うめと愉快な仲間達

うめときくが、極楽でほくそ笑む中、
残された、我らは、いかに生きるかの記録

これが、私のやり方だ

2017年07月19日 | よねの事

私は、小さな会社の事務員だ。

パソコンも打つが、打つだけにとどまらず、

キーボードにお茶や食べ物をこぼす。

社内の掃除もやるが、掃き終えた頃、

隣の熟女が出勤するなり、

「おかっぱちゃん、床の掃除してちょうだい」と言われる。

そういうレベルの掃除をしている。

電話が鳴れば、取らなければならないが、

ボーっとしていて取り損ねる事も間々ある事だ。

私が居るからと安心してトイレに立った社長が、

トイレから飛び出してきて、受話器を取って、

「あぁぁ、遅かったかぁ」と嘆いた瞬間、

私は、ようやく我に返るんだ。

 

おはようございます。

虫が出れば、「虫ーーー!」と指をさすだけ。

B5をA4にと、拡大コピーを頼まれれば、

一切拡大されていない資料が、ただA4にコピーされるだけ。

白枠が増えただけ。

3枚に増えただけ。

3回失敗しただけ。

 

そんな私は、来客にお茶もお出しする。

この季節は、冷たくて美味しいお茶を飲んでいただきたい、

その一心で、私は水出し冷茶を作っているのです。

お茶パックに、茶葉を適量入れて、容器に放り込み、

そこへお水を加えて、冷やすというやり方です。

お湯で出したお茶を冷やすより、水出しの方が美味しんです。

ところが、そこにも問題が発生している。

茶葉を詰めたお茶パックの口をしっかり閉じても、

冷茶が完成する頃には、容器中茶葉だらけ。

ある意味、「食べる冷茶」の出来上がりだ。

「つぶつぶ入り冷茶」とも言える。

「がっつりカテキン茶」でも、いい。

ようは、「どっさり茶葉入り冷茶」という事だ。

 

その、見た目、緑が濃すぎる衝撃的な冷茶を前に、

隣の熟女は言った。

「ねぇ、今度さ、私やってみるわ。

私が作っても、こうなるのなら、

おかっぱちゃんのせいじゃないって事よね?」

悪戯な笑みをたたえる熟女を見て、私は思った。

 

これは、まずい。

ぜってー、やらせねー!

 

さて、我が家のよねさんは?

かまって欲しい時

 

一旦、離れて

 

ゴロンして

 

アピールだ

 

アピール

 

アピール

 

あぁぁぁ、まんまと引き寄せられちゃった

 

 よね「これが、あたしのやり方じゃ」

 さすが、婆さんよね。

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

超簡単更新(あとから、加筆もしたよね)

2017年03月19日 | よねの事

書けぬ。

描けぬ。

 

おはようございます。

どうしても、何も書けんのです。

何も、考えられないのです。

どうしてかしら?

 

よね「は~あ~」

 

よね「ちろっ」

 

よね「うふ~ん」

 

よね「ちろりん」

 

こ・れ・だー!

どうやら、私は、

よねにベタ付きされると、

脳内が、空っぽになるらしい。

 

恐るべし、脱力の女王!

 

恐るべし、よねの余波!

 

という事で、今日は、

とにもかくにも、よねの恐ろしさをお伝えしたいという、

超簡単更新とあいなりました。

申し訳ありませんです。

と、書きながらも~?と思っても、

マジで、脳が空っぽ。

恐ろしや、よねの・・・えっと、よねの・・・・

なんも思い浮かばねー助けて!

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

簡単更新よね

2017年01月12日 | よねの事

最近、運転中に

ジャニス・ジョプリンのアルバムを聴いている。

 

おはようございます。

あれ程の伝説的アーティストとなると、

あんまり歌わないんだよねって、

あんまり歌わないのに、

めちゃくちゃ心を掴まれちゃうんだよねって、

しみじみ思う訳です。

 

我が家のよねさんは、あんまり動かないよね。

せっかくの日向ぼっこだよね

 

顔も、日差しを浴びなよね

 

もうちょっと、動きなよね

 

ん~、手じゃないよね

 

そうそう、もうちょっとだよね

 

ほれほれ、よねよね

 

いいよね

 

よね「まぶしいわぁ~」

コラコラコラコラ、

そこは、まぶしいよね、だよね。

 

※北海道札幌市で、迷子のネコさんの

拡散希望記事(←こちらをクリック)がございます。

ご協力お願いいたします。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

世渡り上手な猫

2016年12月19日 | よねの事

一昨日あたり、

ようやく気が付いた模様です。

 

おはようございます。

最近、「きくのお部屋」作りのために環境が変わりゆく事で、

他の猫達も少々落ち着かない模様だ。

1匹を除いて・・・。

 

よねという15歳のメス猫は、さりげなく個性が強い。

大人しいといえば、大人しいのだが、

大人しい猫というより、「そういう動物」として括りたい。

 

子猫を拾ってきたって、気にもしない。

来客が来たって、コネコネされたって、動きもしない。

若猫が2匹でバタバタ遊んでいたって、

短い脚で平然と、間を割って通り抜けてゆく。

 

きくのお部屋作りでバタバタしていようが、

よねには関係がないのだ。

そんな中、一昨日、ようやく衝立の囲いを2度見した。

絵に描いたような、2度見だった。

 

よねさんや

その毛布さぁ、

ちょっと置いておいただけなんだぁ。

 

しまいたいんだぁ。

こういうのは、見逃さないんだね。

 

ご機嫌さんを見つける速さは、天下一品なんだね。

 

あっ、後ろで白い男が狙ってるよ。

 

よねさん?よねさん?

よね「来たら、ぶっとばす」

そうねそうね、そういう時も、早いよね。

何事も気にしない、

それがよねの処世術なのでしょうね。

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加