豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『村の写真集』

2005-08-24 18:32:16 | 映画
久しぶりの映画です。
今月は珍しく、ほとんど観ていません。
月の初めに姪っ子を映画デビューさせるため『ロボッツ』を観ただけ。

今朝のショッキングな出来事を忘れるため、久しぶりに映画を観ようと思いつきました。
早速上映中の作品をチェック。
以前もじもじ猫さんの記事で読んだ『村の写真集』が上映中と知り、行ってきました!

ダムに沈む山村を写真集に残そうとする村の写真屋のオヤジ(藤竜也)とその息子(海東健)の親子の葛藤を描いたもの。
職人気質で自分のこだわりを押し通す父親。
胸の内を伝える事などせず自分の信念のみで動く父に振り回される息子。
そんな父親に反発してしまう。
この辺りの気持ち、ほんとに良く分かる。
客観的に見たら、職人気質で無口な父親はカッコイイ!
(なんたって藤竜也だからかっこよく見えるのは当たり前か・・・)
だけど子供達にして見たら、勝手な父親としか思えない。
実は我が父親も全く同じタイプ。何を考えているのかさっぱり分からない。
一昔前の父親世代とは、こういうタイプが多いのだろう。
近頃のように友達のような親子関係なんてありえない時代に育った父親達は、子供とのコミニュケーションが不器用なんだと思う。
分かっちゃいるが、もう少し子供と向き合って欲しいと思ってしまう。

この作品ではあるきっかけを元に、息子の方が父親の偉大さに気づき歩み寄っていく。ある意味、めでたしめでたし。

現実の生活ではなかなか素直になれない。
私が変わらなければ・・・と思いつつ、いまだきっかけを掴めずにいる。
この映画のように、手遅れになる前に打ち解けられる日が来る事を願うのだが

最期にロケ地となった徳島県。この春鳴門に行ってすっかり気に入ったがやっぱりいい所だとしみじみ思う。また訪れたい
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショックな出来事! | トップ | 二度目の万博 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みましたか (もじもじ猫)
2005-08-24 20:04:30
風景とか人の心とかの美しい映画ですよね。

どうも、男の人が泣いてるみたいですよ、この作品。

私は泣かなかったですけど。

家族は100あれば100の形があるものですよ。



もじもじ猫さんへ (豆猫)
2005-08-26 17:23:41
観ましたよ~!

この映画は男性が泣くんですか?

父として、息子として、色々ダブるんでしょうね

私はほんの少しウルッと来ました。

静かにジ~ンと来るいい映画ですよね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「村の写真集」 (もじもじ猫日記)
徳島の山村で写真館を営む職人気質でガンコな父、 東京でカメラマンの助手をしている息子。 折り合いの悪かった二人が、 ダムに沈む故郷の村の写真集を作るために二人で村を歩く。 藤竜也演じる父は、村人の写真を撮るにあたり、 正装をして山道をのぼる。 そして撮影後には
水中都市 (■東西南北・閑閑話■)
アスファルトの道は水中都市へ続く一本道、水着に着替えたし、河童の先導も手配済みさ、ボクは今から水中都市へ行ってくるよ! 安部公房の世界じゃあるまいし、そんなことは当然ウソだけれど(笑) 水に沈むものの正体は、水中都市じゃなくて、おそらく 『部落』 だな。 そ
写真は「撮らせていただく」もの◆『村の写真集』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月2日(金)  シネマスコーレにて 月に私よりもたくさんの映画を観ている友人から薦められた『村の写真集』を観に来た。友人はとにかくこの映画に絶賛で、「今年のナンバー1の日本映画になるかも」と話している。確かに地味で静かだが、いい映画だった。しかし正直に言.
村の写真集 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日1本目は「村の写真集」です。   livedoorブログがリニューアルされ、「気分or評価」という項目が追加されました。 せっかくなので、今回から映画鑑賞に限り、この★を使わせてもらおうと思います。   先週末、最後に劇場で観た作品は「運命じゃない人」