ばくさんの日記

建設コンサルタントに勤務する技術者bakuのブログ

そういえば・・・

2016-12-01 23:32:52 | 技術士
そういえば,転職のバタバタにかこつけて書いてませんでした。
先々月に発表のあった技術士試験の結果を。
今頃書いているくらいですから,もちろん不合格です。
択一がお話にならないので,なんとも情けないというか,何をやっているのか・・・

7回目です・・・
なんだかね~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

突然ですが

2016-11-01 22:57:43 | 自分のこと
突然ですが,転職しました。
本日より,新天地に行くことになります。
4社目です。

転職した理由はいろいろあります。
(この辺は後ほどここで書きたいと思います。)

自分でもまさかこうなるとは思っていませんでした。
前の会社に行くときは骨を埋める気持ちでしたので。
でも,これからの会社は自分の中で一番行きたかった会社ですし,この歳(45歳です^^;)でチャレンジするのも「あり」かも,と思いました。

人生いろいろ,働き方もいろいろ。
今の地位を守るのも「あり」,人に気を遣いながら働くのも「あり」,贅沢をせず今の生活で満足するのも「あり」。
だから,技術的にもっと上を目指してチャレンジするのも「あり」ですよね。

自分の人生,最後は自分のことを考えて決めてもいいよね,と自分に言い聞かせて決断しました!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

草野球の結果

2016-10-05 08:10:50 | 普通の日記
先週の日曜日,草野球の最終戦でした。

今年は昨年の2部から3部に降格して,名誉会長から,「今年2部に昇格できなかったら廃部にするから!」と部の存続をかけた勝負の年でした。
ちなみに,この日に行われる2戦を残して,これまでの成績は5勝4敗でした。

2戦とも負けると5勝6敗で,これは逆に4部降格の危機。
1勝1負の場合は,6勝5敗で,相手の結果次第ですが,昇格濃厚。
2勝の場合は,昇格確定,と言う状況の中での試合でした。

第1試合目。
先発投手ばくさんという,大役を任せられた中で試合開始・・・・・のはずが,
な!なんと!相手チームの人数が足りず,不戦勝。
なんとも複雑な状況での1勝となりました。
まさに,草野球ならではの勝ち方。

で,つづく2試合目は,最終回に追いついてなんとか引き分け(5-5)に持ち込み,今シーズンが終了しました。
結果的には6勝4敗1分の成績でした。

あとから確認したところ,2部昇格が決まったようです。
まずは,廃部にならずに済みました。
これでまた来年も野球が出来そうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々です

2016-08-14 21:16:34 | 自分のこと
約2ヶ月ぶりの更新でしょうか。
10年近くブログを書いていますが,ここまで空いたのは初めてかと。
ここまで空いたのは,まぁ,それなりの理由はありますが,その辺は後ほどということで。

と,それはそれとして,今は,やはりオリンピックでしょう!
日々感動しまくりの涙腺緩みまくりです。
日本を代表するアスリートが,日本の威信にかけて勝負している姿を見て,毎日熱くなっています。

オリンピックの代表選手は,試合は数日かもしれませんが,そこに至るまで4年間,1400日以上,辛く厳しい練習を乗り越えてきているわけです。
私のような一庶民が考えられるようなレベルではない想像を絶する努力の結果掴んだ切符であり,そして本番でその自分を出し切っているわけです。
そのプロセスを考えると感動以外の何ものでもないですね!
特に,重量挙げの三宅選手のバーベルを上げきった時の表情・・・
その表情から,そこに至るまでの辛く苦しい日々の努力の上にその結果がある,ということがものすごく伝わってきました。
むちゃくちゃ感動しましたよ。
(そのことを書いている今でも目がウルウルしてます^^;)

オリンピック代表選手が乗り越えてきた日々の辛さに比べれば私の遭遇している辛さなんて鼻くそ同然ですな。もっと上を見て精進しないと!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草野球の結果

2016-06-13 20:23:08 | 自分のこと
先日,いつもの草野球がありました。
だいたいひと月に1回あるのですが,4月は雨のため延期,5月は私用により参加できず,私の実質の開幕戦でした。

結果です。

【1試合目】
相手チームの事情により不戦勝。
【2試合目】
○12-5(5回コールド)
勝利投手:ばくさん
打撃成績:2打数1安打1四球3打点
本塁打:ばくさん1号

な,な,なんと!今シーズンの1号が早速出ました。(生涯2本目のホームラン)
45歳だが,まだまだいけるかも?

