豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『大奥』&『王の男』

2007-01-10 21:44:51 | 映画
去年は過去最高の映画三昧の年でした。
今年もそのペースになりそうなスタートです!

新年1発目は華やかムードで『大奥』
ドラマの松下由紀主演のバージョンで『大奥』にハマってしまい、
映画も観てしまいました
出来は予想通り。
ドラマの映画バージョンそのもの。
そうそうたるキャストのお姉~様方に睨まれながら
絵島ふんする仲間由紀恵が凛とした美しさを誇ってました。
これを観るまでは、仲間由紀恵って
「棒読みの女優」と言うイメージしかなかったけれど、撤回!!
怖~いのお姉~様方に負けず劣らず、どっしり存在感ありました。
真の強さが魅力の絵島に対して
男に頼らずには生きていけない弱い女「月光院」を
井川遥がなりきってました。

なぜか一番印象に残ったのが、絵島が着ていた金魚柄の打ち掛け。
白地に赤の金魚が泳ぐ、なんとも珍しいお着物でした。


『大奥』続いて観てしまったのが『王の男』
以前予告を見て気になっていたけれど、見逃していた作品。
それがまだ上映されていたので、勢いでこちらも鑑賞。

大奥が将軍家のドロドロ模様としたら
こちらは韓国版、王家のドロドロ物語り。

あるきっかけで王に気に入られた芸人達。
宮廷で王の求めるまま芸を披露するが、その中の一人の女役コンギル。
何も知らなければ本当の女性と思えるほど美しかった~
偶然か『大奥』に出ていたミッチー事、及川光博にそっくり
悪名高き暴君の王に気に入られてしまったコンギル。
実はこの暴君も勢力抗争に巻き込まれ、子供心を深く傷つけられたゆえの事。
体は大人でもまったくの子供。
この暴君に気に入られてしまったコンギルをめぐって
宮廷が荒れてしまう。

国が違っても、権力のある所に争い事は絶えないのね・・・
などと変な所で感心してしまった

それにしても、芸人役の二人。
スタントではなく自ら綱渡りの芸をしているように見えたけど
本当にやってるならすごい
役者魂を見ました


設定は随分ちがうけれど、どちらも切なさの中に
真の愛で心を通わせる喜びを伝える映画でした








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お外にデビュー! | トップ | 「中吉」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。