ばくさんの日記

建設コンサルタントに勤務する技術者bakuのブログ

年度があけました

2016-04-07 12:52:52 | 普通の日記
年度があけてはや1週間。
ことしも新入社員が入ってきました。
(男子2人,女子1人の計3名です)
これからどう育っていくのか,楽しみです♪

さてさて,新入社員が入ってきたということで,私が昨年度コーチングを担当した新人さんは,もう新人さんではなく先輩になりました。
その旧新人さんについては,先日,1年間の総括ということで,面談を行いました。
言いたいことや,覚えなければいけないところは星の数ほどありますし,まぁいろいろありましたが,総じて良くやってくれたと思っています。
そして,それなりに成長もできていると思います。

この辺は,仕事も落ち着きましたし,折を見てつらつらと書いていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず今年も乗り切った!

2016-03-27 17:27:34 | 普通の日記
ひとまず,繁忙期が終了しましたv

今年度は辛かった・・・
何が辛かったって,とにかく重なる重なる。
今までは,なんだかんだ言っても繁忙期の中でもうまい具合に2,3日ずれたのですが,今年度は逆で,2,3日ずれた結果,打合せ資料作成,報告書作成など同じ日に重なるのが続きました。
下請けがメインなので,複数の元請さんとやり取りしていると,こうなる場合があるということが分かりました。
それと,9月に合った豪雨災害の復旧業務の影響が大きかった。
正直,通常業務を2ヶ月止めてしまいましたから。

でも,新人さんの働きもあり,なんとか終わった・・・
よかった良かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年という歳月

2016-03-13 13:31:01 | 普通の日記
この前の3月11日,震災から5年が経ったことになります。
早かったのか遅かったのか・・・
そういえば当時も金曜日でした。

私個人としては,復興関係の仕事はだいぶ少なくなり通常業務が大半なので,復興も徐々に進んでいるように感じていましたが,実際はそうでないところもまだまだあるようです。
特に,原発の被害のあったところ。
自分の実家は南相馬ですが,ここの地域はまだまだ時間がかかるのは常に原発が,原発の影響が唯一まだ残っていると感じています。

しかし,その一方で,当時記憶はまだ鮮明に残っているものの,日々の生活の中では震災の影響を感じることは少なくなってきました。
やるべきことはまだまだあると思いますが,5年という歳月はいろんな意味でひとつの節目なのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合格発表

2016-03-02 22:58:52 | 技術士
昨日、3月1日は技術士第二次試験の合格発表でした。
今年は、例年になく待ち遠しいとかドキドキするとかそういった感覚はあまりありませんでした。
仕事が忙しく、日々時間に追われていたので、そういう気持ちの余裕がなかったというのが実際ですが、それにしてもなんか繁忙期の中の1日として終わってしまった感じがします。
自分が当事者のときは、仕事なんか手に付かなかったのですが・・・

でも、そんな中、知り合いの方が何名か合格していました。
知り合いの方はみなさん複数取得しているのですが、受験する姿勢や結果を残すあたりは、さすが!です。

私の方はというと・・・
いちおう教える側ですし、本当はもうひとつ何かにチャレンジしたいと思っているのですが、いかんせん、総監が・・・
何連敗だ・・・数えるのもやんなってきた^^;
いい加減合格しなければいけないのだが、まずは目先の業務をやっつけないと!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人教育その19-1〜参考図書〜

2016-02-21 16:25:52 | 人材育成
昨年の今頃でしょうか。会社から新入社員のコーチをやるよう言われたのは。
コーチをやれと言われても、人材育成自体やったことないし、はじめての経験だし。

ということで、まずは勉強を兼ねて何冊か本を読んでみることにしました。
最初,情報は全くなかったので,とりあえず書店でいくつかあるコーチングや人材育成の本の中から,パラパラと見ながら,手始めはこれにしようかということで決めました。
ちなみに,買うに当たった決め手は「行動科学」というキーワードでした。
その本が↓です。


行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術
石田 淳
かんき出版


読んだ結論から行くと,この本は自分にとってためになる本でした。
自分の考え方にマッチしていたし,論理的にも納得のいくものでした。
大筋としては,部下の行動に着目して,その行動を繰り返すように促していくというものです。
人の性格や価値観などはさておき,人はどうすれば行動するのか?という視点に立っているので,誰がやってもどんな人でも育成できるというのが大きな特徴になっています。
総監ででてくるナレッジマネジメントに似ていると思います。

私自身,この本を読んで,なるほとど思うところが多々あり,実際の現場でも取り入れています。
ただ,本で書いてあることと,当事者を前にしてやるのとでは,思いどおりに行かず試行錯誤の繰り返しですが,方向性は間違っていないと思っています。
あとは,PDCAを回して経験値を上げていけば,それなりの結果を出るのではないかと期待を抱かせるような内容の本でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

閑話休題

2016-02-21 12:34:34 | 普通の日記
この前,朝,何気なくテレビを見ていたら,気の利いたプレゼントということで感動的なニュースをやっていた。

その内容は,このような感じ。

『ベビーシッターの暴力により幼い我が子を亡くした母親が,
「私はもう自分の子供を救うことはできないが,でも誰かの子供だったら救うことが出来るかもしれない。」
と,我が子の臓器を提供することを決意した。
そして,その臓器は,心臓の移植以外助かる道がなかった子の命を救った。
数年が経ち,心臓を提供した親とその心臓により命が助かった子の親との面会の場が設けられた。
そのとき,心臓を譲り受けた子供の親から,提供してくれた親へすばらしいプレゼントが贈られた。
そのプレゼントとは「心臓の音」だった。』

というものです。

これはちょっとたまらなかった。感動しました!


う,書いていて目頭が・・・


※「ルーカス君 心臓の音」とかで検索すればもっと詳しい内容が分かると思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人教育その18〜立ちはだかる壁〜

2016-02-07 21:41:02 | 人材育成
前回、その17で「Eさんを成長さるために自分が変わる」という今年の目標の話を書きました。
今年の目標を設定してからまだ1ヶ月も経っていませんが、予想通りといいますか、その難しさを痛感しています。
もともと今年の年末くらいにその兆候が見いだせればいいかなぁくらいに考えていましたが、これはなかなかしんどいと思います。よほどの覚悟を持っていかないと。
だいたい、今まで45年かけて出来上がった自分の考え方を変えようしているわけですからそりゃそうですよね。
正直つらいッス・・・

それと、もともと私には、相手の考えをダメだと決めつけたり、自分の考えを押し付けようとするところがあり、
さらに、その言い方も、感情的になると詰め寄るように言ってしまうという悪いところがあるので、自分が変わろうとする前にEさんが嫌気をさしてしまわないかがとても心配です。
変わるまで、あるいは変わろうとしていることが伝わるまで辛抱してくれるだろうかと。

ただ、部下を生かすも殺すも自分次第なのも事実です。
つまり部下育成に関してすべて自分がその全責任を負っているんです。
だから、しんどいし不安もありますが、これはやるしかないですね!

あと、蛇足ですが、今の試行錯誤の状況を打開していった中でEさんが無事成長してくれたらおそらく自分も成長できると感じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マジか〜

2016-02-04 12:32:56 | 普通の日記
清原逮捕のニュース・・・・ショックすぎる。マジか〜
野球をやっている人間からすればヒーローだったのに・・・

これからプロ野球を目指す子供たちのことを考えるとその影響の大きさは計り知れないと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!オリンピック出場

2016-01-31 17:35:23 | 普通の日記
サッカーU−23日本代表,オリンピック出場おめでとうございます!!

いやー,しかし,昨日は,スカッーっ!としました。
正直,韓国相手に2点のビハインドは厳しいと思っていましたが,それをあのような形で逆転するとは。
久しぶりにしびれる試合でした。

メディアでは,谷間の世代がどうのとか,軸となる選手がいないとか,世界で通用するかどうかはまた別問題とか,言いたい放題言ってますが,いやいやそんなことはないでしょう!
そもそも,逆境の中で結果を出したわけだし,そう言われている中で戦っている選手たちは反骨心の塊のはず。
だからあのような戦い方ができたのだと思います。
(もちろん監督もすばらしいと思います)

オリンピックが楽しみです。

<おまけ>
アメフトですが,応援していたペイトリオッツはカンファレンスチャンピオンシップで負けてしまいました(残念)。
ブロンコス(というかP.マニング)はあまり好きではないので,スーパーボウルではパンサーズを応援します^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この時期の楽しみ

2016-01-17 17:31:02 | 普通の日記
今日は単なる日記ということで。

毎日夜遅くまで仕事して家には寝に帰るだけ,そして土日もほぼフル出勤のこの時期,唯一の楽しみがあります。
それはアメリカンフットボールです。
夜中家に帰って,ひとり晩酌をしながらアメフトの録画したビデオを見るのが,楽しいんです。

特に,1月はいわゆるプレーオフが始まり,これが熱い。
先週は,ワイルドカードの対戦が終わり,今週からシード上位チームの登場です。
今からワクワクです。

個人的にはアメフトは究極のスポーツと思っています。
それは,球技があり,格闘系もあり,そして,戦略で展開が大きく左右される,というスポーツに関する全ての要素が凝縮されているからです。
そして,アメフトの特長のひとつして特筆すべきなのがディフェンス(守備)が得点をすることができるということです。
アメフトはオフェンス(攻撃)とディフェンス(守備)に分かれて行いますが,ディフェンスが得点できるのです。
野球なんかは守備では相手に得点を与えないようにしますが,アメフトは守備をしていて点数を取れるんです。
それに,アメフト選手の身体能力の高いこと高いこと。見てて惚れ惚れします。
ラグビーの選手も身体能力は高いと思いますが,個人的にはアメフトの選手が一番ではないかと思います。

ちなみに,アメフトの年間チャンピオンを決めるスーパーボールはアメリカでは視聴率が50%くらいだし,全世界でもかなりの国で放送され,一説によるとオリンピックやサッカーのW杯以上のスポーツイベントとも言われているようです。
日本では,ルールが複雑,一回一回プレーが止まるのでなんかつまらない,とか言われて,まだまだマイナースポーツの領域を出ていませんが,世界的に見ると,まったくそんなことはないんですね。

アメフトに興味を持ったのが大学の頃。
大学の頃とかはスーパーボウルを見るくらいの程度でしたが,地デジ対応のテレビにしてからは録画できるようになったので(地デジのテレビを買うまではビデオというもの我が家にはなかった^^;),ここ数年は良く見ています。

さーて,今年はどこがスーパーボウルを制覇するのでしょう。
※私はペイトリオッツを応援します(ブレイディが好きなもので^^)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加