豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『UDON』

2006-09-06 17:49:46 | 映画
フジTVの強烈な宣伝力でかなり気合の入っている『UDON』
あんな宣伝に乗せられるなんて・・・
と迷っている方がいたら「どうぞ、乗せられてみて下さい!」
そう勧めたくなる映画でした
出演者もすごくて、フジの気合と力がイヤってほど分かります!

そんな事よりも、単純に幸せな気分になる作品でした。
想像していたハッピーエンドとも少し違って、それが返って良かったです
エンディングタイトルが流れる頃、ほんわか幸せな気分で思わず自分の口元が笑ってる事に気付きました


本筋に関係無く、気に入ってしまったのがうどんを守るヒーローCAPTAIN UDON
『チャーリーとチョコレート工場』の「ウンパルンパ」のようなもの!?
これがまたすごくて、本格CGアニメを挿入
キャプテンUDONに対抗する悪役、寺島進を登場させてやっつける所なんて、最高!!
おもしろかった~
私はこのキャプテンUDONが気に入ってしまったんだけど、特に笑ったのが残業中の恭子(小西真奈美)がPCに向かって仕事をしている時に、ちょこっと登場する所!
仕事で疲れている時、あんな風に登場してくれたらなごむよなぁ~
私もチビキャプテンUDONが欲しい~
マジでそう思いました


本筋に触れる前に思いっ切り横に逸れてしまいましたね


本筋に戻すと、盛りだくさんの「笑い」の中に胸にじ~んと来るのが、主人公コースケ(ユースケ・サンタマリア)と父親との葛藤。
これは少し私自身とかぶる所もあって、本当に身につまされる思いでした。
特に自営業と言われる「家」を継ぐ問題。
「継ぐのが当たり前」と思って育つか、「絶対継ぎたく無い!」と思って育ってしまうのかはその職種によるものも大きいと思う。
でもそれ以上に、親子関係が一番の原因なんじゃないかと思ってします。
なぜコースケがうどん屋でなく、「お笑い」を目指したかったのか?
それは父親の頑固で渋顔だけを見て育ちその反動で「笑顔」に憧れてしまったから。
この辺りの気持ち、すごくよく分かるのです。
なんせ私も「絶対継ぎたく無い!」と思って育ってしまった一人なので・・・
そういう意味で、この作品はかなり私の心に響いてます。


余談だけど、エンディングロールで以前働いていた会社名が目に飛び込んで来たのでそこでも少々懐かしさを感じてしまいました。

なんだか取り止めが無くなってしまいましたが、最期にコースケの父親の一言。
「おいしい物を食べた時、自然に笑う」
本当にその通り
ましてや、好きな人と一緒に食べたなら最高に幸せ
そんな日が再び訪れる事を願って・・・





その前にとりあえず一人でうどん食べに行こう



ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現場を押さえた!! | トップ | ご協力お願いします! »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
UDONの影響で (みみまま)
2006-09-07 09:46:18
おはようございます

この映画の宣伝で、うどんをおいしそうに

食べるシーンを何度か見たせいで

私の中で何かが動き出し

「手打ちうどんを作ってみよう!」と

思いつきで作り方をネットで探して

先週、先々週と2週連続で休日に

うどんを手打ちして作っちゃいました

とっても簡単なんですよ

近々ブログで作り方UPしますので

ご覧下さい~



おいしいもの食べたら絶対「笑顔」になりますよね
みみままさんへ (豆猫)
2006-09-07 11:44:56
おはようございます!

北海道は晴れですか?いいですねぇ~

こっちは昨日から2日続けて雨です



それにしても、自分で手打ちうどんに挑戦するとは
ごめんなさい!続きです (豆猫)
2006-09-07 11:46:54
自分で、手打ちうどんに挑戦するなんてすごいですね~

味の方はどうでしたか?

ブログのアップ、楽しみにしてますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。