豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『ノルウェイの森』&『マザーウォーター』

2010-12-18 23:08:34 | 映画
世界的に有名な村上春樹原作『ノルウェイの森』観てきました。
実は村上春樹さんの本は一度も読んだ事が無く
『ノルウェイの森』の内容も予告の範囲でしか知らなかったので
ちょっと驚きでした!

なぜ彼の本を読んだ事がないのか。
あまりにも売れ過ぎて
発売前から内容もわからないのにベストセラーが決まっているのが
何となく納得できず
食わず嫌い的な感覚で全く手を出さなかったのです。
春樹ファンのみなさん、ごめんなさい

だから村上春樹の世界がどんな物なのか知らないけれど
さすがトラン・アン・ユン監督
きっと原作の世界を裏切らず描けたんだろうと思います。

この監督の作品『青にパパイヤの香り』と『シクロ』を観てますが
光と影の描き方が美しいのです。
でも正直言って内容的にはあまり入り込めず
それほど好きでは無かったです。

けれどこの『ノルウェイの森』ではその光と影
そして音の使い方
やはり日本人では出せないような繊細な感覚で良かったです。
ただし・・・
内容そのものはあまり共感出来る感じではなかったので
作品に入り込むよりは
少し距離を置く感じで観てました。

松山ケンイチがすごく良かったです~
二人の女性の間で揺れ動く青年を見事に演じきってました

それにしても原作を読んでいので
女性たちの奔放なセリフにとても驚きました





お次はあの『かもめ食堂』のシリーズ
『マザーウォーター』です。

今回はキョンキョンが加わるとあり期待度アップでした♪

京都を舞台にいつものゆるゆるとした感じで
女の子が好きそうなインテリアや雑貨
そして今回も何気ないけれど美味しそうな食べ物/hearts_pink/}
そう言う意味では期待通りです。

ただ特に大きな出来事も無く淡々と進んでいくので
寝てしまう人もいるでしょうね~


ウイスキーしか出さないバーをやっているセツコさん(小林聡美)
カフェをやっているタカコさん(小泉今日子)
お豆腐屋さんをやっているハツミさん(市川実日子)
マイペースな人生を送るマコトさん(もたいまさこ)

そして加瀬亮、光石研など常連のキャスト


このシリーズは一見普通の人達を描いているようだけど
徹底的に作り込まれている独特の世界。
だから見た目とは裏腹に別世界をいつも感じます。



今回もそうなんだけど
それはポプラ君と言う1歳ぐらいの赤ちゃんが出ていたから
みんなポプラ君に合わせて素の反応をしているようなのが
それぞれの人間味が出ていて微笑ましかったです。

だって、赤ちゃんには演技つけられないですものね


みんなそれぞれ過去を乗り越えて
淡々と自分の人生を生きてました。

個人的には「あすもあります」を信条として
飄々と生きてるような
銭湯の主人オトメさん(光石研)のキャラが気に入りました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安らかに・・・ | トップ | 極楽ベッド♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たいです (まさこ)
2010-12-20 12:37:59
村上春樹は結構好きでかなり読みましたが、好きな本とそうじゃない本がはっきりと分かれます。
残念ながら「ノルウェイの森」は後者かな。
だから豆猫ちゃんの意見わかりますよ。
映画は見てないけどね。
だから映画はいつか見てみたいわ~☆

「マザーウォーター」も絶対に見た~い!
「かもめ食堂」でさえいまだに見てないんだも~~ん!
まさこさんへ♪ (豆猫)
2010-12-20 16:59:31
まさこさんは春樹ファンだったのね~
好きな作家さんでも作品によっては好き嫌いは出るよね。
登場人物の誰かに感情移入出来るか出来ないかが
分かれ道かな~

どっちもいつかTVでやったら録画しておきます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。