社員のおしゃべり

日々の生活の中でのできごと

さま変わり

2015-09-30 13:54:42 | 日々の生活で・・・
 今日は所要で出かけることが多く、歩いていった先でのこと。 私が学校を退職したころには「ここには大きな駐車場があったなあ。 そしてこのあたりには古い家が建ち並んでいたなあ・・・」と気付き、思わず立ち止まった。 わずか5年位してのことだったと思う。 今ではそこにはマンションが建ち、綺麗な駐車場もできている。 なんだかおしゃれな雰囲気になり、見紛うほどだ。 わずかな年数でずいぶん変化してしまい、おそらくその土地を売却された方が今ご覧になったらお驚かれることだろう。

 我が家のある辺りも数十年前には山だった。 そして団地になり、今のような変化を遂げたと聞く。 団地の下の方はというと以前は海。 そして埋め立てられ宅地になったと聞く。

 先日ある方がおっしゃっていた。 「最近の大雨はすごいねえ。 雨量が桁外れだから、下水溝があふれても致し方ないよ。 建物を建て、下水を作る際に、はける水量というのが今と昔とではまったく違ってきているんだ。 だから大雨になるとあふれ出し、家屋の浸水も増えるんだ。」と。 

 「そうなんだぁ・・・。」 その方いわく「浸水をなくすためには日本中の下水溝を作り直す必要があるんだ」。
 
 「あのあたりは昔は、水害がひどく大雨になると水が氾濫していたあたり・・・。 だから昔から住んでいる人たちは少し土地の高い場所にいるよねえ。」とのこと。

 この言葉にはびっくり。 確かにそうだ。 位置的に変化しており、最近開けたあたり、宅地化されたあたりは低い。

 「家を建てるというのは一生もの。 よくよくその土地の歴史的なものも紐解いて検討しなければいけないねえ。」と長女。

 「図書館などへ行き、検討する土地の成り立ちを調べる必要があるね」と話は盛り上がった。

 以前は利便性だけしか考えなかったが、「そうだよねえ・・・」。 納得!!


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

即実践

2015-09-29 09:53:07 | 楽しく楽しく
 昨夜は「スーパームーン」。 前日を勘違いして「随分お月さまが綺麗ねえ」と盛り上がっていたんだが、本物は昨夜。 丁度主人が帰宅した際に、「綺麗だったよ。」と言う。 すぐに二階に上がって窓から眺めてみた。 「綺麗な大きなお月さま」・・・。 この世のものとは思えないほど、綺麗だった。

 昨夜は丁度よい時間帯に見たようで、11時前には小雨が降って、又そのあと晴れたようだ。 

 そんなスーパームーンを前に、日中、事務所に来られた方が「空の財布をお月さまに向かって振ると金運アップになるらしいですよ。」と教えて下さった。

 「じゃあ今晩はやらなきゃあ・・・!!」と言うことで、即実践。 空の財布を持ってしっかり振っておいた。 その姿を見て次女曰く「犬や猫が頂戴、頂戴!ってやってるみたいねえ」。 本当にそんな感じだったかも。

 はて? 今年後半、金運アップになるか???

 調べて見ると、スーパームーンに願いを込めて・・・「金運アップ」に加えて「恋愛成就のおまじない」「恋愛運アップ」などと言うのもあるらしい。 娘たちに、「恋愛成就のおまじない」「恋愛運アップ」を思い切りやってほしいなあ・・・。

 確かにあれほど神秘的な魅力的魅惑的なお月さま・・・。 願いを込めたら叶いそうな気もする・・・。



************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進歩・・・

2015-09-28 10:44:39 | 楽しく楽しく
 私は高校時代からコンタクトレンズを使用し、白内障手術で、いたしかたなく今は眼鏡で生活している。 手術をしてからもうかれこれ5年くらいにはなるだろうが、やはりコンタクトの生活の方が良かったなあと思う。 手術前にも、裸眼と眼鏡との距離感の違いが嫌でたまらなかった。 だから運転する際には、必ずコンタクトをしていたものだ。 未だ持って違和感があるため嫌だ。 外出先から帰宅するとすぐに眼鏡をはずす。 まあ埃も汚れも見えないため以前よりも気が楽と言うか、掃除にも熱が入らずにいる。 

