コタルのルン

スコティッシュフォールド、コタロウとの日々を綴る徒然日記です。「スコティッシュ・マメゾウ日記」から改題しました。

新緑の日光~山王峠~霧降ツー@NSGGツーリングクラブ

2015-05-23 | バイク、ツーリング
当初予定されていたNSGGのツーが中止となったが、
仕事も休めそうだし、週末の天気予報はは絶好のツー日和。
急遽いつもの栃木方面ツーを企画した。

ルートは、東北道佐野SA 7:30集合~栃木IC~R58粕尾峠~横曽高原~大峰神社~日光清滝~R120いろは坂
~戦場ヶ原~山王峠~川俣温泉~R23~R169大笹牧場~霧降道路~日光IC、約152km。



参加者は、トライアンフ タイガー1000のhashiさん、BMWF800GS-Aの私=yama、
の2名のはずだったが・・、佐野SAにGSX1000でカズさんが急遽登場。
粕尾峠あたりのワインディングは、カズさんの日常カットビエリアでもあるらしい。


カズさんのGSXを見るのははじめて。なにせアプリリアモト650とか、ヤマハRD350とか、スズキDR250とか、
超レアなマシン持ちのイメージだったので、正統SSも所蔵とは。
そして見せていただきました、噂の1輪走行。
スリップ防止の砂が残る1.5車線の粕尾峠を、駆け上る雄姿は感動的でしたよ(笑)。

カズさんは午後から予定があるとのことで、前日光牧場でお別れ。
カズさん情報で、粕尾峠の足尾方向はスリップ防止砂が多いとのこと。
ルートを変更し、hashiさんと大峰神社方面へ下る。
大峰神社の先から基幹林道前日光線を経由して、日光清滝へ。
この道も全線舗装ではあるが、落石や落ち葉や枝が多く走りにくい。

清滝からはR120いろは坂を登り、中禅寺湖~戦場ヶ原へ。
いろは坂はすいていて快走できたが、
ホンダビートにあっさりとぶち抜かれる。チューンした軽自動車って早いのね。・・


戦場ヶ原から光徳牧場を抜け、山王林道へ。
この道は冬季間閉鎖で、4月末頃に開通したばかりなので、
スリップ防止の砂が無く、快適に走ることができた。
標高が高いので、山肌には雪が残っているところもあり、芽吹いたばかりの新緑がまばゆい。
ただ、延々とワインディングを走ってきたので、
このあたりで食傷気味に。少し飽きる。
お昼は霧降でジンギスカンの予定が、すでにお昼近い。
川俣温泉から少し下った「またぎの里」にて昼食。
いのししや、きじや、熊やらシカの肉を焼いてもらい、ご飯とともに食す。
昼食後は、川俣湖の近く「上人一休の湯」へ。
他のお客がいなくて、のんびりと温泉を楽しむ。
露天で長湯をしていたら、結構日焼けしてしまったよ。

ちょうど今頃、栃木の山中は「山つつじ」が見ごろ。

前日光牧場から少し下った、井戸湿原の入山口にて。

今日走ったルートのところどころで、オレンジの山つつじが咲いていた。
霧降高原では、「山つつじまつり」も開催されていたとのこと。


hashiさんのタイガー、私のF800GS-Aともにデュアルパーパス、いわゆる足長系のカテゴリー。
山の中に置くと、より映えるなあと思った次第。

本日の走行376.0km。
GS800-A燃費、22km/l。

本日のルートはこちら

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 善光寺御開帳へ | トップ | いつのまにやら初夏の趣き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL