空あり ku-ari

こだわりや拒否感を手放して軽やかに
( ´ ▽ ` )ノ
(旧 自然体でいこう)

畑さんありがとう

2017-04-19 21:37:42 | 教育・育児
野外保育森のたまごでは、週1回お借りした畑を遊び場にさせてもらっている。

畑作業を強要したくない、でも畑作業に興味が持てるといいね、畑に愛着が持てるといいよねとスタッフとお母さんたちで話しあったのが昨年の夏か秋だっただろうか。

畑の前にシートを敷いて朝の会をすることにした。畑さんおはようー!と挨拶をすることにした。

畑さんおはようー!を続けてきて、畑で穴掘って遊んだり、大根や人参を抜いて親しんできた3月の最後の畑の日、帰りの会で、みんなで畑さんにありがとうって言おうか、と話した。

「はたけさーん!ありがとうー!」

僕は立って言う!という子もいた。

ふと思いついて「畑さんは何て言ってる?」と聞いてみた。みんな耳に手を当ててしばし聴く。

「もりぐみさん、さんねんかんありがとう!たのしかったよーっていってる」とにこにこUちゃん。

「もりぐみさんありがとう。だいすきだよー!っていってる」とにこにこSちゃん。

「いっしょにあそんでたのしかったー。またねーっていってる」とにこにこ年中Mちゃん。

「ぼくきこえない」と真顔のTくん。


聞こえない正直なTくんも含め、みんなそれぞれに素敵だった。

何か視えちゃったとか聞こえちゃったとかでなく、物語の中に入り込んで本当に全身で感じてるんだろうなーと思った。

最後に畑にありがとうってお水をあげようかって話したら、みんな率先して水やりをした。
自分の水筒のお茶をあげる子が多数(笑)
「ぼく・わたしのおともだち」みたいな気持ちだったのかな。



一人誰にも何も言わずに畑に手を合わせていた年長Sちゃん。
私と目が合うと、「さんねんかんありがとうっておまいりしたの」とニコッと照れたように笑った。

月曜のお散歩の通り道で、よく神社に手を合わせていたから思いついたのかな。神様に話しかけるように畑にありがとうを大切に言っていたSちゃん。正義感が強くて、喧嘩の仲裁に率先して入っていって余計喧嘩が大きくなるような(笑)そんなたくましかったSちゃんが、優しくてやわらかい表情で手を合わせていた。


畑さんありがとう。もりぐみさんありがとう。小学校がんばってるかい?

離れていてもつながってるし、応援してるよ!


来週は新しいメンバーで初めての畑。どんな一年になるのかな〜。


にほんブログ村 教育ブログ 教育者(幼児教育)へ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 整体と保育の共通点 | トップ | 楽しい子ども会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL