コタルのルン

スコティッシュフォールド、コタロウとの日々を綴る徒然日記です。「スコティッシュ・マメゾウ日記」から改題しました。

赤城南面千本桜お花見ツー@NSGGツーリングクラブ

2016-04-09 | バイク、ツーリング
近所の桜は盛りを過ぎたが、北関東あたりは今が見ごろ。
NSGG今月のツーは、鯛さん企画で赤城へお花見ツー。

今回は新たな参加者も含め、久々の大所帯、総勢9名。


参加の面々。鯛(VFR1200)、hashi(タイガー)、カズ(GSX1000)、左京(R1)、yama(F800GS-A)、まっつん(V-Strom)、
初参加の、ゆう(CB1300)、ゆみ(BMWR1000)ぶるべえ(NC750X)。(敬称略、順不動。)

桜祭りの会場に至るまで、1キロほど渋滞にはまったが、
1000本桜を(ホントにあるかは知らないが・・)満喫。


お昼は、一旦桐生に降りて、名物「ひもかわ(うどん)」の人気店「ふるかわ」にて。
オープンの11時前に到着したが、駐車場はほぼ満車。店舗外に人が並んでいる。
名前を書いてしばし待ち、なんとか1巡目で入ることができた。
初めて食す”ひもかわ”とは、まー、細く切ってないうどんかな。
幅10cmくらいの幅の麺である。
視覚的には面白いけど、食べにくい。
大盛りだと、6~7枚お皿に乗っており、結構満腹になる量だった。
(あ、追加でミニ丼をつけたんだった。食べ過ぎである。)

昼食後はR122を北上し、途中から県道268号に入り、小中大滝に向かう。
途中の舗装林道は、落石・落ち葉と、難題もりだくさん。
(鯛さんのHPに動画がありますので、見返して再度楽しめます。)



ココ、滝も凄いんだけど、
滝見場所まで行くための道程がスゴイ。
急斜面につり橋が架かっており、
まるでスキーのジャンプ台のようだ。
滝見学の後は、R122からR15に入り、冬場のスリップ防止用砂の浮いた(というよりも厚くたまってる)
峠を越える。
途中タイトターンでお尻を振り、足をついてカバーしたものの、
その後コーナーのタイミングが狂い、もーボロボロに。
山を下ったころには、精根尽き果ててました。


粕尾峠を下り、栃木ICに向かう途中の川の様子。
水の流れに春を感じる。
この川、けっこう渓流釣り師が入っていた。
そのうち、渓流釣りもやってみたいところである。

本日の走行、337.3km。
F800GS-A燃費 20km/l、渋滞があったためか悪いな。

本日のルート:鯛さん作成
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大菩薩ラインツー@NSGGツー... | トップ | 試乗会~アプリリア、モトグ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL