の掃除を止めない。

 

まず、周囲に人が居ないかを確認する。

誰もいないと思った瞬間、烈火のごとくホウキを振り回し、

恐ろしい速さで、掃除を済ませるのだ。

しかし、あまりに掃くことに集中すると、

辺りへの注意を払う事を忘れてしまい、気づけば、

「あら~ご苦労様です。まったく困るね~、悪いカラスめ」と

ゴミを捨てに来た人間に、そう言わせてしまう。

私なんて、無力なものだ。

 

しかし、数年前、

ゴミにネットを掛けていただけのゴミ置き場が、

なにやらサッカーゴールのような、頑丈な囲いで

囲われるようになり、掃除をする機会も格段に減った。

便利なものが出来たのに、私はクロの安否を知る術を失った。

 

ちょうど、囲いができた年の今頃だったろうか。

私は、ゴミの中から小さな巣を拾った。

覗いてみれば、生まれたての小さな雛が2羽鳴いていた。

スズメの雛だった。

その巣を持って家に戻り、すぐさまパソコンを開いた。

欲しい情報は、あっという間に見つかり、それを元に買い物へ走った。

ペットショップの店員さんにもよく聞いて、

スズメの雛に適した餌や、それを与えるための道具、

巣箱やら湿温計やらヒーターやら様々な便利な物を購入した。

完璧だ。

完璧なはずだったが、

付きっ切りで育てた3日後、2羽の雛は、息絶えた。

私なんて、無力なものだ。

 

飛んでいるスズメを見てみれば、

強い風に吹き飛ばされて、ちっとも前へは進めない。

雨が沢山降っていれば、餌を捕るのも大変だろう。

これで雛が育つのか疑問に思い、

巣に戻るスズメを追ってみれば、

雛の頭が5つ見えて、元気な声が響いていた。

便利なものが沢山あるというのに、私は雛を育ててやれなかった。

 

最近、この界隈は、開発地域に指定されて、

朝から夕まで、工事の音が鳴り響いている。

そのせいか、川は濁り、水鳥は姿を見せない。

道路が出来て、建物が沢山建って、

さぞや便利になるのだろうに、

私の住む部屋からは、もう、カワセミの声は聞こえない。

 

実家では、父さんが、パソコンに興味を抱いている。

「確かに、便利だよ~。買ってみれば?」と言うと、

父さんは、

「でもな、便利になり過ぎると、自分が衰える気もしてな。

ちょっとぐらい不便な方が、いいって事あるやろしな。」と。

確かに、そうだ。

私なんて、パソコンばっかり打ってるからか、

文字が書けなくなってきた模様です。

今夜は、ツースとパンドウッチです。だってさ。

まずいわ~。

これは、かなり、まずいわ~。

 

そして

これも、まずいわ~。

 

掃除機を買って以来、この箱、ずっと、ここだわ~

 

凄い楽しそうだわ~

 

大人気だわ~

遊びには便利なのに、景観は損なわれているというね・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今じゃなきゃ、駄目なんだ | トップ | いつもいる、あいつ »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ツースとは? (源太郎)
2017-05-20 09:42:52
おはようございます。朝から大爆笑しています。
「パンドウッチ」は写真があるのでサンドウィッチと分かりますが、きっと頭の中は「パンとイギリス伯爵のSandwich」が同時につながったのだろうと天才おかっぱ様だと理解して笑いを堪えたのですが、「ツース」という意味がわからない。「ソース」だけなんてことはないだろうし、「スープ」な「s」から始まるので「t」だとキーが離れている。一体どんな料理なのか・・・・。
Unknown (小豆 ママ)
2017-05-20 10:14:29
自然の営みには 人間なんて無力なんものだと思います
どんなに便利な道具が揃っていても
母鳥には敵いません
以前 自宅の門扉の前で 巣立ったばかりの鳥を保護しました
たぶん 上手に飛べなくて 門扉に当たって失神したのだろうと思われました
猫や大きな鳥に襲われては・・と保護しました
一晩 お世話をしたら 翌朝には飛べるくらいまで回復しました
早朝 ベランダから 鳥のさえずりが聞こえるんです
雨戸を開けたら 保護した鳥の母鳥らしき鳥が・・
窓をそっと開けたら 雛鳥は 母親らしき鳥の元へ飛んでいきました
その後 ふたり揃って 青空の下 見えなくなりました
それはそれは 美しい光景でした
母鳥の雛への愛情の深さはスゴイ。。。
きっと 保護した時 母鳥は側で 雛鳥を見守っていたのでしょうね
世の中 便利な道具がたくさんありますが
不便な中にこそ 本当のものがある気もします
便利だと見えないものもたくさんありますしね

掃除機の箱 シンプルだからこそ
猫さんたちに大人気なのかも~
久々のうんちゃん 可愛い~ぃ💕
Unknown (しをん)
2017-05-20 10:45:52
食べつくしてください、って言い回し、ナイスです(^-^)

箱や袋、ニャンコの好物ですものね。ミューは3才の時にうちに来たのですが、最初から興味はなかったです。

子供の時に雀の雛を拾ってお世話してました(^-^)すごく懐いて可愛かったです。大人になってベランダに鳥かごの扉を開いておいておいたら、なくなったのですが、翌日に鳥かごに戻っていて嬉しかったです。二度目は戻ってこなかったのですが、無事にしているかすごく気になりました。

便利なものは一度手にすると、手放せなくなりますよね(^◇^;) スマホを持たずにどこかで1泊したいと思いますが、やっぱり持っていくんだろうなぁ~
Unknown (ぴのこ)
2017-05-20 15:40:24
おかっぱさんの街も開発ですかー。
なんとも言えませんよね、便利にはなるけど
目に見えて自然が奪われるのは…。
おかっぱさんが雛を保護したお話。
本来、雛はおかあさんと一緒にいなきゃなんですょね。
おかっぱさんは最善を尽くしたのだなと思いました。

そういえば
ワタシも全然漢字が書けなくなりました(--;)
パソコンスマホの弊害ですよね(-o-;)
おとうさん、おっしゃる通り!

