うめと愉快な仲間達

うめは極楽に旅立った。
残された、我らの日常の記録。

台風一過の朝

2017年09月19日 | 日記

やっと、

台風は、去って行きましたね。

皆様、ご無事だったでしょうか?

 

おはようございます。

今回の台風は、

この地域では、一昨日の夜中に最接近したようだが、

「こらーー、俺だ俺だ、俺、着てやったぜーーー!」

という感じで、とても騒がしかった、らしい。

我が家のおじさんも、

窓が割れやしないか心配で、あまり寝られなかった、らしい。

猫達も、音が凄まじくて、そわそわしていた、らしい。

そんな中、おたまと私だけは、ぐっすり眠っていた、らしい。

 

という事で、どこ吹く風の私だったらしいが、

台風一過で、すっかり晴れた朝に、

一応、実家へ安否を確認しに行ってみると、

母さんは、一睡もできなかったと言う。

 

一睡も寝てないんか、母さん?

「そうや、全然寝てないんや」

 

そんなに凄かったんだね、音が。

で、いつ頃から静かになった感じなの?

「ん?」

 

風が収まったのって、いつ頃?

「知らん」

 

そっか・・・

寝たな。

少なくとも、一睡は、したよな、母さん。

 

お陰様で、我が家は無事だったようだ。

 

嵐を呼ぶ娘、あやさんは、

一番怖がっていた、らしいが・・・

あや「おたま?舐めさせなさい!」

 

あや「あぁぁ、気持ちが落ち着いてきたわ~」

 

あや「くさい、おたまくさい。落ち着くわ~」

 

おたま「今度は、オラが・・・」

あや「嫌だ!」

 

おたま「オラも、舐めたいぞ」

あや「やめて!」

 

あや「鬱陶しいってば!」

 

ドタドタ、ドタドタドター

あや・おたま「うんこ姉ちゃん?」

台風が過ぎ去った朝、

うんこは、尻にうんこを付けて、家中を走り回っていた。

家の中は、嵐と化したが、

床を拭きながら、なぜか幸せを感じる、そんな朝であった。

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加