豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『夕凪の街 桜の国』

2007-08-24 22:59:02 | 映画
朝一で観て来ました『夕凪の街 桜の国』
涙が出て出て止まりませんでした
切ないけれど、温かい作品

河童のクゥちゃんに続いて
今回もまた、素敵な作品に出会えました。


広島の原爆に被災したある家族の物語。
被爆後13年の昭和13年と現在をうまく構成しながら
物語は進んでいきます。


今から2数年前
高校の修学旅行で広島の平和公園に行きました。
たぶん原爆ドームも目にしているはず。

それなのに我ながらあきれるのですが
ほとんど記憶がありません。
記憶に残っているのはやけに鳩が多かった事。
そして宮島で何とお隣の高校の修学旅行生に会って
何と世間は狭いのかと思ったこと。

情けない事に高校生だった私には
旅行気分で浮かれて
原爆やヒロシマ、戦争の痛みをさほど感じる事無く
通り過ぎてしまったようです。


この歳になってようやく
戦争の痛み、悲惨さを感じ取れるようになりました。



話は変わりますが、今日のお客様は
アームドゥース最高齢75歳のIさんでした。

Iさんは熊本出身の方。
映画の話をしたら
なんと長崎の原爆をご自分の目で見たそうです。

「なんだかおかしな雲が上がってるなぁ~」
そう思ったら、後で分かったのが原爆のキノコ雲だったと。

「原爆で直接亡くなった人より
 被爆して生き残った人達の方がどんなに大変な事か・・・」

 直接被爆した人だけでなく
 その後の世代にも影響が出てしまうからね~」

実際に経験しているIさんの言葉は重みがあります。

この言葉の通り『夕凪の街・・・』は
後々まで被爆の影響が残ってしまった
悲しい現実を描いています。


それでもただ悲しく切ないだけではありません。
私は観終わった後、今の自分にとても感謝の気持ちが湧いて
また別の涙が込み上げて止まりませんでした。

ちょうど昼時だったので、一人ランチを食べている間も
こうしてランチが食べられる事へのありがたさ。
今の時代のしかも戦争が無い国日本に生まれた事の幸せ。

確かに時々悩んだり傷ついたりつまづいたり
あれこれもがく事はあっても
所詮はたかが知れてます。

不可抗力の苦しみなど味わう事はまず無いでしょう。

帰り道車の中でも、
ずっとありがたくて涙が止まりませんでした





原爆に限らず、この歳になってようやく気付く事が多い
そんな気がします。

すっかり過去の出来事で
いまや日本人でさえ忘れかかっている戦争
やはり忘れてはいけないのだと強く思います。

高校生の時は感じ切れなかった分
今改めて、もう一度広島を訪れたいです。
必ず・・・




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おすそわけ | トップ | ところかまわず »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気づきは大切ですね (asako)
2007-08-25 08:27:39
豆猫さんはよく映画に行ってるねぇ~!
映画をたくさん観ると感性が豊かになるね

私は広島も長崎も行ったことがないです。
戦争はほんとうに忘れてはいけないことですね。

最近私もこの年になってようやく気づくことが多いです。
そして・・・きっとこれからもそうなんでしょうね。
まだまだひっよっこですぅ~(年はくってるけど・笑)
asakoさんへ♪ (豆猫)
2007-08-26 17:58:34
映画は大好きなんですよ♪
昔から気分転換のために良く映画館に行ってました。
今も空いた時間にそそくさと観に出かけてます
今はほかの事はかなり我慢してるので
貴重なストレス発散方法です。

映画や本はたくさんの気付きを与えてくれますよね~
自分が直接体験しなくても
いろんな事を教えてくれるから
まだまだ私も歳食ったひよっこです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。