たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

(1)草津白根山(渋峠から芳ヶ平)

2017年07月14日 | 登山
漸く草津白根の火山活動のレベルが下がり

白根山に踏み入る事が出来るようになりました

okeiさんの芳ヶ平の一言に刺激を受けた私、この時期はさぞかし涼しかろうと

お花の宝庫「芳ヶ平湿原」へ行って参りました

此処は白根山の火山活動により形成された湿地群で

2015年5月ラムサール条約に登録されました

入山口はチャツボミゴケ公園、草津温泉、白根山、渋峠の4コースが有りますが

私達が選んだのは標高差は厳しくも最短距離で行ける渋峠です




日本一高所に有る国道地点を過ぎその先の渋峠に車を置き

いよいよ登山、開始

が、ちょっと勝手が違い標高差339Mをひたすら下るのです


大小の石が散らばり、うっかり余所見をしようものなら

足を挫きかねない非常に歩きにくい道を慎重に下ります


(ミツバオーレン)


(タンポポ)

  



(イワカガミ)


(ショウジョウバカマ)

此処は花の宝庫と言われますが次々に現れる山野草に足が前に進みません




(ツマトリソウ)






(アカモノ)




(ゴゼンタチバナ)


(ツガザクラ)

イワカガミやツマトリソウが帯となって咲く中

別の花を見ればまた足を止め、涼風が吹けば体全体で受け止め・・・

もう時間なんて気にする必要はないですね


(カラマツソウ)


(オオカメノキ)


(コメツガの実?)


(シラネニンジン)・・・じゃないよね


(マイヅルソウ)

この花を見つけて「確か鳥に関係している名だったが、はて?」

なかなか思い出せません

「マイヅルソウ」と分ったのは、それから30分後でした

最近、頓にこんな事が増えている私です




傾斜が緩んで来たと思っているとヒョッコリダマシ平に着きました

此処は渋峠から芳ヶ平のちょうど中間点

コースタイムは30分と有りましたが花の多さに

何と1時間10分を要しておりました

「スキーヤーが此処を芳ヶ平と間違え危険なガラン沢方面に

下ってしまい、しばしば遭難が発生した事から付けられた名称」なのだとか


一面の笹原の中、少しの間、平坦な道が続きます


しかし、それに喜んではいられません

芳ヶ平目指して急下降の始まりです

今日の様な天気の日には快適な木の階段も一たび雨が降れば

足を滑らせるトレッカーも居るでしょうし

階段の下は80㎝位の溝になっていますので危険です

特に雪解けの頃は要注意個所でしょう

笹が途切れ木々が頭上を覆う様になると見るべき花も少なくなり

ただ黙々と下る事のみに集中

すると


白根山が! 芳ヶ平の一角が! 突然、目に飛び込んで来ました

白根山のちょうど裏側、幾筋もの噴煙が見てとれます


更に下ると湿原に一筋の木道も見えてきました

荒涼とした白根山とは対照的に何と伸びやかで緑豊かなのでしょう






湿地帯はもう目前

傍らに咲く(ヒオウギアヤメ)が気持ちの高ぶりを鎮めるかのように

私達を引き止め沢を渡る風に揺らいでいました


木道の掛け直し作業が進んでいる中、さぁいよいよです



登山・キャンプランキング
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛烈な雷雨 | トップ | (2)草津白根山(芳ヶ平は... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (イケリン)
2017-07-14 19:47:32
次が次へと珍しい花のオンパレードに目を奪われました。
これだけの花が咲いていれば、タカさんたちだけではなくて、誰しも道草をしたくなることでしょうよ。
ツマトリソウ・アカバナ・ゴゼンタチバナ・ツガザクラ等々、目にしたことのない花がたくさんあります。
さて。この先何が飛び出しますやら・・・。期待が高まります。

豊かな人生 (越後美人)
2017-07-14 20:10:47
まあ!可愛らしいお花たちですねえ♪
「花の宝庫」の呼び名がぴったりです。
時々足を止めてお花見ですね。
涼風に吹かれて、可愛いお花を愛でる。
贅沢!贅沢!

