無名ピアニストの日常

ピアニストと牧師、二足のわらじ

自己満足の落とし穴

2017-07-29 20:00:31 | 日記
振り返りや、自己点検は大切。
威勢を張っていなければ今の立場を保てない場合、自己点検は苦痛になる。
昇って行ったとき、偉くなってしまって、陥るワナ。

それは、過去に積み上げて来たもの全てが良かったと思い込む。
そして、自己点検は次第になくなる。

ピアニストもそう。
パフォーマンスをする際、自信を持って臨めるのは大切なこと。

でも、根拠のない自信は等身大の自分の姿を見失う。

自分の今の実力、たち位置について、出来るだけ等身大の自分からかけ離れた場所に自分を置かないように心がけたい。

昨日の自分の演奏に❌をつける場所はどこか。良くなったところがあれば、それまで❌だったわけだ。

❌をつけることは辛いこと。
言い訳もしたくなることばかり。

でも、❌をつけることができてはじめて前へ進める。

それなしに前へは進めない。
前へ進み続けられるだろうか。
自分への挑戦は続けていきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西洋音楽は、整数次倍音 | トップ | プライド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。