建築弁護士・豆蔵つれづれ

一級建築士・弁護士・豆蔵自身の3つの目線で、近頃の建物まわりネタを語ります。

「宮脇檀のドローイング展」雑感

2017年07月26日 | 見たもの雑感

建築弁護士の豆蔵です。
またまた、見たもの雑感が続きます。

 ←クリックで拡大

千駄ケ谷・キラー通りのJIA・建築家協会にて、先週末まで
「宮脇檀 手が考える 建築家・宮脇檀のドローイング展」が行われておりました。

(割と)若くして亡くなられたのは19年前。もうそんなになったんですね。

宮脇さんの作品は個人住宅が中心でしたので、残念ながら現物を体感したものはないのですが、
手書きの数々の図面、フリーハンドのスケッチを見ていて、非常に懐かしくなりました。
建築学科に入ったばかりのころ、カッコいいなと思って、プランニングも表現も、かなり真似をした(しようとした)記憶があります。
また、昭和っぽい(?)部分も、今、改めて良いなと思いました。

JIAのホールという小ぶりの会場でしたが、開催者側も、集まった方々からも、宮脇さんの作品やドローイングへの溢れる愛が感じられました。 

 

さて、東京国立近代美術館(竹橋)でも、「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展が開催中です(10月29日まで)。

住宅建築の展覧会としては、3年前の夏に、埼玉県立近代美術館「戦後日本住宅伝説ー挑発する家・内省する家」がありましたが、
今回のは、ローマ→ロンドンと巡回した逆輸入のようです。

行かねば!

建築家にはなれなかったけど、相変わらず、建築巡りは楽しいです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山崎、夏の建築まつり。番外編 | トップ | 壁の中で突然発火する現象…築... »

見たもの雑感」カテゴリの最新記事