 近視でコンタクトを使用し始めても、自宅以外では眼鏡はほとんど使用しなかった。 学生時代に「コンタクトにしたいが目に合わないため充血がひどく、いたしかたなく眼鏡派なの」と言う友人がいた。 しかも当時は眼科医が「ソフトは進めませんねえ・・・」とおっしゃっていたため、その友人はよほどのことがない限り眼鏡派。 そんわけでハードが良いのだと信じており、ずっとハードレンズを使用した。 そのため娘たちにもソフトはよくないのだと言い、ハード使用を進めている。

 私が使い始めたのはまだまだコンタクトが一般的ではなかった時代。 数十年使用して、もしかしたら・・・目に何かトラブルが起きるのではないかなどと思っていたが、医学、化学はどんどん進歩。 今では「ウインクでズーム」などと言うようなレンズまで開発されているのだとか。 片目をウインクをすることで見ているものを拡大したり、縮小したりすることが可能なコンタクトレンズが開発されているのだとか・・・まるでSF映画の世界・・・、何やら昔のスパイ映画のような・・・。
 
 また暗闇でも見える「コンタクトレンズ型暗視装置」の試作品を作成も行っているのだとか・・・。とにかく凄い!!

 白内障にしても、ほんの数十年前までは目が見えなくなり失明の危険があったと聞く。 でも日帰りの手術で帰宅も可能なほどになった。 私が手術した折には、「レンズの焦点を遠くに合わせますか、近くに合わせますか、中間ですか」と聞かれたが、今ではかなりそのあたりも融通のきくレンズに変わったと聞く。

 表面的なそれこそ「サイボーグの一種にも思える」発明・・・オーバーだろうか。 いやいや子供のころの「サンダーバード」とか言うようなテレビドラマで見たあのお人形の目を思い出す。 

 外出先から帰ったら、「まずは目を洗います」と言ってコロリと眼球を出して洗う様になったりして・・・。 想像は膨らむ。


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せを感じる季節に・・・

2015-09-27 14:10:38 | 楽しく楽しく
 秋は収穫の季節。 まあ我が家には収穫できるものはないけれど・・・。 八百屋さんに並ぶ野菜の種類が少しずつ増えている。 「わあ幸せだなあ・・・」 

 なし、柿、栗、ミカンが少しずつ出てきている。 サツマイモも美味しい。 好物のイチジクも今最盛期だ。 土曜日にはついつい箱買い。 木からもぎ取る作業だけでも大変だろうに・・・。 いつも散歩する際に通過する川沿いのイチジクの木々はまだ青い。 実もまだまだ堅そうである。 「種類なのかなあ」と他人事ながら心配している。

 島にいた折には生徒宅から、バケツで届いていたイチジク。 「えっ?これ全部ですか?」とおばあちゃんに聞いたこともある。 「そうじゃよ。ジャムにするといいよ。」とは言われたが、まだそんな知恵もなく、皮をむいて冷凍。 毎日1個ずつ食べたなあ・・・。 そのおばあちゃんと生徒の顔を思い出しながら、今回は初挑戦。 イチジクのジャムに挑戦することにした。 ネットであれこれ調べた挙句、何とかジャムらしきものはできたが・・・ジャムと言うよりその一歩手前の段階。 レモン汁をたっぷり入れすぎてちょっと、いやかなりすっぱみを強く感じる。 こういうところは実にいい加減。 O型そのもの。 分量を守らないところがあるのだ。 

 今年は時期を逃して挑戦しなかったが、梅ジャムに、イチゴジャムを昨年は作った。  プチ旅に出てはブルーベリーやカシスのジャムを購入している。 そういうわけで今年初のジャム作りだ。 まあそれ風にはなったので、明日は長女の作った食パンに乗せていただくとしよう。 それにしてもなんと贅沢な・・・。  

