豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『ダンシング・チャップリン』&『ブラック・スワン』

2011-07-27 23:34:10 | 映画
バレエの映画2作です。


まずは周防監督&草刈民代夫婦の『ダンシング・チャップリン』
公開されているのを忘れていて
先週滑り込みで観てきました!
(岐阜での公開は遅かったです~)

バレエは詳しくないのでルイジ・ボニーノと言っても
よく知りませんが
彼が演じる(踊る)チャップリンはとても素晴らしかったです
とても60歳を超えていると思えない!
彼のために作られた作品『ダンシング・チャップリン』を
既に20年、170公演以上踊り続けているそうです。
当然彼には馴染みきった作品も
今回は映像に残すための新たなアプローチとして
真剣に取り組んでいる姿は本当に素晴らしく
プロフェッショナルの姿そのものでした。

バレエ作品『ダンシング・チャップリン』その物と
それを作り上げるまでのドキュメンタリーの2部構成。

特にドキュメンタリー部分がとっても面白かったです。
映画版『ダンシング・チャップリン』を作り上げるための
ダンサー達の苦労もさることながら
元々舞台としての作品を映像化することで
原作品の振付師と映画監督としてのぶつかり合いも興味深かった!
意見の相違がどうなったのかは
第2部でわかるけれど
わざわざ映画にする事のこだわりは成功していたように思います。

草刈民代さんも素敵でした~

残念ながら公開はもう終わってしまいましたが
どこかで機会があれば見て欲しいです



今更ですが『ブラック・スワン』
ようやく観てきました
ナタリー・ポートマンは好きな女優さんなので
絶対観ようと思っていました。
が、5月に公開された時
私自身が震災後の気分をまだ引きずっていたせいか
どうしても観る気になれませんでした。
それが『ダンシング・チャップリン』を観たおかげで
やっぱり観たい!!
と、ようやく観る事が出来ました♪


噂通りナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技がすごかった!!
最初は少女と言ってもいいほどの清純で弱々しい人間が
孤独と不安、嫉妬そして母親の過剰な愛情
精神的に追い込まれて現実と妄想の狭間で苦しむ姿はすさまじい。
それによって目覚めた新たな自分
魔性の「黒鳥」も見事でした


女の怖さを知る映画でもありました





                            


ぎふ受入避難者支援募金

猫島・災害復興支援基金田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト

NPO法人アニマルレフュージ関西

緊急災害時動物救援本部

古着支援でご縁と笑顔

日本赤十字社 

アジア太平洋こども救済センターこの指とまれ
   最新募集要項を随時を確認して協力お願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワクチンの日 | トップ | 夢を追いかける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。