豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『星になった少年』

2005-07-20 18:03:20 | 映画
泣きました!もうボロボロです

『誰も知らない』の柳楽優弥の第2作目とあってかなり前から期待して、待ち望んでいた作品。やっぱり彼はすごい!環境によって屈折した心と、ひたむきに象を愛する哲夢役を見事に演じきっていました
でもそれ以上にこの作品のストーリーその物に魂をガシッとつかまれてしまい、もう前半から涙、涙でした
親子関係の葛藤、そして象の偉大さ、厳しい現実。
そこから導き出された哲夢の夢「人間の都合で母像と引き離され、コンクリートの世界に押し込まれた象達。そうして年老いて行き場が無くなった象たちの楽園を作る!」
なんて素晴らしいの

タイトルからも想像がつくように、この偉大な夢半ばにして彼は・・・
もうダメです!今この瞬間も涙が・・・。

完全にやられてしまいました。そして劇場を出た足で即本屋に向かい、この原作本「ちび象ランディと星になった少年」を購入。あっという間に読んでしまいました。
そしてまたもや号泣

動物達も家族もみんな悲しみのどん底に突き落とされたものの、何とか乗り越え哲夢の夢老象ホームのオープンが間近と知りまた嬉し涙です。

どうも最近動物ものに弱くなった気がするのは、ミーと暮らし始めたからでしょうか?
それを抜きにしても、この作品は感動したはず
ぜひ多くの人に観てもらいたいと思いました

そしてチャンスがあれば、「市原象の国」とその老象ホーム「勝浦ぞうの楽園」を訪れてみたいと思います

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミーの逆襲(ちびっ子ギャン... | トップ | 私が会いたい動物達 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先日テレビで (みみまま)
2005-07-20 21:23:27
このお話を特集でやってました

実話なんですね、この映画って

私もぞうの国に行って見たいです

動物園などでたくさん頑張って働いてきた象さんには

残された余生をゆっくり過ごしてほしいです

見逃した~~~! (豆猫)
2005-07-21 13:24:15
TVで特集やっていたんですか?

見逃しました!残念

実話なんですよね。

動物園の動物もペットで飼われている動物も、すべて人間の都合で自然界から引き離された生き物なんですよね。

ミーの事、引き取った以上最期まで責任持って面倒を見ようと、改めて思いました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。