うめと愉快な仲間達

うめときくが、極楽でほくそ笑む中、
残された、我らは、いかに生きるかの記録

奇跡と必然

2018年01月21日 | 日記

先日、母さんが、

「あそこのお宅の娘さんって、

確かお前と同い年位だったよなぁ。

この前、お母さんとばったり会ったら、

忙しそうにしててよ。

わしは、誰かは聞き取れんかったが、

とにかく15歳で亡くなって今から火葬場行くって言ってたけど、

あれか?お孫さんが亡くなったんかのぉ?」と言った。

 

おはようございます。

「母さん、それは、犬だ。愛犬のココちゃんだ。」

たまに会うと、必ず私に唸っていた威勢のいい、あの子も、

ついに旅立ったか・・・

 

私は、死というものを、必ずしもネガティブには捉えていない。

もちろん、愛する存在に先立たれれば、涙が流れる。

しかし、それは必ずしも、悲しいだけの涙ではない。

 

この世に生まれたからには、必ず死が訪れる。

例えば、

1匹の猫と出会った瞬間、

死へのカウントダウンが始まると言っても過言ではない。

いつ、どう死ぬかなんて、誰も分かりはしない。

ただ、少なくとも今は生きている。

いつ果てるか分からぬ、その命が尽きるまでは、

必ず生きているという事は、はっきりとわかる訳だ。

 

いつ死ぬか分からないのなら、

今生きているという事は、奇跡だ。

ぼんやりとしか分からぬ死は必然、

はっきりと分かる生は、実は奇跡。

私は、そう捉えている。

必然の時のために、奇跡は繰り返され、

必然の時があるから、奇跡は輝く。

奇跡は、必然があるからこそだ。

奇跡の輝きが今ここにあるから、

必然が、いつかが分からないから、

私達は、今を懸命に生きようと思えるのではないだろうか。

 

休日の私だって、輝いているはずだ。

傍から見れば、腐乱死体と見まがうほどの昼寝姿も、

それはそれで、きっと・・・輝いてるんだってばさ!

 

うんこを拾った時、

あの時は、さすがに戸惑った。

あまりに小さかったのだ。

獣医からも期待するなと言われるほど、

良くない状態でもあった。

当時、必然は遠くないと覚悟したが、

11年経った今も、彼女は奇跡を繰り返している。

そして、輝いている。

鼻なんて、いつもテカテカだ。

鼻炎で、鼻がテカテカだ。

 

そんな、うんこさんのお気に入りの場所がこれだ。

うんこの飛ばす鼻水で、いい感じに汚れている、これ。「鼻水チェア」

 

ところが、最近になって、

なぜか、よね婆さんが、鼻水チェアに興味津々。

興味の視線が、矢のごとく、突き刺さり

 

ついには

奪われた?

 

うんこさん、奪われたんか?

うんこ「貸してあげてんのよ、母さん」

 

うんこは、よねが欲しがるようになってから、

鼻水チェアに座らなくなった。

 

いいのか?

うんこ「いいのよ、母さん」

 

ほんとに、いいのか?

うんこ「いいのいいの、いいんだもん」

優しいうんこは、我慢しちゃうんだよな。

でもね、うんこさん?

奇跡の贈り物が、届くからな。

待ってろよ。

・・・・・・・・・・・・・次回へ、つづく

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加