豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『フォーガットン』

2005-06-08 11:48:15 | 映画
公開初日に観たのに、ついミーのことに気をとられてコメントが遅くなってしまいました

予告を観た時「すごく面白そう!」って思ったんですよね。
だって、いたはずの自分の息子の存在が突然消えていくんですよ
家族3人で写ってた写真が2人だけになってしまったり、夫や周りの人も最初から子供なんていなかった。なんて言うんだから、これは一体どんなサスペンスなんだろう!?って、かなり期待しました


ところが・・・

こんなオチ、ありなの~!?


予告にまんまとやられた感じです
これ以上言うとネタバレするので止めておきますが
こんなんじゃ納得できない!!!

せめて事故を隠蔽するための大掛かりな陰謀とかにして欲しかったです

ちょっとだけフォローするならジュリアン・ムーアの演技は良かったです!子供を捜す必死な母親の感じが良く伝わりました。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動物病院デビュー | トップ | 若貴騒動に思う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やほー (chishi)
2005-06-09 14:57:31
豆猫さん、怒ってますね~!

確かに、こんな力技でっ!?って私も思いましたよ。

とりあえず諦めるのが早かったのと

あのラストシーンに唸らされまして。

予告をたくさん見ておいてよかったっす(汗)

次に選ぶ作品は楽しめるといいね♪
ムキになりすぎました (豆猫)
2005-06-09 17:15:45
すごく期待してたんですよ

なのに、○○人でしょ~!?

それだったら、もう少し突っ込んで欲しかったと思います。何だか簡単に済まされた気がして・・・。

次は「ボステージ」を観るつもりですがchishiさんの感想を読んだらどうしようかと迷っています

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『フォーガットン』を観て来ました!#83 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
原題:THE FORGOTTEN あなたの記憶がすべてニセモノだとしたら! 全米No.1のサスペンス・ホラー 製作国 アメリカ 公開日 2005/6/4 公開劇場:日劇3ほか 日本配給:UIP ★解説★ 9歳のひとり息子、サムを飛行機事故で 失ってから14ヶ月。テリーは未だに愛
フォーガットン ★★★☆☆ (♪こういう曲調すき~♪)
電車男に続き、本日2本目。 で?で?結局なんなわけ??? 状態・・・・ ほんっとにわけわかんない。 スリラーってそもそもこんなものなんだろうが・・・・。 でもジュリアンムーア?の芝居はよかった。 めちゃくちゃ現実味帯びてて。 全然怖くはないのよ。 ただ、 あ
フォーガットン (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日はバイトが休みなので「フォーガットン」を観て来ましたよ!  テリー(ジュリアン・ムーア)は14ヶ月前に飛行機事故で一人息子のサムを亡くし、その心の傷がまだ癒えずにいた。  しかしそんなある日、彼女は家から息子の写真が一つ残らず消えていることに気づき、
「フォーガットン」@サイエンスホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は多少ネタバレしないほうがいい映画なので気をつけて書いたつもりなんだけど、読まなきゃよかった・・・と思いそうな人は読まないでね☆ 【6/6追記:この映画ネタバレで行った人には(CMクラスでもかなりのネタバレ)最悪の評価をつけられているので今まだあまり予備
『フォーガットン』  ☆☆☆★★ (映画VS氣志團&タイガー)
ストーリーを人に話すと記憶を消されるそうなので何も書きません。っていうか「うまいこと予告作ったなあ!」あの予告を見たら誰でも見たくなるでしょ!そら見に行くわ!全米初登場1位になります!まあ最終的には6600万ドルくらいだったからそんなにヒットはしてません
映画「フォーガットン」 (RAKUGAKI)
謎が謎を呼び、不可解な現象が身の回りで起こり続ける。でもなんか入り込めないという
「フォーガットン」 ジョセフ・ルーベン/監督 (スチャラカランナーの日々)
「フォーガットン」ジョセフ・ルーベン/監督観てきました。  「シックスセンス」以来もっとも衝撃的なスリラーというより、「サイン」以来でしょう。私にはこの企画で製作すると言うことの方が遥かに大きな衝撃です。  監督は「愛がこわれるとき」を監督した人です。