豆猫日記 すべてはうまく行っている♪♪

すべては うまく行っている♪
ころんでも 起き上がればいいじゃん♪
みんな うまく行ってるよ~♪
 

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれた事』

2009-04-06 20:09:52 | 映画
久しぶりの映画ネタです。
ネタばれがあるので
これから見ようと思っている人はパスして下さい

『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれた事』

予告でもマーリーの暴れっぷりが面白くて
動物好きなら観たい一本でした♪

あるカップルが結婚をし子犬(マーリー)を飼った事から始まる
ドタバタコメディ
そんな予想の通り前半はとっても笑わせてもらいました

観ていて気持ちいいほどの暴れっぷりは観る価値あり


で、犬の映画と思いきや・・・

人生を考える映画でもありました。


結婚、子供、仕事
夢と現実の狭間で揺れ動きながらも
家族のつながりの中で
そして、おばかなわんこ、そして愛すべきわんこと共に
家族が成長していく物語でした




いよいよここからネタばれの部分です。










ラストが・・・・


年老いたマーリーが病気になりいよいよ
最期の時を迎えそうと言う場面。

「安楽死」と言う選択がどうにも受け入れがたく
家族で最後を看取ってあげて欲しいと言う想いで
胸がつぶれそうでした。




けれど、時間を置いてから感じたのは
もしかしたらジョン(飼い主)には
マーリーの魂の声が聞えていたのかもと。

「もう、苦しくてたまらないから早く楽にして」と。



もし、これがミーだったら・・・

もし、これが身近な人だったら・・・

そう思うと、いったい自分はどんな選択をするんだろう?



堂々巡りのままです。





予想外の結末に戸惑いましたがいい映画でした
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家花見 | トップ | 寺尾の千本桜 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (oryo)
2009-04-07 11:34:41
安楽死とはちょっと違うかもしれませんが・・・
急変したくろは、病院で酸素吸入器につながれていて、
それでかろうじて呼吸し、命を繋いでいることは、
素人目にもよく分かりました。
もう少しすればそれも心もとなくなり、
酸素吸入器をさらに喉の奥の方まで差し込むことになると言われ、
その姿に耐えられなかった私は、機械の取り外しを申し出ました。
最後の迎え方って難しいですね・・・
私もこの映画を見てみたいけど、今はまだ無理かな
oryoさんへ (豆猫)
2009-04-07 20:04:26
くろちゃんの最期も大変だったんですね・・・
私もそんな状態だったら
機械の取り外しをお願いすると思います。
その時その時で状況が違うでしょうから
こう言う事は頭で考えても答えがでませんね

気持ちが落ち着いたら観て下さい♪
いい映画です

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。