豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『博士の愛した数式』

2006-01-31 20:23:29 | 映画
行ってきました~!
久しぶりの映画、とってもうれしいです
今日の映画は『博士の愛した数式』寺尾聡と深津絵里。二人とも大好きなのですごく観たかったんです。

よかった~
心にじんわり沁みる言葉がいくつもあって・・・

おまけに数字、数式?のマジックと言うかそのおもしろさにも参りました
吉岡君のような先生がいたら、絶対数学好きになってたはずだよ~!

この原作が出た時、なぜだか本屋のおススメ№1と言うのに反抗して読む気になれなかったけど、これは絶対原作も読んでみたい!
だって、本当に素敵な言葉がたくさん出てくるから

とっても幸せな気分になりました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっぱり箱が好き♪ | トップ | 植物の力としあわせな未来☆ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ! (にこ)
2006-01-31 21:59:13
お久しぶりです~!

ああ、ミー様、今日も、かわいいですね♪

なごみます!

そして、なんだか、私にとっても、痛いけれど、うん、納得って、言葉、響きます。

そうだよね、思ってたって、言葉に出さなきゃ、伝わらない!苦手なことだけど、私も、努力しようって思いましたよ!

試験、お疲れ様でした!

私も、あと、2ヶ月足らず、死ぬ気(うそ)でがんばります!

「博士・・」早速、見たのですね~!

なんだか、とっても、よい映画って、伝わりましたよ!私も、観にいきたいです!!
にこさんへ (豆猫)
2006-02-01 11:26:04
この作品の良さが伝わってうれしいです

もし、息抜きしたいと思ったらぜひぜひ♪



あと2ヶ月、がんばってくださいね

にこさんにも、合格天使がついてますよ
見ました! (h-c)
2006-02-01 20:16:19
踊る大走査線2以来、映画これ見ました

よかったですよね~



「心に染みる言葉がたくさんあった」、あたしもそう思いました

なんか思うことがたくさんあっておなかいっぱいになったというか…。



学生時代に(今もまぁ学生ですが)これを見ていれば数学がもっともっと楽しくなって、違う見方で数学をとらえられてお得だったんだろうなぁと思いました。

↑なんか変な感想ですが



あ、遅れましたが試験お疲れ様でした
h-cさんへ (豆猫)
2006-02-02 22:20:12
本当にいい作品ですよね~

寺尾聡のせりふの言い方がいいのか、どの言葉もすごく温かく感じますね

早速、文庫本買ってしまいました。

もう一度、いろんなシーンを思い出しながら、博士ワールドに浸ってみます
赤!にも魅かれました (もじもじ猫)
2006-02-03 20:57:30
深っちゃんの自転車から始まって、セーターやお鍋や、ポイントに使われている赤にも、心魅かれましたよ~。

何故なら私は”赤い女”くふふ。

偶然にも赤いセーター着て観に行きましたの、うふ。
もじもじ猫さんへ (豆猫)
2006-02-03 22:31:06
そうだった、もじもじ猫さんは”赤い女”でしたね

あのお鍋可愛かったですね

ちょっとレトロな部屋だから、余計に映えてました

あんな昭和モダンのようなレトロな部屋もイイなって思いましたよ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
博士の愛した数式 (七五白書 (しらけないために))
 先ごろ上映されました「博士の愛した数式」が、話題になっているようですが、原作者は純文学畑の小川洋子さんで、2003年に出版され、第1回本屋大賞などを受賞したベストセラーです。  数字の中に、潔い数字や美しい数字というものがあるのを初めて教わりました「博
「博士の愛した数式」 (もじもじ猫日記)
ルートが大人になっていて、過去を語る形式というのが とてもぴったりしていた。 そのことにより、 本で読んだ時よりも 素数や友愛数が立ち上がって感じられた。 深津絵里は、 若くして母親になった家政婦の 仕事に対するプロ意識と、 ルートへの愛情と、 博士を人間として
博士の愛した数式 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
この作品は小川洋子作の「第一回本屋大賞」を受賞した話題の同名小説を映画化した作品です。 主人公の天才数学者「博士」は、交通事故による記憶障害のため、80分しか記憶がもちません。何を話していいかわからず混乱した時には、言葉の代わりに数字を持ち出します。博士
博士の愛した数式 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
先日、丸の内東映で「博士の愛した数式」を観てきました。 50万部のベストセラーに輝いた小川洋子原作の同名小説を 小泉堯史監督が映画化した作品。 80分しか記憶が続かない数学博士という難役に寺尾聰が熱演。 彼の世話をする家政婦の杏子に深津絵里と、 その10歳の息子齋