豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『主人公は僕だった』

2007-05-30 11:25:38 | 映画
少々落ち込み気味で気分転換のため観に行った
『主人公は僕だった』大正解でした
とってもHappyで元気が出る映画です



国税庁の会計検査官ハロルドは超几帳面の堅物人間。
判で押したように規則正しい毎日を送る中
ある日突然変な声が聞こえ始める。
その声はハロルドの行動や心の内をそのまま語る。
この声の招待はいったい何なのか?
そしてある時この声が彼の死を予言するような言葉をつぶやく。
これまでの声の言葉がすべて当たっていただけに
本当に自分がしんでしまう!
そんな不安を抱えて慌てるハロルド。

一種の謎解きミステリー?で進む一方
この話が悲劇で終わるかそれとも喜劇で終わるのか。
そこをくすぐるような
堅物ハロルドの恋物語も加わり
更にスランプにおちった女性作家のストーリーも
並行するように展開。

このあたりの仕掛けも結構面白い♪

果たしてハロルドの物語は
悲劇なのか喜劇なのか・・・?




とってもHappyな気分になったと言ってるのだから
結末は想像付くと思いますが・・・


でもそこに行くまでのプロセスがおもしろいのです!
ダスティン・ホフマンが脇役でいい味出してます♪
恋のお相手アナ役の女性、
何となくアメリのオドレイを思わせるけれど
もっと芯が強いタイプ。
彼女の家のインテリアがすごく素敵
自分では絶対に作れない雰囲気だから
余計にあこがれてしまいます


しかも映画観ながら無性にケーキを焼きたくなりました!


とにかくいろんな意味で期待以上の作品♪
お薦めです


これを薦めてくれたYちゃん、ありがとう
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お騒がせしてごめんなさい | トップ | カーテン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。