豆豆先生の研究室

ぼくの気ままなnostalgic journeyです。

東京湾クルーズ

2017年05月20日 | 東京を歩く

 
 近所の商店街のくじ引きで、家内が東京湾クルーズ招待券を当てた。
 “TOKYO VINGT ET UN CRUISE”,
 期限が5月20日だったので、ぎりぎりの昨日出かけてきた。

 大江戸線大門駅で下車して10分、竹芝桟橋に至る。
 高校の修学旅行で伊豆大島に行った時の桟橋である。記憶はほとんどない。

         

 11時半集合、乗船。12時出航と同時にレストランに案内されて、ランチが始まる。
 オードブル、スープに続いて、メインディッシュは、仔牛のカツレツ。
 正式名称は“ファルスにした仔牛のパン粉焼き トマトソース”。

         

 パンは“軽井沢の老舗、ASANOYAのパン”とメニューに書いてあった。
 軽井沢から運んでくるのだろうか。それとも東京で作っているのか・・・。
 軽井沢旧道の浅野屋も、去年からレストランをやめてしまった。

         

 デザートは、いま流行り(?)の、マスカルポーネのヌガーグラッセ仕立てとアイスクリーム。

         

 往路は大井ふ頭の倉庫ばかりが続く風景だったが、羽田空港で折り返し、復路はお台場の突端からフジテレビまで、お台場と浜松町界隈のビル街の風景を眺める。

         

 レインボーブリッジをくぐり、午後2時ピッタリに竹芝桟橋に戻る。
 冒頭の写真が、レインボー・ブリッジ。

 くじ引きのご招待なので、期待していなかったが、料理は標準以上。
 景色はまずまずだが、天気は上天気、船が揺れることもなく、なかなかのクルーズだった。


 2017/5/20 記

『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きょうも“心は”軽井沢 (2017... | トップ | きょうの軽井沢 (2017年7月... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む