豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『キンキーブーツ』

2006-10-31 21:50:14 | 映画
ず~っと観たかった『キンキーブーツ』ようやく観る事が出来ました!

こうして公開を待ち続ける作品はいやでも期待感が高まってしまうから、はずれも結構多いです。
でも、これは期待通り!!
良かったです~
一言で言うならです「元気が出る映画!」です

笑って、キュンと来て、じ~んと来る。
ラストのブギウギでは思いもかけず、涙がこぼれてちょっと恥ずかしかった


イギリスの田舎で代々続いた紳士靴の工場。
社長である父親が亡くなり、後を継ぐ羽目になった息子チャーリー。
そこで初めて知った会社の末期的状況。
泣く泣く社員をリストラし、工場にも馴染めず途方にくれる。
そんな時、リストラした社員のさりげない一言が胸に突き刺さる。
職人技を誇るベーシックな紳士靴から、ニッチ(隙間)商品に可能性を探す。

そのニッチ商品と言うのが、偶然知り合った女性ローラからインスピレーションを受ける。
このローラがすごく素敵
これまで散々他人からの軽蔑と非難の目を向けられてきたからこそ生まれた「強さ」。
どんなに陰口を言われようと逃げ出さず、ユーモアを持ってやり過ごす!
私などついムキになって正面からぶつかってしまう正確なだけに、ローラを見習いたいと思ってしまう。
気持ちでは相手から絶対逃げたくても、相手に勝ちを譲れる懐の深さ。
散々傷ついて来たからこそ思いやれる真の優しさ
内面からにじみ出る美しさって、まさにローラです!

このローラと言うのは、黒人で元ボクサー。
そのいかつい顔と身体をセクシードレスに身を包んで、これでもかって程の濃厚なメイク。
そう、ロンドンで人気のドラッグクィーンなのです。
ダンサー達を従えて歌う姿はとっても素敵
あのダイアナ・ロスをもっと濃くした感じかも。

役のためとは言えあのダイナマイトボディで、あんなに高いピンヒールを履きこなす。役者魂をそこに見ましたよ

このローラをデザイナーに迎えて、社運をかけた勝負に・・・


これは本当にあった実話だそうです。
イギリスでは最近こんな実話物にいい作品が多いですね








ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミーになりたい♪ | トップ | ARKカレンダー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わおー! (yuririn)
2006-11-05 19:37:59
これ、すんごく観たかった作品だったのですが、残念ながら、今日まで。。。
DVDとか、出たら絶対観ます!
こんばんわー (もじもじ猫)
2006-11-05 21:51:55
ローラが女装してないとてんで弱気、という設定もいいですよね。
強いばかりじゃない。そこが魅力。
完璧な人間なんてつまんないじゃーん。

しかし、ブーツがあんなでこんなでそんなものの象徴だとは(笑)


元気が出る映画☆ (豆猫)
2006-11-06 20:51:53
*yuririnさんへ*
これは本当に良かったですよ
劇場で見れないのは残念だけど、きっとすぐにDVD出ると思うので、ぜひぜひ観て下さいね♪

*もじもじ猫さんへ*
そうそう、あの強烈キャラのローラが女装しないと全く弱気な女性になるところ、いいですよね~
本物の女達よりずっとキュートでした

私も初めてブーツの意味を知りました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『キンキーブーツ』 (京の昼寝~♪)
幸せへと導くブーツ、お作りします。     ■監督 ジュリアン・ジャロルド■脚本 ティム・ファース、ジェフ・ディーン■キャスト キウェテル・イジョフォー、ジョエル・エドガートン、サラ=ジェーン・ポッツ、ジャミマ・ルーパー、リンダ・バセッ ...
ブランド服販売 (ブティック アールズ)
ピンキーアンドダイアン、ノーベスパジオ、ロートレアモンなどの ブランド服販売。
「キンキーブーツ」 (もじもじ猫日記)
イギリス映画の実話物って、当たりが多いですが、 これも当たりでした。 父の急逝により、 田舎町の靴工場を継ぐことになったチャーリー。 なんだかサエナイ彼に従業員もいまいちついてこず、 父が隠していた取引先の倒産も発覚。 時代は一生物の靴よりも使い捨て ...