豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

デジャヴ

2007-03-22 16:12:21 | 映画
気になる俳優の一人デンゼル・ワシントンの新作『デジャヴ』
今回も『ボーン・コレクター』を思わせるようなサスペンス・アクション!


フェリーの爆発事件を捜査する捜査官の一人ダグ(デンゼル・ワシントン)
その捜査上で一人の女性(クレア)の遺体を見た瞬間、
彼女を知っているような感覚に襲われる。
これがタイトルの『デジャヴ』につながっていくんだけれど
実際のストーリーはもっと別な形で進行していく。


ネタバレになるので詳しくはかけないが、
ダグが過去(実際には事件が起きる4日間前)に戻って
クレアを救い、フェリーの爆破も防ぐ。
そんなお話です。
これまでにも過去に戻って今から起きる事件や出来事を変える
そんな設定のストーリーはいくつもある。
「ターミネーター2」はまさにそうだし
「エターナル・サンシャイン」なんかはかなり凝っていて
消した記憶をさかのぼっていくと言う、
ユニークで感動的な作品だった。

この『デジャヴ』ではどうやって過去にさかのぼるのか?
それがポイント!
さすがアメリカ作品ならではの今のハイテクを駆使した
すごい仕掛けがあった。
複数の衛星を使って常時、街ごと監視するシステムがあった。
しかもそれは建物の壁を透視し、中の状況までもが見えてしまう!!
カメラが複数なのであらゆる角度から監視出来てしまう。
このシステムで事件が起きた4日前にさかのぼり
真相を追求しようとしていくのだけれど・・・



自分の知らない所でこんな監視をされていたら・・・
考えるだけで恐ろしいシステムだけに
アメリカだったら(かなりの偏見のでごめんなさい)
目的のためにはここまでやりかねない!?
そう思わせてしまうほどすごい仕掛け。

そんなすごい仕掛けにもかかわらず、
ダグが事件を防ごうとするために出た手段が・・・



驚いてしまったよ
あの超ハイテクのシステムが実は・・・
すご~~~く古くからある設定には違う意味で驚かされました



そのあたりの事情にはめをつむって、
ダグはクレアを救えるのか?
ハラハラドキドキ、最期まで楽しめる作品です。
久しぶりにアメリカらしいサスペンス・アクションでした♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しあわせのブーケ♪ | トップ | 珍しい・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。