 それ用に小瓶を洗って片づけていたのでとても役立つ。 「なんでも取っておくからものがたまってくるのよ」と言われつつ、かわいいのをとっておいて大正解。

 朝から皮をむいてゆっくり手作りだ。 

 さまざまなものが店先に並ぶ季節。 楽しみだなあ・・・。  


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所


  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひと昔前に・・・

2015-09-25 10:06:18 | 日々の生活で・・・
 昨夕いつもの散歩に出かけての帰り。 楠木群を回り40分くらい歩いたところで、橋のすぐそばから声がかかった。 「ナスを持って行かんかねえ・・・」。 当然自分に声を掛けられたとは思わず、川沿いの畑を見ながら歩いていると、「そっちから降りておいでえ・・・」とまた声がかかる。 「えっ私???」 「みんな持って帰りんさい遠慮せんでええよ。」とおっしゃる。

 全く持って見ず知らずの方、当惑するも「袋を持っとるかね? なかろうから(ないだろうから)これに入れんさい」とおっしゃる。 「はあ」と言いつつ袋に入れながら世間話をしているうちに、「あれも持って行きんさい、あっこれもいいよ。 美味しいよ」とおっしゃり、あっという間に袋は一杯になった。
料理の仕方まで教えていただき、あたたかいひと時。
 
 何だか、もう30年くらい前に戻ったみたいな気分だ。 教師になって島に着任した折の様子が重なった。 島の方々にあたたかく迎えられ親切にしていただいた当時を思い出した。

 昨今の殺伐とした事件ばかり起こるような時代とは違い、何となくほんわかしていたような・・・。 まあ島にいたからなのか、私も若かったからなのか世間がどことなくのんびりしていたように思う時代だった。

 さまざまなことが要因になり、今のような怖い、警戒心を持たないといけない状態になったのだろうが、悲しいことだ。 そしてしんどい時代。 私が娘時代には、両親の育った田舎では、畑作業などに出かける際には、家の出口はもちろんガラス戸から障子に至るまで開け放ち、実に開放的だったものだ。 隣との距離も少々はある。 だから家の中に猫が入ろうが分からない。 まあ今思うと「ギョ!!」であるが、お台所も入り放題。 でもさして騒ぎにもならなかった。 


 そんな長閑な平和な時代があったのが嘘のように、私もおばたちには「世の中物騒なんだから、しっかり鍵をかけるように」と言う。 田舎にもだまし文句を言ってお年寄りからお金をとる事件が多いのだと言う。 随分様変わりしたものだ。

  警報装置を取り付けたり、家の周辺にランプを取り付けたり・・・そんなことが必要ではない時代が懐かしい。 一歩外に出ると「周囲に変な人がいないかと警戒しなくてはならない」何だかずっと神経を張り詰めていなければいけないようなそんな世情。 家の中にいても危険な事件が起こる。 

 どんどんエスカレートして悪行がのさばっていくのではないか・・・。 ほんの一瞬の出来事ではあったが、畑でのお喋りには昔の長閑さ、穏やかさが感じられた。 

やぶ蚊に襲われて、痒くなって帰った。 すぐに氷で患部を冷やしたので痒みは消えた。 丁度お夕飯になったのかなあ・・・。


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

来春・・・咲くように

2015-09-24 10:16:47 | 楽しく楽しく
 今朝方ホームセンターの広告を見ていると、チューリップの球根が出ていた。 3年前に購入して植えた球根を2年連続咲かせて楽しみ、今年の春は、掘り返して保存している。 そのため広告で、植える時期を見計らっているのだ。 本を見れば良いのだが・・・、その時どきにふさわしい作業を教えてくれるため広告は役立つ。 

 富山が有名で富山産と言うのが多い。 ユリ科と言うだけあって見た目はもうチューリップとは思えない。 「まさにユリ!! どう見てもユリでしょ!!」と言うような品種もある。 以前富山へ行った折に見たような珍しい品種がどんどん市場にも出回っているようだ。 

 娘たちが幼い時分には「咲いた 咲いた チューリップの花が♪ 並んだ並んだ 赤白黄色♪」と歌っていた。 チューリップと言えば赤白黄色だったのだ。 だから私も子供のために植えていたなあ・・・。

 でも今時の子供は・・・? チューリップと言っても一体どんなものをチューリップとしてとらえ、絵として描く際にもどんな形を描くのだろう。 ふとそんなことを・・・。

 時代時代で変化するひとつの現象かなあ・・・。

 来春も可愛いチューリップが咲いてくれるように、もう少ししたらチューリップの球根を植えておきたいと思う。 植えっぱなしでよいムスカリの間に植えて、紫との相性もぴったり。 赤と黄色の混合品種だ。 

