豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『佐賀のがばいばあちゃん』

2006-07-06 12:10:03 | 映画
新聞で偶然知った『佐賀のがばいばあちゃん』

「貧乏には二つある。明るい貧乏と暗い貧乏」
「うちは昔から明るい貧乏じゃけん、大丈夫じゃ!」

なんとも豪快なばあちゃん。これがあのB&Bの島田洋七のおばあちゃんの事だと知ってビックリ!?
お笑いの洋七にまさかこんな過去があったなんて・・・
貧乏を明るくお笑いのネタに出来たのも、このばあちゃんに育てられたおかげなんだとつくづく思った

古き良き日本で、登場する人たちもみんな暖かい!
さりげなく登場するキャストもまたすごい
あの緒方拳がほんの少しだけ豆腐屋のおやじで登場。おいしい役だとは言え、たったあれだけのために出演とはすごい!
唯一わからなかったのが、エンディングタイトルに「友情出演、島田洋八」とあったが気付かなかった。唯一思い当たるのが、死んだじいちゃん?
もし知ってる人がいたら教えて欲しい♪

そして何より、主役のばあちゃん、吉行和子が良かった~
ばあちゃん語録を連発!
特に明広(島田洋七の少年時代)の運動会の朝、ニワトリに向かって「生め! 生め!!」
普段おかずの無い梅干と生姜だけの弁当。せっかくの運動会ぐらい卵焼きを作ってやりい想いで、必死にニワトリに叫ぶ

私の涙腺はずっと緩みっぱなしでした

明広役の少年達もまたみんな良かったです
今時こんな素朴な顔の子を良く探したなって、思うほど古き良き昔の少年にピッタリ!可愛かったです~



DVDでもいいので、ぜひぜひ観て欲しいおススメの作品でした


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お疲れ様でした | トップ | これはだあれ? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yuririn)
2006-07-07 12:58:46
もう、映画館での上映終わってしまったのでしょうかねぇ?

面白そうなので、今度DVDで観てみますね。

<インサイド・マン>は豆猫さんのコメント通り、モヤモヤ~っとした気分が残りました。

すっきりしないというか、途中の展開ものろのろしてたし、あのキャスティングだと、もっと面白い何かを期待してしまいますよね。
yuririnさんへ (豆猫)
2006-07-07 16:17:39
単館系の作品なので、もしかしたらどこかで上映されているかもしれませんよ?

意外とヒットしているらしくて、私が観た映画館も予定以上にロングランしてますから



『インサイド・マン』キャスティング倒れだった気もしますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
佐賀のがばいばあちゃん 島田洋七 ("やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!)
佐賀のがばいばあちゃん ■やぎっちょコメント あぁーー。これはよき本なり。 広島のお母さんから佐賀のおばあちゃんに預けられて育った昭広の少年時代。お母さんは預けて、お父さんは戦争で死んで、おばあちゃんは激貧乏。「超」じゃなくて「激」。 普通なら ...