豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

ヒトラー~最期の12日間~

2005-08-31 17:48:17 | 映画
久しぶりに辛い映画を観てしまいました。
戦争物は好きじゃないので、最近はほとんど見ていませんでした。
それなのに珍しく見ようと思ったのは、単なる好奇心?

あのヒットラーの最期の12日間ってどうだったの?
しかし、こんな軽い気持ちで見た自分を大いに反省しました。
戦争のひどさに途中何度も逃げ出したくなるほどっだったんです。

何と表現したらいいのか・・・
作り物の恐怖ではなくて、リアルな恐怖。
まさに戦争とはこういう状態なんだと思い知らされました。

この作品を作ると言う事は、架空ではあるけれど戦争を再現させる事です。
この作品に参加した人たちは、おそらく戦争を追体験してしまったのではないかと思います。なぜあえて再びあんな辛い思いをする必要があったのか・・・?

戦争には勝者も敗者も無い。そこには大きな犠牲しかない。勝った者にも負けたものにも悲しみが残るだけ。
戦争に正当な理由なんて無い!
決して起こしてはいけない事!!
まさに戦争とは、無意味でしかない。
この辛く苦しい作品で感じたのはそれだけ。
それを伝えるためにも、今あえてこのような作品は必要なのかも。

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ねじれ現象(ミーバージョン) | トップ | ようやく踏み出す、第一歩!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆ (晴美)
2005-09-05 22:47:56
私、けっこう見てしまうんですよ。

戦争をベ-スにした映画を。

プライベ-ト・ライアン、

スタ-リング・ラ-ド、

コレリ大尉のマンドリン、

マレ-ナ、イル・ポスティ-ノ、蝶の舌等々

戦争等、史実が背景にあるものは

興味深いです。

もちろんヒトラ-、最期の12日間も

見ました、見ました。

見るたびに、「戦争はいけない!」と

月並みな一言しか出ないのですが

この一言に尽きると思うのです。
晴美さんへ (豆猫)
2005-09-06 16:38:57
そうですよね!

戦争は絶対良くない!!

どうしたら世界中の人々に伝えられるんでしょうか?

第三者の私達は冷静にわかるけど、当事者になると「自分達が正しい!相手が間違ってる!!」

になってしまうんですね。

自分とは違うものも認めてあげられれば、戦争なんて起きないのに・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
9月の映画の日 ~聖者と狂気と~ その2 映画「ヒトラー ~最後の12日間~」観ました。 (拾稔堂店長のこうかい?日誌)
この映画は、戦後はじめてドイツ人の監督が「ヒトラー」の人間性に焦点を当てて製作した映画として注目されています。 「最期の12日間」という第2次世界大戦のヨーロッパ戦線における最大の山場に、ドイツ第三帝国の総統たるアドルフ・ヒトラーが、どのように行動したか.