豆井豆太郎の一豆入魂

一粒の豆に魂を込めて

カナダ大豆作付け遅れる

2017年05月19日 | 大豆
カナダ大豆作付け遅れる
カナダより「今シーズンのスタートが例年どおりではないという事に疑いはないようです。既に5月中旬になりましたが、カナダ東部ではほとんど播種が進んでおりません。これは気温が低く雨の日が頻繁に発生している為ですが、農家にとっては好ましくありません。農家は重大なジレンマに直面しており、とうもろこしを予定どおり計画している農家は、スタートの遅れをとりもどすべく、秋に霜が降りる前までに、成長が完了していなければならず、十分な積算温度が必要です。あるいはとうもろこしを諦めて大豆の生産を選択なければなりません。2017年産は、すでに記録的な大豆の作付面積になっています。カナダ統計局はケベック州で15%増、オンタリオ州で11%増と予想しています。ここ数週間の悪天候はさらに大豆の作付面積を増加させると思われます。農家はとうもろこしから大豆へ作付をシフトする事に誘惑されますが、高単収が約束されているわけではありません。大豆も播種が遅れると影響があります。大豆は光に反応し6月21日の夏至までは、日が長ければそれだけ成長するので恩恵があります。それは究極的には単収への影響をもたらします。」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウモロコシの作付け遅れて... | トップ | カナダの作付けは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。