豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『ボビー』

2007-03-13 22:36:49 | 映画
何とも不思議な迫力を持つ作品だった。

あまりにも有名な暗殺された若き米大統領ジョン・F・ケネディの弟
ロバート・F・ケネディもまた暗殺されていた事を
恥ずかしながら知らなかった。

この作品『ボビー』
若き政治家ロバート・F・ケネディこと「ボビー」の最期の一日を描いたもの。

しかもキャスティングがすごい!!
アンソニー・ホプキンスを始め22名のそうそうたる俳優達の競演。
しかも、誰が主人公と言う事はない。
大統領予備選挙の開票日当日、
ボビーが勝利宣言をスピーチするはずだったパーティー会場
「アンバサダー・ホテル」
そこに居合わせた人々。
支配人とその妻や愛人、キッチンマネージャーにそのスタッフ達。
引退した元ホテルマン。
そしてボビー陣営のスタッフ達、等々。

一番気になる、当のボビー役。
これが一応その役の俳優はいるものの決して顔を映さない。
ボビーがスピーチし、顔を見せるシーンはすべて実際の映像。
この手法がとても良かった。
なぜならば、ボビーがいかに素晴らしい政治家であったかと言う事を
見事に見せてくれるから。
歴史にタラレバはないけれど、もし彼が大統領になっていたら
今のアメリカは、そしてこのもつれてしまった世界情勢は
もっと別な方向に進んだような気がしてならない。
まさに今のブッシュにこそ、かれの精神を学び取って欲しい。
そう思わずにはいられない。

それから本筋とはかけ離れているが、
二人の女優の競演も見ものだった。
あのシャローン・ストーンとデミー・ムーア。
二人ともとっても美しかったのに、
いつの間にこんなにふけてしまったのか!
しかも悲しいぐらいリアルな役柄。
方や夫を若い愛人に奪われ、老いと孤独を味わざるを得ない美容師。
方やピークを過ぎてしまったある中の大物歌手。
二人の見事な老けっぷり、孤独感、
見てるこちらが苦しくなるほど痛々しかった。
この役を受けて二人の女優魂に心から拍手したい。


いろんな意味で迫力のある作品、機会があれば観て欲しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかの雪 | トップ | 『パフューム~ある人殺しの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。