それに比べて猫はカワイイですねぇ。
段ボール遊びなんて、誰も教えてないのに(笑)
段ボールがしまえなくて邪魔かもしれませんが、みんな喜んでますねぇ~(^o^)
私も。。 (KAZU)
2017-05-20 16:40:14
本は読むようにしてるので漢字は読めるけど字は書けませんね。。
下手な字がもっと下手になって~
一番困るのが香典やお祝いなどの名前です。。
印刷したいくらいです(^_^;


何年も前に旦那が現場でゴメ(うみかもめ)のヒナを保護してきて~~
連れてきたので育てるしかないので巣立ちまで面倒みましたよ。
魚を生きたのがなくてヒモをつけて泳がせて捕る練習させたり、羽ばたきの練習させたりしました~
けっこう懐いてかわいかったです。。
巣立ちの時は一度飛んで塀の上に降りこちらを向いてから高く飛んで行きました。。
まるで「ありがとう」と言ってたみたい。

どうしているかなあ。。
飛んでこないかなって思っていた数週間後・・
ゴミ置き場に5~6羽のゴメがゴミをあさっていてね。
思わず「ゴメちゃん!!!!」って呼んだら~~~
全員振り向きました(;.;)

鳩も保護して巣立ちさせたこともあります。
お別れが悲しかったけどきっとどこかで元気にしていると信じてます。

うちも段ボール。。こっちゃん大好きであちこちに置いてます(^_^;
源太郎さんへ (おかっぱ)
2017-05-20 18:04:03
私、すっかり脳内がローマ字になっていしまっている様なんです、
ついでに、カタカナを忘れ始めているんです(笑)。
パンドは、パンとサンを書き間違えただけなんですが、
wiをウィというカタカナで書けなくて、
ツースは、suをツと書いて、スと読むみたいな、
もう、かなり、まずい状態になっております~(笑)。
おかっぱ、イチから勉強のし直しでございます!
小豆ちゃんママさんへ (おかっぱ)
2017-05-20 18:15:12
そうなんですよね。
あんな小さな鳥が、1回運べる餌なんて、
ほんの僅かなハズなのに、それをどれほど、
繰り返すのか、考えただけで、その偉大さを思い知ります。
ママさんに保護してもらった子も、ちゃんと
お母さんが待っていてくれただなんて、
本当に、凄いですよね。GPSが付いてる訳でもないのにね。
便利なことは、とても有難い事なんですが、
私、たまに不安になっちゃうんです。
外に生きる鳥や虫、いろんな生き物に、
置いて行かれて、どんどん大事な事を
見失っている気がしちゃうんです。
ほんと、尊いものは、不便の中にありますもんね。

そうそう、猫達もシンプルな箱の方が、
いいんでしょうね~(笑)。
もう、こうなってしまっては、片付けられずです~。
しをんさんへ (おかっぱ)
2017-05-20 18:22:56
全部食べてねと書くより、
食べつくしてと書いた方が、より強い要求かな?って
思って書いたんですが、残しやがった(笑)。
ミューちゃん、袋も興味なしですか?
いい子ちゃんですね。
しをんさんも、雛を育てた事があるんですね。
しかもちゃんと、成鳥に育てられたなんて、
凄い~、良かったですね。
私、あの時、たった3日の事なのに、
ものずごく悲しくて、実は柄にもなく、
ちょっとロスに陥っちゃったんです。
本当に、悔やまれました。
便利は、有難いんですよね。
でも、私も、その恩恵を受けながらも、
この有様というね(笑)。

ぴのこさんへ (おかっぱ)
2017-05-20 18:29:01
そうなんです。
この界隈、どんどん自然が奪われています。
便利な事は有難い事と同時に、他への犠牲が
払われてしまっては、申し訳ないという思いも、
強く湧いてきちゃいます。
そして、そんな便利なものを使っても、
助けられない自分が悔しくって堪りませんでした。
ぴのこさん、私も、もう漢字は壊滅的です(笑)。
父は物のない時代を生きてきたから、
更に、そう思うんでしょうね。
猫達は、そんな事はどこ吹く風。
箱がありゃ、楽しんじゃうんですもんね(笑)。
シンプルで、まっすぐで、楽しそうです。
片付けられませんが(笑)。
KAZUさんへ (おかっぱ)
2017-05-20 18:39:06
そうそう、漢字は読めても、いざ書こうとすると、
詳細が浮かんでこないんですよね。
そこに加え、私はカタカナも忘れ始めている模様です(笑)。
KAZUさんは、カゴメや鳩まで、育て上げた経験が
あるんですね。
しかも、魚を捕る練習までさせてから
放鳥するなんて、母の愛ですね。
凄い、感動です。
きっと、あの5~6羽の中にゴメちゃんが
居たと信じたいです(笑)。
鳩さんも、元気に暮らしている、そう思います!
私は、便利なもんばかりに頼って、
結局1羽も助けてあげられず、
申し訳なく、無力さに打ちのめされました。
こっちゃんも、箱さんが好きなんですね。
我が家も、段ボール箱、これで2個め在中が
決定した模様です(笑)。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL