豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『東京島』(ネタばれあり)

2010-08-31 23:31:19 | 映画
秋は観たい映画が目白押しです!
その第1弾がこの『東京島』

大好きな木村多江さんが主演で
しかも無人島に漂流して女が自分ただ一人男に囲まれて・・・
と、いったいどんな作品なのか興味が湧いたのです。


冒頭からインパクトの強いシーンに驚かされました!
夫と二人旅に出て遭難
無人島にたどり着いた過程はきよ子(多江)の語りでさらっと済ませ
無人島でのサバイバル生活でたくましく生きている事を
強烈なシーンで見せ付けられました。

あれは本物の蛇なのか、偽物なのか・・・
多江さんの体を張った演技がすごいかったです


同じ島に若者達が流れ着き
おまけに中国人の密入国者達までも漂流して来た中
女性はきよ子ただ一人。

夫はあっけなく死に
一番力がある者の妻となったきよ子。
その夫も突然死に
この男女極端なアンバランスの島をみんなが平穏に生きるため
今度はくじで決められた男を夫とする。
一応これで落ち着いたものの
中国人達が島から脱出を試みた時
夫達を見捨てて中国人達に付いて行ってしまったきよ子。
けれどもまたもや島に流されてしまう。
自分達を見捨てたきよ子を男達は許さなかった。



状況に応じて本能の赴くまま?自分に有利な方になびくきよ子。
そして取り合えず群れる事で安心し
島から脱出しようなどと考えない男達(まさに草食系)
どんな過酷な状況でも自分達の力で何とかしようとする中国人達。


それぞれの個性が極端に描かれる中で
きよ子のしたたかさは群を抜いていた。
私も女なのに
「女って強い。女って怖い」と思ってしまった
そしてふと動物達の世界を思い浮かべてしまった。

求愛期に入った鳥や動物達は
オスがいかに自分が大きくて強いかをアピールして
メスに選ばれた者が夫婦になる。

まさにきよ子は動物的本能のまま行動したのかも・・・



それにしても、いったいこの作品はどこに落ち着くのか
まったく行く先がわからない
そう言う意味でずっと引き付けられた映画でした。



ただ・・・
赤ちゃんのシーンはリアリティにかけて少々不満。
あんなにあっさりと手放して行けるんだろうか?




それにしてもきよ子のイメージとはかけ離れた木村多江さん
見事に役にはまってました!
ほぼスッピン、体を張った様々なシーン
これまでに無い新しい分野開拓です(拍手)

スッピンの多江さんはとてもきれい。
そしてメイクをした多江さんはやっぱり美しかったです
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かくれんぼ | トップ | 9月ですね・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も見てきました (kei)
2010-09-01 07:20:44
期待があり過ぎたのか、終盤のリアリティの薄さのせいか
納得行かないわ~っと思って帰ってきました。(笑)
納得いかないので原作も読んでみようと思っています。

でも、俳優さん達の演技は魅力的でしたし、
特に木村多江さんはすばらしく、とてもきれいでした。

keiさんへ♪ (豆猫)
2010-09-02 22:07:45
keiさんも観られたんですね~
確かにラストの展開は強引で
あそこまでの流れとは別物の軽さに
かえって笑ってしまいました
作品を観ると言うより
多江さんを観に行ったので
あれでも許せたんだと思います

原作はもっとドロドロしてるのかも。
桐野さんの原作は読んだことがないけれど
そんな気がします。


コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。