豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

リベンジ!『インアファナル・アフェアⅢ』

2005-04-28 20:40:01 | 映画
再び『インファナル・アフェアⅢ』を見直してきました。
おととい見た時、両隣の客のおかげで全く集中できなかったのと、復習を怠っていたのとで十分楽しめたかったからです。
実はポイントが貯まってタダで観れた事もあって(ラッキー

今日はバッチリ復習も済ませてきました。
やっぱり『インファナル・アフェア』はおもいしろい

改めて見直してもそう思えるのはすごいと思います。
香港マフィアに潜入捜査官として潜むデカ(トニー・レオン)と実はマフィアの犬である捜査官(アンディ・ラウ)。始めから観客には正体をばらしながらも、この二人を中心としたマフィア警察の対決が見ものでした。とにかくアンディ・ラウがカッコイイ

Ⅱはこの二人の警察官の過去を描いた物。
わざと役者も変え(若かりし二人と言う設定なので)なぜ二人がそれぞれ、こんな道を選んだのかが明かされます。

でも、私個人の意見で言うとこのⅡは見なくてもぜんぜん平気!
だって、やっぱりアンディ・ラウとトニー・レオンが代わったらイマイチ、ピンとこないし
それより、何より説明要素が多すぎてノリが悪い!

ではでは、肝心のⅢはどうだったのか?

かなり凝っていてそれなりに面白かったけど、少々複雑にしすぎ。
Ⅰのその後、本当の結末をあれこれひねって落ち着かせた感じ。
今回はいったい誰が「善」で誰「悪」か(悪はわかってるか
最期まで種明かしはしない。
そして現在と過去が入れ替わり進行するので、余計にややこしい
その辺りが「善」になりたいマフィアの犬(アンディ・ラウ)の葛藤であり、そのせいで狂っていく姿を表現しているのだけれど・・・

最近、と言うかかなり前から私の脳細胞はどんどん壊れているので、ややこしい話には頭が付いていかないのです。所詮この程度の頭なのです

と言うわけで、私的にはⅠが一番面白かった
わざわざⅢまで引っ張らず、一作で完結しても良かったのにと思います。
ヒットしたからこそ、ここまでひっぱたのでしょうが…。

これからⅢを見る方は復習をお忘れなく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 襲撃の犯人!!! | トップ | ちょっとしたシアワセ♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
★「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 (ひらりん的映画ブログ)
こないだ「インファナル・アフェアⅡ」を見たばっかりだったので、早速劇場で続編を観てきました。 といっても、あまり話がつながらない。 「~Ⅰ」の内容覚えてないと・・・ 2003年香港製作、アクション・サスペンス・ドラマ、118分もの。 あらすじ マフィアから警