建築弁護士・豆蔵つれづれ

一級建築士・弁護士・豆蔵自身の3つの目線で、近頃の建物まわりネタを語ります。

「建築家・山田守の住宅」展(南青山)

2017年04月19日 | 小ネタ

建築弁護士の豆蔵です。
更新が滞っているので、先にお知らせ(予定どおり見に行ければ、見たもの雑感を追加します)。

「聖橋」を設計した建築家・山田守、その没後50周年を記念した「建築家・山田守の住宅」展が、先週末から23日(日)まで、南青山(東京都港区南青山5-11-20)の自邸にて開催中とのこと。

建築史の教科書でもお馴染みの作品が沢山ありますが、現存する有名どころでは、日本武道館と京都タワー。
しかし、豆蔵が衝撃を受けたのは、地盤の藤井衛先生を訪問するため赴いた、東海大学の藤沢キャンパスでした。
ここはロシアか!と…。
(スケール感が伝わらず、あまりよい写真ではありませんが、参考まで。) 

開催時間は、水~金が1318時土・日は1117時と短めなので、ご注意を。
入場料、一般700円、学生500円だそうです。

詳細

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKスペシャル・地盤リス... | トップ | 四号建築物を考える日弁連シ... »

あわせて読む