国内で最も高い国道ですか!
2,000メートルを超えていてすごいですね。
道中の眺めも良いのでしょうね。

私は東名高速道路で箱根越えをしたことがあり、向こうに見える山々を
目の高さで見ることが出来て、感動したことがあります。
このような景色を、たかさんは自分の足で登って見られているんですね。
なんと豊かな人生なのでしょう!
イケリンさんへ (たか)
2017-07-14 22:45:28
イケリンさん、こんばんわ

参道の両側は途切れる事なくズッと花の帯でした。
芳ヶ平の目的はまた別に有るのですが
たとえ目的が達成できなかったとしても
十分、満足できるほどの花の多さ、興奮しましたね。
これほど時間を掛けて道中を楽しんだのは久し振りです。

標高2000mを超えると涼しいですね。
帰るのが嫌になりました。
夏は標高が高い所に限ります (okei)
2017-07-14 22:54:41
暑くてたまらなくなった時には標高の高い所に行きたくなりますね。
芳ゲ平にはいつか行きたいと私も少し調べたりしていた所でした。
3年間も白根山駐車場が閉鎖されてレストハウスも雑草で荒れ果てていました。
人の手が入らないとこんなになってしまうのかと昨年横目で見ながら通りました。
我家の力量からチョット歩きますが平坦な道を行けるここからのコースがいいのかなと・・・
整備も進んだナナカマドの秋にと思っていたのですが
こんなに咲いている花々が見られる今の季節も捨てがたいです。
越後美人さんへ (たか)
2017-07-14 23:03:59
越後美人さん、こんばんわ

本当に贅沢な時間だったと私自身も思います。
白根山はここ数年、近寄る事さえ出来ない山でしたので
こうして再びこのエリアに足を踏み入れる事が出来た事が何より嬉しかったですね。
また何時、登山禁止の通達が出るか分からない山です。今は秋の紅葉時まで山が静かで居てくれる事を願うばかり。
2000mを越える此処からの眺めは素晴らしいですよ。
この日は薄ぼんやりでカメラには納められませんでしたが大きな北アルプスが眺められるのです。
越後美人さんも経験ありとの事、興奮しますよね。
okeiさんへ (たか)
2017-07-14 23:29:23
okeiさん、こんばんわ

白根エリアは別天地ですね。
涼風に吹かれて、ただ歩くだけでも満足できそうなのに、この花の多さです。
以前はコマクサが斜面を彩る本白根山に良く登りに来ておりました。
多分、今頃はそのコマクサも見頃を迎えている事でしょう。
実は芳ヶ平は初めてでした、随分前から頭には有ったのですが何故、歩かなかったのか不思議なくらいです。
okeiさんのお蔭で素晴らしい湿原に足を踏み入る事が出来ました。本当に有難うございました。

okeiさん、足の方は如何ですか? 早く良くなります様に。
お早うございます (延岡の山歩人K)
2017-07-15 07:29:59
お花さんたちにたくさん出会う山旅
なかなか 前に進まないですね
自分もまったくその通りです(^o^)
ツマトリソウとツガザクラ
実物お目にかかったことありません
九州では 生育しない高山植物でしょうね
ゴゼンタチバナ
爽やかで 美しい
これだけ群生していると 見応えありますね

延岡の山歩人Kさんへ (たか)
2017-07-15 11:41:04
Kさん、こんにちわ

何処に咲く花もみな美しく愛おしいものですが山野草は格別ですね。
「色の華やかさ」「小さくも力強い存在感」「心の癒し」「エネルギー切れの活力剤」・・・まだあるかしら。
ある時、花好きの友人と同行し花への興味を抱いて以来、山と花は切っても切れないものになりました。
どんなに呆れられても足が動く限り楽しみたいものですね。
ツマトリソウ・ツガザクラは此方ではポピュラーな花です。
一輪でも可愛い存在ですが白色が特に美しい花ですので群生していると、それはそれは目を見張るものが有ります。
今回はずっと帯になって咲いていました。
芳ヶ平 (takezii)
2017-07-15 23:10:39
白根山の裏側にあるんですね。たか様のレポート、写真で またまた 訪れたいところが増えてしまいました。
3年前の4月、所属していた職場の親睦旅行で 草津温泉1泊しましたが その際 まだまだ 雪の回廊状態の 「日本国道最高地点」で 途中下車、集合写真を撮ってきましたが 懐かしいです。
夏山、高山植物、今が 最高ですね。
写真を撮り撮り 遅れがちの爺さん、散歩でも 山歩でもいつも 何してるのよ と しかられていますが。
ゆっくりと・・・ (レベル1)
2017-07-16 06:08:39
おはようございます。
規制が緩和されましたか・・・ということはこの夏は草津の高いところに、逃げられるわけですね。
綺麗な湯釜も見ることができそうですね。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL