還暦直前に心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症弁形成術体験記)

還暦を目前にして滋賀医大の浅井徹先生の執刀で僧帽弁形成術を受けました。
私の体験が同病の方の参考になれば幸いです。

再エネ賦課金が上がりました

2017年05月19日 | 雑記帳(その他)
再エネ賦課金(再生可能エネルギー発電促進賦課金)が上がり、今月請求の電気代から上がった金額で請求されるようになりました。

今年度(2017年5月請求分~2018年4月請求分)は、1kWhあたり2.64円となります。これは全国統一金額ですが、私の契約している電力会社に支払う電気料金の11%を占めます。

なお、この再エネ賦課金は2012年度に導入され、毎年順調(?)に上がってきています。

2012(平成24)年度 0.22円/kWh
2013(平成25)年度 0.35円/kWh
2014(平成26)年度 0.75円/kWh
2015(平成27)年度 1.58円/kWh
2016(平成28)年度 2.25円/kWh
2017(平成29)年度 2.64円/kWh

今年度は、導入された2012年度から12倍に高騰しています。この再エネ賦課金は2030年頃まで毎年上がり、4円/kWh程度までいくのではないかと言われています。

電気代をどうやって下げるか・・・・照明のLED化は完了したし、他に電気製品を見回してみて、買い替えて電気代の下がりそうなのはエアコンと冷蔵庫です。

エアコンは比較的新しく買い替えはまだまだとして、冷蔵庫の現用品は2001年に買ったものなので最新型に比べると省エネが進んでないため、買い替えるとかなり電力消費量が減ると期待されます。

冷蔵庫はコンプレッサー起動時の音が随分大きくなったので、買い換え時期が近いのかもしれません。
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本の買い取りについて | トップ | 3度目の九州旅行-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。