豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『北極のナヌー』

2007-10-15 21:04:22 | 映画
北極の白熊を追ったドキュメンタリー『北極のナヌー』

1頭のメスの小熊ナヌー。
彼女が母熊と一緒に、
生まれて初めて巣穴から出る所から始まり
やがて独り立ちし、命がけの日々を送り
自分もまた母となり、
可愛らしい小熊を生むまでの
8年間を追った完全ドキュメンタリー。


感動の涙あり
胸が締め付けられ、心痛む涙あり
感動ドキュメンタリーでした~



こう言うドキュメンタリーが大好きで
いつも思うのが、
自然界で生きる動物や植物のたくましさに
いつも感動させられます。

今回も極寒の地北極で生きる事自体がすごいけれど
更にすごいのは、温暖化で氷が凍らず
生き抜くために必死でその環境の中で対応する力強さ!
母から教えてもらった事など、
まるで役に立たない急激な環境の中で
たった2歳のナヌーが
たった一人で生き抜いていく姿は本当に感動的


ナヌーだけではなく、
一見どう猛そうなセイウチの意外な一面も感動的でした!
母と子守役のメス2頭に守られて大切に育てられていく
赤ちゃんのセイウチ。
母が前足(ひれ?)で赤ちゃんを抱きかかえるようなしぐさは
人間のお母さんと同じで何とも愛おしい姿でした。


過酷な環境の中で必死に生きる
彼らの姿は本当に素晴らしい~




その彼らの生きる場所を壊しているのが私達人間である事が
どうしようもなく悲しい。


太古の時代から、様々な自然環境の変化で
絶滅していった動物、植物があり
また進化して生き残る生物がいる。
だから絶滅するのもやむを得ない
と言う人もいるけれど、
それと今の状況はまるで違うと思う。
今の変化は人間が起こしている環境破壊。
人間が自分達の便利さのみを追求し過ぎた結果。
決して自然界の中で起こる自然な変化ない!


私達が地球を壊している事に気付いて
早くこれを止めなければと強く思う。


この大切な気付きのチャンスを与えてくれる作品が
ワーナーマイカル系のほぼ独占で
一部の映画館しか上映されていないのが本当に残念!

どうでもいいような作品がどこでも観れるのに・・・



『皇帝ペンギン』は夏休み頃だったせいか
親子連れなど多くの観客がいたのに
ナヌーの観客はさびしい限りでした


配給する会社を広げて欲しいし
とにかく多くの人に
特に子供達にも観て欲しいと思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『未来予想図』 | トップ | 頭かくして尻隠さず »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんとに! (かっちゃん)
2007-10-17 20:41:43
私もこういうドキュメンタリーは大好きで、見るたびに自然で生き抜く動物の力強さ、たくましさ、そして愛情に心を打たれます。

この映画はまだ見ていないのですが、地球温暖化の問題と絡めて、テレビでも北極の状況が特集されていました。人間によって破壊された環境のもと、どうすることもできずただ一生懸命生きていく動物の姿を見ると胸が痛みます。

こういうドキュメンタリーを見ると、何かできることをしなくては!という気持ちになりますね・・・。
かっちゃんさんへ (豆猫)
2007-10-17 22:33:13
「ハチドリのひとしずく」の話ご存知ですか?
そのハチドリに習って
小さくても、自分が出来る事をしよう!
ほんと、そう思います
Unknown (Happy Island)
2007-10-18 23:53:48
この手のお話、私はめっちゃ号泣します。
一緒にいる方がかわいそうなくらいね。。。

一人でもスゴイです。

北極熊は、今温暖化で氷が溶けてきているから、
溺れてしまう子もいるそうです。

SOP 温暖化ですね。
今ならまだ間に合う。。。

カメラマンの方たちが、ずーっと温暖化のこと
うったえてるのに、
やっと最近皆が注目するようになってきた。
それだけ、危機がせまってきている。。。

子どもたちに、みてもらいたいです。
本当に。。

話は変わって、
写真家の岩合光昭さん、猫の写真
とってもい~ですよ!!
Happy Islandさんへ♪ (豆猫)
2007-10-19 21:48:12
私もこの手の話には本当に弱いです
一人でも多くの人に観てもらいたいです!!

岩谷光昭さんですか?
初めて知りました!
今度チェックして見ますね♪
いい事を教えてもらって、ありがとう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。