豆井豆太郎の一豆入魂

一粒の豆に魂を込めて

カナダ大豆生育状況

2017年06月02日 | 大豆
カナダは降雨過多でダメじゃないかって言う情報があり心配していたが、何とか天気も回復しまずまずのようだ。現地からの報告によると【5月は天候不順が続いたが、先週にようやく好天がやって来た。耕起は順調に進み、とうもろこしの作付はほとんど完了。粘土質の強い土壌は天候不順の影響を受けているが、概ね順調に進捗している。播種後の苗が順調にかつ均一に発芽、生育していくかどうかはまだ不明だが、播種の早かったフィールドでは今のところ順調に生育。カナダ全体としては、700万エーカーの大豆を作付する意向があり、これは2016年産比27.2%のアップ。マニトバの増加が記録的であり、昨年比34.6%アップで220万エーカーになる。オンタリオは昨年比11.4%アップで300万エーカー、ケベックは15.4%アップで92万6600エーカーと予想されている。大豆作付面積増加分の大半は GMO 大豆。】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シカゴ若干戻す | トップ | とうふの定義作り進む »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。