ちなみにチームは2勝2敗の五分に戻しました。


今,チームは昨年2部から降格して今年は3部なのですが,昨年3部降格が決定したとき,
チーム創設者の大御所の方が「我がチーム始まって以来のふがいない成績。1年で2部に戻れないときは廃部じゃ!」
と申しておりました。
今年の草野球はある意味,背水の陣でごじゃりまする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年度があけました

2016-04-07 12:52:52 | 普通の日記
年度があけてはや1週間。
ことしも新入社員が入ってきました。
(男子2人,女子1人の計3名です)
これからどう育っていくのか,楽しみです♪

さてさて,新入社員が入ってきたということで,私が昨年度コーチングを担当した新人さんは,もう新人さんではなく先輩になりました。
その旧新人さんについては,先日,1年間の総括ということで,面談を行いました。
言いたいことや,覚えなければいけないところは星の数ほどありますし,まぁいろいろありましたが,総じて良くやってくれたと思っています。
そして,それなりに成長もできていると思います。

この辺は,仕事も落ち着きましたし,折を見てつらつらと書いていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず今年も乗り切った!

2016-03-27 17:27:34 | 普通の日記
ひとまず,繁忙期が終了しましたv

今年度は辛かった・・・
何が辛かったって,とにかく重なる重なる。
今までは,なんだかんだ言っても繁忙期の中でもうまい具合に2,3日ずれたのですが,今年度は逆で,2,3日ずれた結果,打合せ資料作成,報告書作成など同じ日に重なるのが続きました。
下請けがメインなので,複数の元請さんとやり取りしていると,こうなる場合があるということが分かりました。
それと,9月に合った豪雨災害の復旧業務の影響が大きかった。
正直,通常業務を2ヶ月止めてしまいましたから。

でも,新人さんの働きもあり,なんとか終わった・・・
よかった良かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年という歳月

2016-03-13 13:31:01 | 普通の日記
この前の3月11日,震災から5年が経ったことになります。
早かったのか遅かったのか・・・
そういえば当時も金曜日でした。

私個人としては,復興関係の仕事はだいぶ少なくなり通常業務が大半なので,復興も徐々に進んでいるように感じていましたが,実際はそうでないところもまだまだあるようです。
特に,原発の被害のあったところ。
自分の実家は南相馬ですが,ここの地域はまだまだ時間がかかるでしょう。

しかし,その一方で,当時記憶はまだ鮮明に残っているものの,日々の生活の中では震災の影響を感じることは少なくなってきました。
やるべきことはまだまだあると思いますが,5年という歳月はいろんな意味でひとつの節目なのかも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合格発表

2016-03-02 22:58:52 | 技術士
昨日、3月1日は技術士第二次試験の合格発表でした。
今年は、例年になく待ち遠しいとかドキドキするとかそういった感覚はあまりありませんでした。
仕事が忙しく、日々時間に追われていたので、そういう気持ちの余裕がなかったというのが実際ですが、それにしてもなんか繁忙期の中の1日として終わってしまった感じがします。
自分が当事者のときは、仕事なんか手に付かなかったのですが・・・

でも、そんな中、知り合いの方が何名か合格していました。
知り合いの方はみなさん複数取得しているのですが、受験する姿勢や結果を残すあたりは、さすが!です。

私の方はというと・・・
いちおう教える側ですし、本当はもうひとつ何かにチャレンジしたいと思っているのですが、いかんせん、総監が・・・
何連敗だ・・・数えるのもやんなってきた^^;
いい加減合格しなければいけないのだが、まずは目先の業務をやっつけないと!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人教育その19-1~参考図書~

2016-02-21 16:25:52 | 人材育成
昨年の今頃でしょうか。会社から新入社員のコーチをやるよう言われたのは。
コーチをやれと言われても、人材育成自体やったことないし、はじめての経験だし。

ということで、まずは勉強を兼ねて何冊か本を読んでみることにしました。
最初,情報は全くなかったので,とりあえず書店でいくつかあるコーチングや人材育成の本の中から,パラパラと見ながら,手始めはこれにしようかということで決めました。
ちなみに,買うに当たった決め手は「行動科学」というキーワードでした。
その本が↓です。


行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術
石田 淳
かんき出版


読んだ結論から行くと,この本は自分にとってためになる本でした。
自分の考え方にマッチしていたし,論理的にも納得のいくものでした。
大筋としては,部下の行動に着目して,その行動を繰り返すように促していくというものです。
人の性格や価値観などはさておき,人はどうすれば行動するのか?という視点に立っているので,誰がやってもどんな人でも育成できるというのが大きな特徴になっています。
総監ででてくるナレッジマネジメントに似ていると思います。

私自身,この本を読んで,なるほとど思うところが多々あり,実際の現場でも取り入れています。
ただ,本で書いてあることと,当事者を前にしてやるのとでは,思いどおりに行かず試行錯誤の繰り返しですが,方向性は間違っていないと思っています。
あとは,PDCAを回して経験値を上げていけば,それなりの結果を出るのではないかと期待を抱かせるような内容の本でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加