還暦直前に心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症弁形成術体験記)

還暦を目前にして滋賀医大の浅井徹先生の執刀で僧帽弁形成術を受けました。
私の体験が同病の方の参考になれば幸いです。

3度目の九州旅行

2017年05月15日 | 外出、旅行
連休明けに九州に行ってきました。過去2回九州を旅行していますが、宮崎が未踏だったので宮崎主でスケジュールを組みました。

1日目は博多までのぞみ、駅の近くでレンタカーを借り、大分道のSAでお昼ご飯を食べ、日田の小鹿田焼の里に向かいました。

何年か前、と言っても2012年以降なのですが、テレビで小鹿田焼の里が紹介され、そして川の水を利用した唐臼にも興味を惹かれ、次回九州に行くときは絶対外せないなあと・・・・その番組では柳宗悦の名前も出ました。

天気予報は曇りでしたが、現地では雨になりました。駐車場は3カ所。下と上と陶芸館にあります。陶芸館は残念ながら定休日でした。定休日ですが、トイレは使えました。

町並み


店内の様子


唐臼
水流を利用した唐臼です。1か月ほど陶土をつくそうです。この音が日本の音風景100選に選ばれています。先に知っていたらカメラの動画機能で録音するんだった・・・・

登り窯
共同利用だそうです。

別の店の店内
壷の横の写真はバーナード・リーチ

民芸運動を提唱した柳宗悦が1931年に小鹿田を訪れ、その後1954年と1964年にバーナード・リーチが小鹿田を訪れています。

買った茶碗と皿



茶碗も皿も外側の模様は飛び鉋、皿の内側の模様は打ち刷毛目です。
何より手に取って手触りや大きさが確認できるのが良いですよね。

宿は日田駅近くのホテルでした。道路は乾いていたので、雨は降っていなかったもかもしれません。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本とCD、レコードの断捨離 | トップ | 本の買い取りについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。