豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『ロビンフッド』&『最後の忠臣蔵』

2010-12-24 22:45:11 | 映画
タイトルとは関係の無い画像
これはユズリ葉さんのケーキです♪
クリスマスだからと嬉しいサービスでした~
ありがとうございました



『グラディエーター』以来のカッコイイ、ラッセル・クロウ
『ロビンフッド』を観てきました♪

『グラディエーター』以降どちらかと言えばおじさんキャラの役が多くて
あのカッコイイ姿はどこへ・・・
と、寂しく思っていたので今回は満足!!
監督も『グラディエーター』の時と同じリドリー・スコットなので
映像も大迫力でした。

それにしてもロビン・フッドって
童話の世界のりんごと弓と言うイメージしかなかったのですが
こんな物語があったのですね。

単純明快なのもいいです。
久しぶりにお勧めの洋画です~



そして歴史物つながりで・・・
日本の時代劇『最後の忠臣蔵』

予想以上に良かったです
あまりに有名な忠臣蔵、
私はそれほど興味はなかったのですが
討ち入り後にも密かな物語があったと言うのに惹かれて
観て来ました。



今の日本は基本的には身分の差は無いけれど
少し前までは絶対的な上下関係の世界だったのですよね。
特に武士の世界での主従関係は絶対的。

「武士の魂」を生ききった男の壮絶な物語でした

主演の孫左衛門、役所広司は期待通り素晴らしかったですが
意外に良かったのが可音役の桜庭ななみさん。
大石内蔵介の娘(隠し子)と言う身分。
上級武士の娘らしく凛とした雰囲気がとても良かったです


それにしても・・・

武士の世界は何においても自らの命を持って片を付ける。
すごい時代が続いていたのですね。

私なんかは孫左衛門の忠誠心は素晴らしいと思うのですが
今の若い人達が観たらどう感じるのでしょうか?
ちょっと気になるところです。


今年は思いもかけず時代劇をよく観ましたが
その中でも一番いいと思いました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本物の愛に出会えば・・・ | トップ | 流れに乗って大きく発展しよう~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。