 花はいいものだ。 見る人の心も何だか優しくしてくれる。 

 華やかに来春から初夏へ・・・わが家の庭を、玄関先を彩ってくれる。 秋から冬の寂しい季節を迎えるが、その後の明るく華やかな季節を待ち望む、ささやかな思い・願いをこめて、今から少しの期間、その準備をするとしよう。 


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初挑戦

2015-09-23 10:43:07 | 楽しく楽しく
 昨日は、長女がホームベーカリーでおうどんを作ってくれた。 「凝り性」なため、じっくり時間もかけてネットで調べたり、本で調べたり・・・。 昼食後に準備し、ホームベーカリーにセットして、コネコネ。 

 材料を投げ込み、スタート。 こねる時間は案外短くて15分くらいで終了。 これは短い。 学生時代にはビニル袋に入れて足で踏み踏みして作ったことがあるのだとか。 この話に驚いてしまった。 そして、出来上がった生地を2時間寝かせたら生地は出来上がり。 

 様子を見ていて「めちゃくちゃ早いねえ。 こんなに早くできるの?」と私。
 
 「そうよ。 もうできたも同然。 今から打ち粉をして伸ばして切るの。」と言う。

 食卓でラップを広げ、打ち粉をしながら伸ばし、じっくり構えてなるべく均等に切っている。 しかし身長の割に食卓が低いため、しんどそう。 「腰痛になりそう。」とぼやきながらの作業だ。 

 伸ばして切る作業の方が時間がかかり、大変そうだった。

 カツオと昆布でだしも取り、手作りそのもの。 夕飯でいただいたおうどんは腰もあり美味しかった。 

 今回はきしめんのようだったが、次回はいわゆるうどんの麺らしく工夫して作ってくれるのだとか。 楽しみにしていよう。

 それにしてもいろんなものが作れるのに驚いた。 私はせいぜい食パンを焼いたり、ピザの生地を作ったりするだけなのだが。 もっと本を見ながら楽しむとしよう・・・。



************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知恵を伝えておかなければ・・・

2015-09-22 09:55:59 | 日々の生活で・・・
 昨日お墓にお参りしての掃除中、主人が「ハゼがあるから気を付けろ」と言った言葉を受けて、わが家では盛り上がった。

 小学校時分に下校の際には様々な道を通り抜けていたようで、長女は危険なものに関しては年長の人からの話を聞き、気を付けていたようだ。 しかし次女はそれについて行動していたようで、「お姉ちゃんの行くように、通るようにしていたからハゼを知らない」と言う。 

 今回の作業で知ったからこれも一つの知恵として残るだろう。

 そんなこんなで、ほかにも身近に毒をもつ植物がたくさんあるという話になった。 偶然友人が届けてくれた「あけび」から「馬酔木」の話題に飛び、「本当に馬や牛が食べると麻痺が出る」と言うような話になり、「夾竹桃」も昔は学校の校庭の隅や、街路樹として植えてあったが、「毒がある」ということで見かけなくなっている。 何も知らないから以前は大掃除の作業で切ったりしていたのだが・・・。

 そしてもっと身近なものには、自宅の庭にもある、百合やスズランなどの球根。 また知らなければお料理の盛り付けなどにも使用してしまいそうな紫陽花の葉。 チューリップの球根は幻覚作用があるらしく、販売店も妙に思えるような買い方をする人には警戒するのだとか。 麻薬のような作用があるらしい。 また近年流行りの花、薬にも毒にもなるというクリスマスローズ・・・これには驚いたのだが。 意外なものが毒になる。

