豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

勝手にアカデミー賞!

2011-02-22 22:24:44 | 映画
かっちゃんさんのリクエストにより
今年もを発表させて頂きます


最優秀男優賞
文句無し『悪人』妻夫木聡くん

「自分を消した」と言っていたように
全く妻夫木くんだと判らないほど見事に演じきってました。
今気付きましたが去年も妻夫木くんを選んでました
昨年も屈折した役どころではありましたが
それとは全く別な屈折感!
瞳に底なし沼のような重苦しさを抱えた孤独な男
お見事でした


最優秀演女優賞『キャタピラー』寺島しのぶさん
『悪人』の深津絵里もとても良かったんだけど
重苦しくとてもヘビーな役をよく演じた!
と言う点で寺島しのぶさんにさせて頂きました。


作品賞は後にして、最優秀監督賞『悪人』李相日監督
妻夫木くんや深津絵里さんを始め
全ての俳優さん達の力を100%以上引き出した
その力はすごいと思います。


最優秀助演男優賞『アウトレイジ』三浦友和さん
ワルが勢ぞろいする中
一見物静かな中に恐ろしく冷血さを見せ付けられました。
ここ数年、彼の演技を観ていて
本当にいい役者になったと思うのです。
賞レースとは無縁な友和さん
そろそろ何か賞を取ってもいいのにと思います。
そうそう『食堂かたつむり』の先生役と見比べてみてください!

本当は大好きな桐谷君を助演男優賞とも思ったのですが
そこは冷静に判断しました


最優秀助演女優賞『オカンの嫁入り』絵沢萌子さん
と言っても判り辛いと思いますが
大家のおばさん役の方です。
正直この作品で始めて知りました
本当は『悪人』の樹林さんもいいんですが
おせっかいで優しい大阪のおばさん
愛すべきキャラに和んだので。


最高新人賞『最後の忠臣蔵』の姫役桜庭ななみさん
まだ女になりきっていない初々しさと
落ちぶれた生活の中でも凛とした姫の威厳
お見事でした





そして・・・



最優秀作品賞は・・・

洋画の『プレシャス』です

親に虐待され実の父親の子供を産む
そんなやり切れない重いテーマなのに
歌手になる夢を空想ファンタジーで見せる事で
重苦しすぎず、
楽しくそして前向きな気持ちにさせてくれた作品です。


本当は邦画でも色々候補があったのですが
決め切れずこんな結果になりました



『悪人』とても良かったけれど
原作が本当に良くて期待通り過ぎて・・・
厳しすぎる評価かもしれませんが


『最後の忠臣蔵』これも本当に良かったです。
今ではもうありえない「忠誠心」
武士の美学を見せて頂きました。
今回全くノミネートされていなかったのは
来年度の対象なのでしょうか?


そして『オカンの嫁入り』『食堂かたつむり』

どちらも母子の愛の物語で心が温まりました




そして勝手にベストドラマ賞『SPEC(すぺっく)』

加瀬君がこれまでに無いキャラで好演
『アウトレジ』の役柄が話題になったけれど
それよりはるかに良かったです!
そして何より面白かったのが
筋肉ばか(加瀬君)餃子大好き女(戸田恵梨香)
この二人の掛け合い!
このドラマ通の友人によると
細かい仕掛けが満載だそうです。
DVDでじっくり楽しむといいそうですよ~♪



以上、今年も勝手にアカデミー賞でした~


ちなみに去年はこうでした
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「猫の日」 | トップ | 応援します♪ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かっちゃん)
2011-02-22 22:34:55
わ~い!有難うございます!

うんうん、わかります~と納得したり、これは是非観なくっちゃ!とチェックしたりしながら拝見しました。

三浦友和さん、確かに賞レースではあまり名前があがりませんね・・・。
選ぼうと思えばど~んと主役級や二枚目の役でもできるのに、あえて一癖もふた癖もある役柄に挑戦されるからかな?
観てる側としては、大作よりも色々な面がみられる個性的な作品の方が嬉しいのですけどね・・・。
待ってました~! (まさこ)
2011-02-23 12:44:08
どれもこれも見たいよ~~~!
食堂かたつむりは本を読みました。
読むと見たくなる。。。
また映画ネタ待ってます!
ところで豆猫ちゃんはドラマは好き?
おりがとうございます♪ (豆猫)
2011-02-23 21:43:05
かっちゃんさんへ

お待たせしました~♪
どうでしたか?
かっちゃんさんのアカデミー賞も知りたいです


まさこさんへ

食堂かたつむり、原作読んでいたのね!?
原作は途中読むのが苦しくて飛ばした部分もあったけど
映画はそこを上手くやさしく表現してくれたので
自然に受け入れることが出来ました。
チャンスがあれば録画しておきます

ドラマも大好きですよ~
そう言えば・・・
NZの地震の影響は大丈夫?

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。