豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『クヌート』

2009-08-02 22:48:58 | 映画
人工保育されているホッキョクグマの話し『クヌート』
動物物には弱くて
つい観に行ってしまいまう♪



人工保育されているホッキョクグマと言えば
クヌート以前、既に日本で白熊のピースが育てられた。
NHKのドキュメンタリーで何度もその様子が放映された。
あのシリーズが好きだったので
いかにホッキョクグマの人工保育が大変だったのか
よく覚えている。


今回の『クヌート』はどちらかと言えば
その大変さにはあえて触れていない。
愛くるしい小熊と飼育員とのつながりが
とっても微笑ましかった~


タイトルになっているクヌート以外の小熊たちも登場している。
北極で生まれた3頭の小熊と母熊の子育ての様子。
そして、母熊を殺され小熊だけになってしまった2頭。
どちらも厳しい自然の中でたくましく育っていく様子が
所々挿入されていく。

特に感動したのは母熊を亡くした2頭。
本来なら母熊から学ぶべき
餌の取り方や泳ぎ方、危険について
自らの経験で習得していくしかない。
厳しさの中にも本能に目覚めてたくましく育っていく様子が
感動的であり微笑ましかった。
与えられた境遇で生きていくしかない
精神的に弱い現代人こそ
このたくましさを学ぶべきだと思った。



映像はどれも微笑ましく良かったけれど
気になったのがナレーション。

やたらと地球温暖化による絶滅の危機を訴えていた。
確かにそれは大きな問題となっているけれど
どうも映像とかみ合わず強引なナレーションに
違和感を感じてしまった。
よっぽど『北極のナヌー』の方がわかりやすい。



どうせなら、動物たちに学ぶ命のあり方や
人間と動物(自然)がいかに共生していくべきかを
投げかけた方が自然に伝わってくると思うのだけれど。



何だかんだ言っても和みました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月の一歩 | トップ | 凛と生きる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。