まめこのおばかハウス♪

ばかまっしぐら☆★☆
おばかな人の贅沢メニュー♪♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妊婦さんの味方

2006年08月17日 22時31分22秒 | おばかネタ☆
どんな状況であれ、妊婦・産婦・褥婦・妊娠したい女性の味方!
私はそのようなスタンスで生きています。


妊娠初期というのは胎盤が形成されていない、実に不安定な状況であり、また、ホルモンバランス等の変化による妊娠悪祖・貧血などが起こる時期です。
妊娠経過の良・不良が、この時期に決まると言っても過言ではありません。

しかし、この時期は体形が普段と変わらず、妊婦さんである事が気付かれにくいのです。
気付かれないから電車でも席を譲ってもらえない。

一番安静が必要な時期なのに。


以前からマタニティマーク(妊娠中であることを知らせるためのマーク)はありました。
しかし、たまひよ・赤すぐ等、マタニティ雑誌の付録としてついている程度なので一般的に普及をしていない。

故にマタニティマーク自体を知らない人が多く、かりにマークをつけていても気付かない人が殆どでした。

しかし!!!このほど地下鉄駅で嬉しいチラシポスターを発見!

マタニティーマークの普及を鉄道グループが行っているとな!


やっと企業団体に妊婦、主に初期妊娠への理解が深まってきたのでしょうか!

少々遅い気もするけど嬉しい!!


妊婦さんを取り囲む事情は、10年前とは雲泥の差程変化しています。
(病院事情や、不妊治療の発展、マタニティファッションに至る迄)

かわってないのは政府対応のみ。

エンゼルプランエンゼルプラン言うなら、鉄道外車や一般企業を見習って欲しいですね。
厚生労働省さん!

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

レーシックへの道。

2006年07月26日 01時35分38秒 | おばかネタ☆
私のめがね暦は短い。
中学時代、急に左眼だけ視力低下が始まり、一時は右が2.0左が0.1どいうドがちゃ眼になってしまった。

左だけレンズを入れたメガネを使用し、矯正しようという話もあったが、デリケートな少女時代に片側ケントデリカット状態を受け入れることが出来ず。
たいした治療もせずに過ごしていた。

そして時間は経ち、18歳ごろになり、黒板が見えにくいことに気付く。

その時の視力は右0.1・左0.6……
授業中だけメガネをすることを渋々同意した。

その後も視力は落ち続けたが、めがねをした時の頭痛と肩凝り、悪心が嫌で、四六時中めがねをするようになったのは実はここ4~5年の話。
めがね酔いは相変わらずで、矯正視力すら0.3とか言う状態。

コンタクトは痛くて痛くてお話にならないでした…

そんな状態で、だいすきなSOPHIAライブに行っても、ジルくんの表情がわあらないぃぃぃ!!
レミゼを見に行ってもアンサンブルの区別がつかないぃぃぃいい!!

そんな折に、ダーリンより、知り合いが視力矯正手術をしたという話を聞く。
そして、実際にそのお方に会う機会があり、オペの話をくわし~く伺う。(まるゆんさま、ありがとう御座います!)
自分でもオぺについての情報を集めまくる!!(凝り性のA型)

そして、OP後の弊害(デメリット)よりも、メリットが大きいと確信!

同じくめがね生活の姉と連れ立って、行ってきました!
レーシック適応検査!

結果は、コンタクトをしていなかったのが良かったらしく、傷もなくすこぶるよい状態であるとの事☆
ドクターからも懇切丁寧(医療従事者とばれた事もあるが…)にしていただく。

多分あそこの病院は、完全に患者をサービス利用者(お客様)というスタンスで扱っているんだなぁ……という気がしました。
まぁね。
全額自己負担なんだから、ぞんざいに扱われたらいい気分しないけど。

そんなこんなで、明日OPです!

果たして!憧れの裸眼になれるのか!?

ドキドキワクワクです☆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2006/07/22

2006年07月22日 04時07分06秒 | おばかネタ☆
今日、今年2月に起きた介護殺人の公判についてのコラムを読んだ。

事件の概要は、53歳の息子が80過ぎの母の介護の為、仕事をやめたが、生活保護が下りず生活苦になり、最終的に家賃も払えなくなり、同意の下で母を絞殺した。自分も自殺を試みたが死に切れなかった……という内容。


私の母は2年前に脳梗塞で倒れた。 障害が残り、介護の手が必要となっていたら、私は仕事を辞めて介護をしていたと思う。

そうしたら、今のような豊か(といっても食うに困らない程度だが)な生活が出来ていたか?
仮に仕事を続けていたにしても、仕事と介護の繰り返し…ストレスなく正常な神経でいられたか?


答えは否。


だから、このようなニュースを耳にすると、本当に居た堪れなくなる。


もし、生活保護を受けてられていたのなら、もし介護休暇のとり易い職場・環境だったなら、もし介護保険額、医療費の自己負担額が少なければ、もし受け入れができる老人福祉施設が多ければ……こんな悲しい事件は防げる。


毎日のように介護殺人の報道がされている。
政府が動かないせいで、ならなくても良い加害者を出し、被害者を出している。というか、本当は加害者は怠慢政府の被害者だと思う。


母も父も年を取った。いつ自分が介護をする側になるか分からない。

つまり、いつ自分が介護殺人の加害者になるか分からないって事だ。

外国にどうこうする前に日本の問題を何とかしてほしい。


そう思うのは、勝手な国民意識でしょうか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おばか政府

2006年07月19日 00時49分45秒 | 病院ネタ☆
医療費が足りない!!!
……と、国のお偉いさんは言っています。

だから、医療費の回収の為に老人医療費の負担額を引き揚げた。
だから、要介護認定、受給の基準を厳しくした。

結果。(というか考察)
年金(収入)が変わらない分、医療費が嵩むと生活自体が成り立たなくなる。→病院にいかなくなる。→定期的な診察・治療をうけなくなる。→疾患コントロールできず症状の悪化。要介護状態に。→治療費及び介護費にて、個人及び国医療費が更なる財政難。


………
目先の金回収しかみていないじゃないの。
長い目で見ていないのがよ~っくわかりますね。

本当腹立つ。


更に今の介護保険は『介護保険は要介護者の為の保険で、介護者の負担を軽くするものではない』という考え!!!

ばっかじゃねーの!!!???
↑これって、介護を楽にする為の介護用品(電動ベッドとかトランスファー器具)には金はだしませ~ん☆自分たちでなんとかしてね!
って事なんだよ???

ふざけんな~~!!!

介護者がクタクタになるまで無償介護させられっから、介護疲れ~揚句介護殺人まで起きてんだろ!

もはや社会現象です!

介護者負担を軽くするのは介護の基本!

なんで看護師・介護士に椎間板ヘルニアが多いか!よーく考えて法改正をしてほしいものですよ。

いろんなバカ企業の負債を税金で補填したり、天下り連中に金を出すまえに、やるべきことがあるだろ!!


今日はなんだかイライラしていたので今回はただのグチでした。

ふ~っ!

スッキリ☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めけ

2006年07月08日 19時24分14秒 | おばかネタ☆
浅草で撮影しました。

『浅草やかた・メケ』

浅草やかたって何すんだよ…

メケって…?

しかもこのオッサン、だれやねん。

突っ込みづらいし。


この歯痒い感じ。
なかなか味わえませんて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加