 やはり平素の生活内でそうしたことを伝えておく必要を感じた。


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだか気持ちが穏やかに・・・

2015-09-21 11:02:37 | 楽しく楽しく
 昨日は私の実家のお墓へ、そして今朝は主人の両親のお墓へ早朝から お参りした。 途中にある朝市のようなところでお花を買いたし、自宅の庭で作ったお花とお供えする。 お米、果物、お菓子をお供えする。 しかし以前テレビで、「お供えした品物は持ち帰り皆でいただいてください」と言うのを見てからは、お米以外は持ち帰ることにした。 まあカラスやイノシシ、タヌキ、サルなどに加えて、アリもいる。 確かにそうしたものかもしれないと思う。 その番組を見るまでは、お供えしたら、そのまま置いておくものだと信じていたのだが・・・。

 昨日は、幼少期によく泊りがけで訪れた祖父母の家の跡、遊んだ坂道、川や山々・・・田畑・・・懐かしい景色を娘に説明しながらお参りし少しばかり草ぬきもしてさっぱり。 昔はものすごくおっきな流れだと思い怖かった「大川」という名の今では小さな細い川・・・。 犬の散歩では、小学生時代に夏休みのラジオ体操をしに通ったお宮にも行ってみた。 境内がものすごく広かったと思っていたが、とても狭いのに驚いた。 「きっと体が大きくなったからよねえ」などと言いながら来た道を戻る。 いつもとは違う空間と時間にこのようなひと時が持てるのはとても貴重に思えた。

 そして今日は主人の方へお参り。 なんだか大藪になり、先の方は道が狭くなって無くなっているのではないかと思えるような・・・。 無縁仏状態になるものも多いのかもしれない・・・などと思いながら、剪定ばさみやくわ、箒、がんぜきをもって皆で大掃除だ。 「ハゼの木があるから気を付けろ」と言う主人の声にびっくり。 平素はほとんどご縁のないもの。 みんな夢中になってあたりを切ったり刈ったり。 ひと時してずいぶんあたりが開けて明るくなった。 義父母もきっと「明るくなったねえ」と喜んでいることだろう。 「長いことごめんなさい」とお参りしておいた。 

 両家のお墓で、心を込めて掃除をしお参りをするとなんだか気持ちが穏やかに楽になった気がする。 


************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信じられない、そんなことも・・・

2015-09-19 08:17:34 | 日々の生活で・・・
 事務所から近くのスーパーにちょっと買い物・・・そんなとき歩道を通る。 田舎の歩道だから狭いし、だからといって道路も自転車道は整備されていない。 しかしだ・・・。 相変わらず日傘を自転車に取り付けて走ってくる。 普通に考えても、自転車がこの狭い歩道を走ること自体危険なのに、傘の骨の先端は歩行者の目の高さ、大変危険だ。 実際に失明事故も起きてると聞く。 これは法規に違反しないのかと思ってしまう。 結構なスピードで通過して、こちらが「危ない!!」と思って逃げた。 

 広い野原のような道を走ってくるのならともかく・・・だ。これは絶対危ない!!

 相手を見ると結構なお年・・・。


 そして一昨日やはりそのスーパー近くを車で通過する際に、横断歩道の手前で赤信号で停車していたが青になったのでスタートしようとした。 するとなんと反対車線側になる横断歩道になぜか止まっていた自転車が突然動き出した。 こちらは青・・・つまり横断歩道側からすれば赤!! でも普通に自転車に乗って渡ろうとしたのだ。 びっくりして急ブレーキを踏んだ。 「嘘!!!!」信じられない行動にこちらはもう驚いたというものではなく、今も思い出すとドキドキする。 警笛を鳴らしたが、こちらを向いて「すいません」とおばあちゃん。 平然としている。 なんだか「自分自身が間違っていたのか?」と錯覚するくらい普通にだった・・・。

 なんだか衝撃で、こんな調子で車の運転をするのは嫌になりそうだ。 そんな話を夕食時にしたところ、ちょうど同じあたりを用事で歩いていた長女が夕方同じようなことがあったのだと話す。 一体どうなっているの? 

 家族で話をしていて、結論は「もしかしてお年寄りの認知症?」かもしれないということに。 でもああした状況で事故を起こしたら運転手側は気の毒である。 若い人ならなおさらだ。 困ったものだなあ・・・。 

************  
岩国市、周南市、下松市、光市、防府市、山口市、柳井市、その他周辺地域の不動産に関してはご相談ください。⇒山口県岩国市岡村不動産鑑定事務所
コメント
この記事をはてなブックマークに追加