豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『プリンセス トヨトミ』(ネタばれあり)

2011-06-03 22:13:01 | 映画
アップが遅れましたが
結局『プリンセス トヨトミ』を先に観て来ました!



あの奇想天外な作品『鴨川ホルモー』
ドラマ化された『鹿男あおによし』と同じ原作者。
独特の空想の世界に加えて今回はとっても豪華主演3人組!
果たして今回はどんな奇想天外な世界が待ち受けているのか
楽しみでしたが・・・


それなりに面白かったです。



堤真一扮する決して笑わない男(だけどアイスクリーム大好き)「松平」
綾瀬はるかのイメージぴったり、天然キャラの「ミラクル鳥居」
「ゲーンズブール」(フランス人とのハーフと言う設定らしい)だなんて
変な名前の岡田将生。

このキャラ設定からして面白い



会計監査員のこの3人が大阪で監査に取り掛かる。
その中で「OJO」と言う団体、
問題無く監査を終えるが鬼の松平が違和感を感じ始める事から
独立国家「大阪国」の存在を知る。


ここからがネタばれです。
まだ映画を観てない人はスルーして下さい。






歴史上では大阪夏の陣によって完全に絶えた豊臣家。
実は豊臣秀頼の子、国松は生き延びており
その末裔を守るための存在が大阪国。


まぁ、こんな歴史の空想はありだとは思うけれど・・・



たった一人の豊臣家子孫のために大阪中の人間が「守る」
これにはちょっと無理があるような気が。
戦国時代でもないのになぜ「守る」必要があるの?
っと、思ってしまったけれど
そこはあくまでも空想の世界を楽しむって事で
さらっと流すべきなんでしょうね~







『鴨川ホルモー』に比べて強烈さには欠けるけど
3人のキャラが魅力的だったので
それなりに、面白かったと言うわけです



                   




緊急災害時動物救援本部

NPO法人アニマルレフュージ関西

日本赤十字社 

アジア太平洋こども救済センターこの指とまれ
   最新募集要項を随時を確認して協力お願いします。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情けない! | トップ | 福縁あれ☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。